0
AWSで行うImmutable
Infrastructure
JAWS-UG沖縄 米須
自己紹介
• Twitter: @asumaslv
• Facebook: asumaslv
• 熱しやすく冷めやすい飽きっぽい性格
• 好きなAWSサービス CloudFront
• JAWS-UG沖縄 代表
2014-05-24
お願い
• ハッシュタグを付けてtweetしてください
• #osc14ok #jawsug
• マサカリ を投げていただけるなら歓迎です
2014-05-24
2014-05-24
最近流行の単語
• Vagrant/Docker
• Chef/Puppet
• Serf
• Fluentd/Nokogiri
2014-05-24
今週のJAWS-UGでのTweet
• 今日のイベントで極めて普通なんですけど…といった
場合の構成は「R53・CF・ELB・EC2・RDS・
ElastiCache・DynamoDB・SQS・(Fluentd・
NewRelic・Elasti...
単語の説明(AWS)
• R53(Route53)
• CF(CloudFront)
• ELB(Elastic Load
Balancing)
• EC2(Elastic Compute
Cloud)
2014-05-24
• RDS(Rel...
2014-05-24
時代の流れが速すぎてついていけてない
今日話すこと
• 最近話題のDisposable component や
Immutable infrastructureの話をしてみる
• Dockerの話を少しできたらいいなぁ
• Dockerのdemoも行いたい
2014-05-24
Immutable infrastructure とは
• 「不変なインフラ」という意味 *weblioより
• 不変なインフラ???意味もわかりにくいし言い
にくいし、噛む
• いみゅーたぶる いんふらすとらくちゃー
2014-05-24
disposable component とは
• disposable(処分できる,自由になる)
• 使い捨てが可能なサーバ群
• サーバを使い捨てに出来るならメンテ=作り直す
• 本番に手を入れないから適用ミスが少ない(はず)
2014-0...
Blue Green Deployment
• マーチン・ファウラーさんが
2010年3月にポスト
• BlueGreenDeployment
• 本番環境へのデプロイが1番危険
• ダウンタイムは最小にしたい
• 切り戻し手順とかまで当然考慮...
Blue Green Deployment
• 2つの本番系を用意
• Blue(現在稼働)
• Green(新バージョン)
• 本番環境へはロードバラ
ンサで切り替える
2014-05-24
AWSでBlueGreenDeployment
• ダウンタイムが短い
• 切り戻しが楽
• ディザスタリカバリ(DR)的にも良いかも
• AZ(Available Zone)、Regionを分ける事も可
能
2014-05-24
歴史∼
2014-05-24
自前 iDC
物理 物理サーバ ホスティング
仮想 VMWare/Xen VPS
クラウド Private(OpenStack) Public(AWS,Linode,Digital Ocean)
クラウド脳
• 今までの考え方ではなく根本的に考え方を変
える
• 落ちないサーバ群ではなく落ちてもサービス
を提供するシステム
• StatelessとStatefulに分けて考える
2014-05-24
Statelessサーバ群
• 状態を持たないサーバ
• 捨ててもいい/無くなってもいい状態で運用
• WebサーバやApplicationサーバ
• LogはStatelessなサーバに置けない
2014-05-24
Statefulサーバ群
• 状態を持つサーバ
• 今までと同じ運用が必要
• DBサーバ、ファイルサーバ等のサーバ
2014-05-24
What's Docker
• Docker は 旧dotCloud がオープンソースで公
開している、コンテナ技術による仮想化ソフ
トウェア。
• RedHat、Google、Amazonがサポート
• 非常に勢いがあり開発速度が超速い
20...
コンテナ型仮想化基盤?
2014-05-24
ハイパーバイザー型仮想化基盤
2014-05-24
ハードウェア
仮想化ソフト
ゲストOS ゲストOS
Application Application
仮想マシン 仮想マシン
コンテナ型仮想化基盤
2014-05-24
ハードウェア
ホストOS
bin/lib bin/lib
Application Application
Container型のMerit
• 起動が速い
• OSの起動ではなくプロセスの起動になる
• 必要サービスだけを動かす(例: HTTP)
• 仮想マシンの上でも動作する
• ポータビリティが高い
2014-05-24
Container型のDemerit
• カーネルに関わる操作はできない
• すげーわかりにくい
• Linux上でSolarisとかは無理
2014-05-24
コンテナの考え方
2014-05-24
Demo
2014-05-24
Demoの内容
1.Ubuntu上にCentOSのImageで起動
2.viを入れてみる
3.Imageを作成してみる
4.Docker.ioのRepositoryへpush
2014-05-24
2014-05-24
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

jus研究会沖縄大会「AWSで行うImmutable Infrastructure」

2,453

Published on

オープンソースカンファレンス2014沖縄で話した jus研究会沖縄大会「AWSで行うImmutable Infrastructure」

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,453
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "jus研究会沖縄大会「AWSで行うImmutable Infrastructure」"

