IA Summit 2010 Redux      in Tokyo       2010/5/17    長谷川敦士@コンセント     粕谷俊彦@三菱電機
IAAJ & IAIIAAJ (@IA_JP, iaaj.org)  •  IA Summit Redux、IA Cocktail Hour  •  協力者募集中IA Institute (iainstitute.org)  •   IAに関し...
thanks
概要• 4/7 8:チュートリアル• 4/9∼11:本会議 • Keynote 3 • Session 3 x 20• Hyatt Regency Phoenix @ Phoenix, AZ
概要#ias10に加えて、#ias10jで盛り上がりました参加人数は去年並?(去年は400名程度)参加費用:$725 (IAI Memberは$600)講演内容は、Slideshare、Podcastingで公開(#ias10)
総評(長谷川)• Design Thinking系の話が多かった (Keynote、通常セッション) → IA = UXDの表れ• 前提知識の高度化 → EIA、UTなどの具体的な応用• 去年の悲観的なムードは薄い• 日本から粕谷さん@三菱電機...
Design Thinking
Day 1: Keynote          Dan Roam• 「スケッチ」の力=視覚化• プレゼンしながらスケッチして た!(ツール知りたい)• 「問題を記述できること」は、 それを解けることに近い
(cont. )The Visual Thinking Spectrum Black Pen   Yellow Pen    Red Pen    25%          50%        50% Hand me       I can ...
Bodystorming   - Dennis Schleicher• ブレインストーミング+ アクティングアウト• 「やってみないとわからない」 →ほんとにそうでした
(cont.)      Bodystorming1. 2人一組をつくる2. テーマに対して1分間考える   例:2024年のリクルーティング現場3. アクティングアウトでコンセプトを表現4. 2組を組み合わせる5. 組み合わせたアイデアでアク...
See-Sort-Sketch     - Kate Rutte• リサーチ結果を視覚化• ツール:紙(シート)、マーカー、言 葉、線、図形、レイアウト• 実際にインタビューテープを聴いて、絵 で表現する実習
Core IA
Beyond Cardsorting        - Michael Howley• Sorting vs. Finding• Advanced Approach • Free listing • Focus Group Card Sorti...
(cont.)  Organization Ways          Organizational            StrategyContext   Taxonomy         User            Content
The Architecture of Piles        - Karl Fast• 机のオーガナイズ =「積み重ねた書類」の意味• 散らばっていることが悪ではない• 積むこと=インタラクション• 「ドキュメントの選別」が行われている
Search Patterns - Peter       Morville
Information Architecture Patterns - Donna Spencer• サイトストラクチャのパターン • 階層型、データベース(ファセッ  ト)、ハイパーテキスト(wiki)、直線• サブサイト(マイクロサイト)•...
my presentation
Advanced & General
Day 2: Keynote - RSW• 情報をオーガナイズしてきた歴史:IAは人が 物事をわかりやすくすること。必要なのは、 コミュニケーションの欲求、情熱• 19.20.21:21世紀には、19の都市で 20million(2千万)人以上...
RSW Birthday
Closing the gap         - Paul Adams•   ソーシャルネットワークをどう扱うか•   「人は複数のグループに所属している」•   「周囲の人の意見」が意志決定に用いられている•   プライバシーの問題→ソーシ...
Closing the gap         (cont.)出身                       :SF  地:                と ころ      LA          いる             住 んで  ...
Closing the gap         (cont.)出身                             :SF  地:                      と ころ      LA                いる ...
The Future of wayfinding -        Cennydd Bowles•   (リアルな)「道探索」の可能性•   これまでの「地図」と構成要素:文脈が重要•   デザイン戦略=「ナビゲーション」•   サイン:識別、道...
Rapid Turnaround UT - Kyle Soucy & Holly Phillips• UTを簡便に、繰り返し実施する方法 (週に3回テスト)• 一人の被験者に何度も評価→本当の意図が わかる• Observer Debriefin...
Q&A +discussion
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

IA Summit 2010 Redux in Tokyo

5,948 views
5,907 views

Published on

A presentation from IA Summit 2010 Redux Tokyo.

