• Save
IA Summit 2010 Redux in Tokyo
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

IA Summit 2010 Redux in Tokyo

on

  • 6,669 views

A presentation from IA Summit 2010 Redux Tokyo.

A presentation from IA Summit 2010 Redux Tokyo.

Statistics

Views

Total Views
6,669
Views on SlideShare
3,659
Embed Views
3,010

Actions

Likes
5
Downloads
0
Comments
0

7 Embeds 3,010

http://www.concentinc.jp 2871
http://www.slideshare.net 91
url_unknown 20
http://www-test.concentinc.jp 17
http://jp.hanrss.com 6
http://cnt03.s1.p.concentinc.jp 3
http://cnttest 2
More...

Accessibility

Upload Details

Uploaded via as Apple Keynote

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n

IA Summit 2010 Redux in Tokyo IA Summit 2010 Redux in Tokyo Presentation Transcript

  • IA Summit 2010 Redux in Tokyo 2010/5/17 長谷川敦士@コンセント 粕谷俊彦@三菱電機
  • IAAJ & IAIIAAJ (@IA_JP, iaaj.org) • IA Summit Redux、IA Cocktail Hour • 協力者募集中IA Institute (iainstitute.org) • IAに関しての世界最大の学会 • IAサミットなどを開催
  • thanks
  • 概要• 4/7 8:チュートリアル• 4/9∼11:本会議 • Keynote 3 • Session 3 x 20• Hyatt Regency Phoenix @ Phoenix, AZ
  • 概要#ias10に加えて、#ias10jで盛り上がりました参加人数は去年並?(去年は400名程度)参加費用:$725 (IAI Memberは$600)講演内容は、Slideshare、Podcastingで公開(#ias10)
  • 総評(長谷川)• Design Thinking系の話が多かった (Keynote、通常セッション) → IA = UXDの表れ• 前提知識の高度化 → EIA、UTなどの具体的な応用• 去年の悲観的なムードは薄い• 日本から粕谷さん@三菱電機が参加! →来年こそはセッションやりましょう
  • Design Thinking
  • Day 1: Keynote Dan Roam• 「スケッチ」の力=視覚化• プレゼンしながらスケッチして た!(ツール知りたい)• 「問題を記述できること」は、 それを解けることに近い
  • (cont. )The Visual Thinking Spectrum Black Pen Yellow Pen Red Pen 25% 50% 50% Hand me I can t I m not the Pen! draw but... visual.
  • Bodystorming - Dennis Schleicher• ブレインストーミング+ アクティングアウト• 「やってみないとわからない」 →ほんとにそうでした
  • (cont.) Bodystorming1. 2人一組をつくる2. テーマに対して1分間考える 例:2024年のリクルーティング現場3. アクティングアウトでコンセプトを表現4. 2組を組み合わせる5. 組み合わせたアイデアでアクティングアウト
  • See-Sort-Sketch - Kate Rutte• リサーチ結果を視覚化• ツール:紙(シート)、マーカー、言 葉、線、図形、レイアウト• 実際にインタビューテープを聴いて、絵 で表現する実習
  • Core IA
  • Beyond Cardsorting - Michael Howley• Sorting vs. Finding• Advanced Approach • Free listing • Focus Group Card Sorting • Proposed Hierarchy Testing (Tree Jack) • Findability Testing (`First Click` Testing) • Research For Facets • Naming Exercise • Delphi Card Sorting
  • (cont.) Organization Ways Organizational StrategyContext Taxonomy User Content
  • The Architecture of Piles - Karl Fast• 机のオーガナイズ =「積み重ねた書類」の意味• 散らばっていることが悪ではない• 積むこと=インタラクション• 「ドキュメントの選別」が行われている
  • Search Patterns - Peter Morville
  • Information Architecture Patterns - Donna Spencer• サイトストラクチャのパターン • 階層型、データベース(ファセッ ト)、ハイパーテキスト(wiki)、直線• サブサイト(マイクロサイト)• フォーカスドエントリーポイント
  • my presentation
  • Advanced & General
  • Day 2: Keynote - RSW• 情報をオーガナイズしてきた歴史:IAは人が 物事をわかりやすくすること。必要なのは、 コミュニケーションの欲求、情熱• 19.20.21:21世紀には、19の都市で 20million(2千万)人以上になる: デザイン コミュニティは問題解決に重要な役割を持っ ている
  • RSW Birthday
  • Closing the gap - Paul Adams• ソーシャルネットワークをどう扱うか• 「人は複数のグループに所属している」• 「周囲の人の意見」が意志決定に用いられている• プライバシーの問題→ソーシャルネットワーク設計でどう扱うか
  • Closing the gap (cont.)出身 :SF 地: と ころ LA いる 住 んで クラ 家族 ブ
  • Closing the gap (cont.)出身 :SF 地: と ころ LA いる 住 んで クラ 家族 ブ strong ties
  • The Future of wayfinding - Cennydd Bowles• (リアルな)「道探索」の可能性• これまでの「地図」と構成要素:文脈が重要• デザイン戦略=「ナビゲーション」• サイン:識別、道筋、オリエンテーション、規定、方言• テクノロジー、AIの持つ可能性:デバイス、AR、User- generated、認知負荷、デザインボキャブラリー
  • Rapid Turnaround UT - Kyle Soucy & Holly Phillips• UTを簡便に、繰り返し実施する方法 (週に3回テスト)• 一人の被験者に何度も評価→本当の意図が わかる• Observer Debriefing(観察者から報告を 受ける)の実施→レポートは作らない
  • Q&A +discussion