Your SlideShare is downloading. ×

130612 f 画像学会 full.6p

468

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
468
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 2013/06/12  1  米国製造立国への動き  政府主導のイノベーションからものづくり立国へIMAnet, Inc.CEO  八木 博死の谷(Chasm)を超えるIMAnet,  Inc.  2013   2  画像学会  本日のご案内  •  米国エネルギー政策 EISA 2007•  再投資法案 ARRA 2009•  DOE中心としたInnovation推進施策•  CHASM(死の谷)を超えるための施策•  Californiaの規制強化=> Innovation•  シリコンバレーのGame Changeメカニズム•  米国はInnovationからMFGへと転換中画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   3   4  •  2001 Silicon Valleyに設立•  2003 東大シリコンバレーオフィスパートナー•  2005 クリーンテック分野調査開始 Report : Sustainable Chemistry for Japanese Chemical Association•  2008 NIST(米国標準化研究所)とコンタクト•  2008から、DOE SSL Workshop皆勤出席•  2009から、OLED Summit出席•  2009 NIST(LED評価)に企業から派遣  IMAnet,  Inc. IMAnet,  Inc.  2013  画像学会  IMAnet, Inc.•  2011 横浜国大大学院集中講義“私のキャリアと米国のクリーンテックイノベーション” •  2011 JABI SalonSteve Jobs追悼講演“Steve Jobsが変えた世界 ものづくりの観点から”•  2012からOLED材料コンソーシアムの調査遂行 画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   5  シリコンバレーでやっていること •  米国、欧州クリーンテック市場調査  •  米国、欧州クリーンテック技術調査 •  米国クリーンテク標準化調査  •  米国クリーンテック政策動向調査  •  米国クリーンテック規制調査  •  米国スタートアップ企業の日本導入支援 •  日系企業、シリコンバレー立ち上げ支援 •  日本人コミュニティーの形成強化支援 画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   6  
  • 2. 2013/06/12  2  日本企業に時間がない •  駐在員モデル   赴任から成果が出るまでに時間がかかる 画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   7  現地エキスパートの活用 •  瞬時に  開発の仕事が  スタート   画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   8  Silicon  Valley  San  Francisco国際空港  San  Francisco  San  Jose  Stanford  Univ.  San  Jose  国際空港  Oakland国際空港  画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   9  EISA 2007がエネルギー政策の根幹Energy Independent Security Act 2007「エネルギー海外依存からの脱却」法案ブッシュ政権時代に成立•  化石燃料輸入の漸減•  省エネの推進•  ARPA-E(エネルギー先進技術局)の設置具体的な予算化は、オバマ政権から画像学会 IMAnet,  Inc.  2013   10  米国エネルギー源 輸入/国産=70/30画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   11  米国エネルギー用途  家庭向け、商業用、工業用、輸送用  画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   12  
  • 3. 2013/06/12  3  エネルギー有効利用は42%画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   13  Carbon Emission削減も視野画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   14  ARRA 2009•  米国再生のための再投資法(補正予算)The American Recovery andReinvestment Act of 2009•  オバマ政権発足と同時に成立•  エネルギー分野、ヘルスケア、教育など新技術の創成と広がりに対し政策投資画像学会 IMAnet,  Inc.  2013   15  ARRA はDOEに巨額配分 •  米国年間総予算 $3兆ドル •  DOE(エネルギー省)予算 2009 $2500億ドル•  ARRA  $7870億ドル•  DOEへのARRAからの予算配分 $4000億ドル •  NSF(米国科学財団、エネルギー分野) $3億ドル•  ARPA-E $3億ドル•  中小企業振興プログラムSBIR (Small Business Innovation Research)STTR (Small Business Technology Transfer) 画像学会 16IMAnet,  Inc.  2013   16  