Published in: Design, Education, Business
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,948
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,087
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • IA Summit 2010 Redux in Tokyo

    1. 1. IA Summit 2010 Redux in Tokyo 2010/5/17 長谷川敦士@コンセント 粕谷俊彦@三菱電機
    2. 2. IAAJ & IAIIAAJ (@IA_JP, iaaj.org) • IA Summit Redux、IA Cocktail Hour • 協力者募集中IA Institute (iainstitute.org) • IAに関しての世界最大の学会 • IAサミットなどを開催
    3. 3. thanks
    4. 4. 概要• 4/7 8:チュートリアル• 4/9∼11:本会議 • Keynote 3 • Session 3 x 20• Hyatt Regency Phoenix @ Phoenix, AZ
    5. 5. 概要#ias10に加えて、#ias10jで盛り上がりました参加人数は去年並?(去年は400名程度)参加費用:$725 (IAI Memberは$600)講演内容は、Slideshare、Podcastingで公開(#ias10)
    6. 6. 総評(長谷川)• Design Thinking系の話が多かった (Keynote、通常セッション) → IA = UXDの表れ• 前提知識の高度化 → EIA、UTなどの具体的な応用• 去年の悲観的なムードは薄い• 日本から粕谷さん@三菱電機が参加! →来年こそはセッションやりましょう
    7. 7. Design Thinking
    8. 8. Day 1: Keynote Dan Roam• 「スケッチ」の力=視覚化• プレゼンしながらスケッチして た!(ツール知りたい)• 「問題を記述できること」は、 それを解けることに近い
    9. 9. (cont. )The Visual Thinking Spectrum Black Pen Yellow Pen Red Pen 25% 50% 50% Hand me I can t I m not the Pen! draw but... visual.
    10. 10. Bodystorming - Dennis Schleicher• ブレインストーミング+ アクティングアウト• 「やってみないとわからない」 →ほんとにそうでした
    11. 11. (cont.) Bodystorming1. 2人一組をつくる2. テーマに対して1分間考える 例:2024年のリクルーティング現場3. アクティングアウトでコンセプトを表現4. 2組を組み合わせる5. 組み合わせたアイデアでアクティングアウト
    12. 12. See-Sort-Sketch - Kate Rutte• リサーチ結果を視覚化• ツール:紙(シート)、マーカー、言 葉、線、図形、レイアウト• 実際にインタビューテープを聴いて、絵 で表現する実習
    13. 13. Core IA
    14. 14. Beyond Cardsorting - Michael Howley• Sorting vs. Finding• Advanced Approach • Free listing • Focus Group Card Sorting • Proposed Hierarchy Testing (Tree Jack) • Findability Testing (`First Click` Testing) • Research For Facets • Naming Exercise • Delphi Card Sorting
    15. 15. (cont.) Organization Ways Organizational StrategyContext Taxonomy User Content
    16. 16. The Architecture of Piles - Karl Fast• 机のオーガナイズ =「積み重ねた書類」の意味• 散らばっていることが悪ではない• 積むこと=インタラクション• 「ドキュメントの選別」が行われている
    17. 17. Search Patterns - Peter Morville
    18. 18. Information Architecture Patterns - Donna Spencer• サイトストラクチャのパターン • 階層型、データベース(ファセッ ト)、ハイパーテキスト(wiki)、直線• サブサイト(マイクロサイト)• フォーカスドエントリーポイント
    19. 19. my presentation
    20. 20. Advanced & General
    21. 21. Day 2: Keynote - RSW• 情報をオーガナイズしてきた歴史:IAは人が 物事をわかりやすくすること。必要なのは、 コミュニケーションの欲求、情熱• 19.20.21:21世紀には、19の都市で 20million(2千万)人以上になる: デザイン コミュニティは問題解決に重要な役割を持っ ている
    22. 22. RSW Birthday
    23. 23. Closing the gap - Paul Adams• ソーシャルネットワークをどう扱うか• 「人は複数のグループに所属している」• 「周囲の人の意見」が意志決定に用いられている• プライバシーの問題→ソーシャルネットワーク設計でどう扱うか
    24. 24. Closing the gap (cont.)出身 :SF 地: と ころ LA いる 住 んで クラ 家族 ブ
    25. 25. Closing the gap (cont.)出身 :SF 地: と ころ LA いる 住 んで クラ 家族 ブ strong ties
    26. 26. The Future of wayfinding - Cennydd Bowles• (リアルな)「道探索」の可能性• これまでの「地図」と構成要素:文脈が重要• デザイン戦略=「ナビゲーション」• サイン:識別、道筋、オリエンテーション、規定、方言• テクノロジー、AIの持つ可能性:デバイス、AR、User- generated、認知負荷、デザインボキャブラリー
    27. 27. Rapid Turnaround UT - Kyle Soucy & Holly Phillips• UTを簡便に、繰り返し実施する方法 (週に3回テスト)• 一人の被験者に何度も評価→本当の意図が わかる• Observer Debriefing(観察者から報告を 受ける)の実施→レポートは作らない
    28. 28. Q&A +discussion

    ×