米国政府がInnovationを先導•  目的 (納税者への還元)•  戦略 (Game Changeを狙う)•  戦術 (リスクのあるところは、政府が引受)•  協業 (業界団体の形成)•  標準化を押さえる•  環境、健康、安全がキーワード•  はじめから世界市場狙い•  主担当がDOE(Steven Chu長官)画像学会 IMAnet,  Inc.  2013   17  2013年OBAMA一般教書•  米国製造立国宣言第一期任期中にInnovation投資を積極的に  実施•  Boston Consulting予測2015年には米国と中国の製造コストは同じ【参考】一般教書のビデオ(50minくらい)http://www.whitehouse.gov/state-of-the-union-2013画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   18  
  • 4. 2013/06/12  4  米国Innovationの成果•  中国と米国の製造コストは2015年に同等•  Appleなど製造業が米国回帰•  Bioに投資した$1が$140になって回収できた•  未就学児童のプレスクール参加率30%を100%に上げる•  各学校は3D Printerを児童に使わせる•  父子が参加するものづくりイベントを支援する2013/5/13   IMAnet,  Inc.  2013   19  米国内製造を強化  •  Obama政権の第二期は米国内製造の強化に動き出している•  基礎研究で、画期的なInnovationを開発し、米国独自技術を国内生産に持ってゆく•  Shale Gasは戦略的輸出製品と捉える•  その結果、新規で有望な技術は米国内で展開されることになる•  米国での技術開発動向は更に重要となる画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   20  漸進と革新 ?漸進(Evolution)  既存のMarket市場は飽和多数の強豪参入容易ローリターン世界は(少し)改善革新(Revolution)新しいMarket勝者の一人勝ち特定の競合高い参入障壁ハイリスク、ハイリターン世界が変わる画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   21  Revolution; 0à1画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   22  Airplane   Rocket  Telephone   Internet  Revolution; 手段が変わる画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   23  VTR  &  Tape   DVD  &  Disc  Telephone   Mobile  Phone   Smart  Phone  生き残るのは  強いもの X   適応したもの  ◯  画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   24  
  • 5. 2013/06/12  5  0à1•  日本での光ディスクの仕事は、    今まで無かった市場を創る事業  •  それが実に楽しかった (^.^y)  •  シリコンバレーには、そんな事をしている人達が一杯  そうか、私は  「シリコンバレーで働くぞ」  画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   25  AppleのThink Different•  1997年Steve JobsがAppleに復帰 その年の年末、San Jose Mercury Newsには“Apple大赤字”の記事しかし最後のページには“Think Different”•  1998年Appleの広告(Steve Jobs ナレーション)http://www.youtube.com/watch?v=8rwsuXHA7RA画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   26  日本の過去のイノベーション  画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   27  イノベーションは技術だけか?  昔「技術が良ければ、市場があった」トランジスタラジオ、TV、VTR、自動車今「市場を作る競争、に変化した」技術だけでなく、システム、インフラの利用、マーケティングなどの組み合わせが重要となる画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   28  Innovationの構成要素•  P. Drucker in 1984によれば、イノベーションは富を生み出す•  イノベーションは技術に根ざしているが、広く大衆に受け入れることが必須•  新技術は必ずしも必須ではない現在では、技術の組み合わせで構成される•  従来と全く違う物を生み出すIMAnet,  Inc.  2013   29  画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   30  Innova9on  Infrastructure   System  Technology  Brealthrough  Market  Acceptance  Innovationの構造画像学会  
  • 6. 2013/06/12  6  Marketの認知•  タッチパネルPC2004年にMicrosoftが発売•  iPad2010年にAppleが発売    iPadはinnovationIMAnet,  Inc.  2013   31  画像学会  インフラの進化  •  Internet接続モデムの時代  eMail, Netiquette•  ブロードバンドの時代eMail, Music, Picture, MovieInnovationiTunes, Amazon, NetflixIMAnet,  Inc.  2013   32  画像学会  オープンInnovationIMAnet,  Inc.  2013   33  画像学会  NASA のInnovationIMAnet,  Inc.  2013   34  画像学会  死の谷の存在(Chasm)IMAnet,  Inc.  2013   35  画像学会  イノベーションのジレンマ  IMAnet,  Inc.  2013   36  画像学会  
  • 7. 2013/06/12  7  破壊的技術の特色  •  はじめは市場なし  •   既存市場には未熟な完成度  •  既存企業には小さすぎるマーケット  •  既存顧客は振り向かない  •  しかし、技術は着実に進歩し、新しい市場を作り、あるところで既存顧客の要求性能も満たすようになる  •  気がついた時、既存企業は市場を奪われる        IMAnet,  Inc.  2013   37  画像学会  破壊的InnovationIMAnet,  Inc.  2013   38  画像学会  ARPA-E•  ARPA-Eはエネルギー分野のDARPAを目指して、ブッシュ政権時代2007に設立•  実際に予算がついたのは、2009年、オバマ政権から•  個別の研究テーマに予算をつける•  DOEが所管画像学会   39  IMAnet,  Inc.  2013  NSF•  次期 Apollo計画を支援•  Game Changing 技術を支援•  基礎研究支援•  エネルギー関連の研究予算 3億ドル•  研究インフラへの投資も手がけるASUのDisplay Research Centerなど•  DOEが所管画像学会   40  IMAnet,  Inc.  2013  DARPA•  DARPAは1958年にSputnikショックで設立Internet ← ARPAnet GPS•  軍事目的が中心基礎研究、応用開発、試作品開発試作品を購入してくれるところが、強力なスタートアップ支援(Chasmを越える)•  性能第一、価格は言い値に近い画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   41  解決策を求める  •  課題は政府機関から提示ex. 1000マイル無人運転できる車の開発GaN化合物を利用した画期的なパワーデバイス開発画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   42  
  • 8. 2013/06/12  8  政府支援技術開発  IMAnet,  Inc.  2013   43  画像学会  人財の交流•  NSFには大学教授が任期2-3年で赴任予算配分、長期プロジェクトの展望も作成•  ARPA-Eも任期制2009年からは、シリコンバレーのベンチャーキャピタル経験者を採用画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   44  常にマーケットを意識する  IMAnet,  Inc.  2013   45  画像学会  TOP DOWNの技術開発•  政府主導基礎研究•  ハリウッド主導画像応用技術•  シリコンバレー主導Defact Standard、市場独占画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   46  TOP DOWNの戦略商品展開•  LED照明の場合(太陽電池も似た動き)まずは、政府所管のビルディングから採用次に、自治体が街路灯、駐車場向けに採用大企業、大学、病院などが採用政府からの奨励金(ARRA)もこの動きを支援画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   47  企業の市場価値    (Aug.  8  2012)  IMAnet,  Inc.  2013   48  Company   Started   Sales  $Bil  Mkt  CapitalizaOon  $Bil  Apple   1976   65   581  Google   1998   29   211  Oracle   1977   26   152  Intel   1964   43   133  Cisco   1984   40   91  HP   1939   125   38  画像学会  
  • 9. 2013/06/12  9  Chasmを超える政府支援IMAnet,  Inc.  2013   49  画像学会  世界を変えた男 Steve  Jobs  1955-­‐2011   IMAnet,  Inc.  2013   50  画像学会  デザインサプライチェーン  •  デザインが最上流  •  製造、原料供給は世界中から  •  アジア諸国は、デザインから参入  •  アジア諸国はマーケットとして成長中  •  システム、インフラとの結合が必須  •  日本ガラパゴスは、デザインを無視した結果  •  シリコンバレーがデザインとして重要な拠点  IMAnet,  Inc.  2013   51  画像学会  デザインはUS(EU, Japan)DesignHQEU US Asia Japan製造原料供給EU US Asia JapanMarket EU US Asia JapanIMAnet,  Inc.  2013   52  画像学会  製造はアジア(Japan 含む)DesignHQEU US Asia Japan製造原料供給EU US Asia JapanMarket EU US Asia JapanIMAnet,  Inc.  2013   53  画像学会  Marketは全世界DesignHQEU US Asia Japan製造原料供給EU US Asia JapanMarket EU US Asia JapanIMAnet,  Inc.  2013   54  画像学会  
  • 10. 2013/06/12  10  アジアの製造はデザインと同期  デザイン インDesignHQEU US Asia Japan製造原料供給EU US Asia JapanMarket EU US Asia JapanIMAnet,  Inc.  2013   55  画像学会  ガラパゴス現象  デザイン イン 輸出商品 ガラパゴスDesignHQEU US Asia Japan Japan製造原料供給EU US Asia Japan JapanMarket EU US Asia Japan JapanガラパゴスIMAnet,  Inc.  2013   56  画像学会  米国製造立国の背景  •  Shale Gasにより、原料コスト低減しかもエネルギー輸出も視野•  米国製造業、市場保護(中国Suntech破産)中国品には政策的にも対応•  3D-Printer等、デジタル技術の活用米国の一人勝ちの世界に引きこむ•  Innovation推進のための教育改革も実施画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   57  米国の製造業保護  •  国内市場の拡大、確保•  中国、韓国対応(経済原理、ダンピング課税、Energy Star)•  米国優位技術の活用– Software– Open Source– 高付加価値技術の温存画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   58  Maker Movement•  米国が製造に注力再開•  Innovationによる優位な商品の発掘•  米国拠点での製造開始•  アジア製造委託を米国に戻す。(Caterpillar、Apple etc)•  児童の教育改革もMaker Movementを取り入れる画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   59  3D PrinterはReal•  3D Printerを使った、デザイン教育の開始•  Opens Source、Free CAD S/を使いこなすCommunityの存在•  GEが次期Jet EngineのNozzleを3DPrinterで製造開始•  エチオピアの病院の旧型発電機のタービン部品を3D Printerで製造画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   60  
  • 11. 2013/06/12  11  産業革命か  "[The maker movement is] as significantas the shift from agriculture tothe early industrial era."Jeremy Rifkin, Wharton economist.Bloomberg Business Week, 2/16/122013/5/13   IMAnet,  Inc.  2013   61  デザインCommunityの存在•  Chris Anderson(元Wired編集長)•  著書“Makers”“Long Tail”“Free”•  DIY DronesがOpen Community•  現在3D Robotics CEO•  Droneのおもちゃ製造会社;売上げ5億円/年•  DIY Dronesから19歳の少年を社長にした画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   62  2013/5/13   IMAnet,  Inc.  2013   63  Picture  by  Hay  Kranen  /  PD.    X   Y  Product   Volume  Product   Preferences  Product   Cost  Product   Availability  Y  X  Long Tail of Maker2013/5/13   IMAnet,  Inc.  2013   64  Picture  by  Hay  Kranen  /  PD.    Y  X  Open CommunityX   Y  People   Skill  資金調達の(少額)容易化  画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   65  •  提案者が大衆に資金調達をYouTubeなどで  アピール  立ち上げ時から2012年5月までに47,000のプロジェクト合計で$175Mが集まる。  •  代表的な成功事例  Pebble腕時計、  TikTok+LunaTik  Mul9-­‐Touch  Watch  Kits、  クラゲの水槽(Jellyfish  Tank)    人を育てること  事業をするために必要なもの    シリコンバレーの回答    人、人、人、人、人、人  2013/5/13   IMAnet,  Inc.  2013   66  
  • 12. 2013/06/12  12  政府主導で渡り製造立国へIMAnet,  Inc.  2013   67  画像学会  まとめ  •  米国には開発から試作以降への「死の谷」を越えるための仕組みがいくつかある。  •  政府関連ではSBIRやNSF、DARPAなど•  最近では、少額での資金調達はクラウドファンディングが台頭•  VCは健在だが、Controlが強く少し陰り•  「多産多死」で「生き残りが世界一」のシナリオ•  現在は多産のためのデザインも重要視している画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   68  画像学会   IMAnet,  Inc.  2013   69  ご清聴ありがとうございましたhy@imanetinc.com

×