  1. 1. AWSで行うImmutable Infrastructure JAWS-UG沖縄 米須
  2. 2. 自己紹介 • Twitter: @asumaslv • Facebook: asumaslv • 熱しやすく冷めやすい飽きっぽい性格 • 好きなAWSサービス CloudFront • JAWS-UG沖縄 代表 2014-05-24
  3. 3. お願い • ハッシュタグを付けてtweetしてください • #osc14ok #jawsug • マサカリ を投げていただけるなら歓迎です 2014-05-24
  4. 4. 2014-05-24
  5. 5. 最近流行の単語 • Vagrant/Docker • Chef/Puppet • Serf • Fluentd/Nokogiri 2014-05-24
  6. 6. 今週のJAWS-UGでのTweet • 今日のイベントで極めて普通なんですけど…といった 場合の構成は「R53・CF・ELB・EC2・RDS・ ElastiCache・DynamoDB・SQS・(Fluentd・ NewRelic・ElasticSearch・kibana)」といった感じ。 2014-05-24
  7. 7. 単語の説明(AWS) • R53(Route53) • CF(CloudFront) • ELB(Elastic Load Balancing) • EC2(Elastic Compute Cloud) 2014-05-24 • RDS(Relational Database Service) • ElastiCache • DynamoDB • SQS(Simple Queue Service)
  8. 8. 2014-05-24 時代の流れが速すぎてついていけてない
  9. 9. 今日話すこと • 最近話題のDisposable component や Immutable infrastructureの話をしてみる • Dockerの話を少しできたらいいなぁ • Dockerのdemoも行いたい 2014-05-24
  10. 10. Immutable infrastructure とは • 「不変なインフラ」という意味 *weblioより • 不変なインフラ???意味もわかりにくいし言い にくいし、噛む • いみゅーたぶる いんふらすとらくちゃー 2014-05-24
  11. 11. disposable component とは • disposable(処分できる,自由になる) • 使い捨てが可能なサーバ群 • サーバを使い捨てに出来るならメンテ=作り直す • 本番に手を入れないから適用ミスが少ない(はず) 2014-05-24
  12. 12. Blue Green Deployment • マーチン・ファウラーさんが 2010年3月にポスト • BlueGreenDeployment • 本番環境へのデプロイが1番危険 • ダウンタイムは最小にしたい • 切り戻し手順とかまで当然考慮 してやる 2014-05-24
  13. 13. Blue Green Deployment • 2つの本番系を用意 • Blue(現在稼働) • Green(新バージョン) • 本番環境へはロードバラ ンサで切り替える 2014-05-24
  14. 14. AWSでBlueGreenDeployment • ダウンタイムが短い • 切り戻しが楽 • ディザスタリカバリ(DR)的にも良いかも • AZ(Available Zone)、Regionを分ける事も可 能 2014-05-24
  15. 15. 歴史∼ 2014-05-24 自前 iDC 物理 物理サーバ ホスティング 仮想 VMWare/Xen VPS クラウド Private(OpenStack) Public(AWS,Linode,Digital Ocean)
  16. 16. クラウド脳 • 今までの考え方ではなく根本的に考え方を変 える • 落ちないサーバ群ではなく落ちてもサービス を提供するシステム • StatelessとStatefulに分けて考える 2014-05-24
  17. 17. Statelessサーバ群 • 状態を持たないサーバ • 捨ててもいい/無くなってもいい状態で運用 • WebサーバやApplicationサーバ • LogはStatelessなサーバに置けない 2014-05-24
  18. 18. Statefulサーバ群 • 状態を持つサーバ • 今までと同じ運用が必要 • DBサーバ、ファイルサーバ等のサーバ 2014-05-24
  19. 19. What's Docker • Docker は 旧dotCloud がオープンソースで公 開している、コンテナ技術による仮想化ソフ トウェア。 • RedHat、Google、Amazonがサポート • 非常に勢いがあり開発速度が超速い 2014-05-24
  20. 20. コンテナ型仮想化基盤? 2014-05-24
  21. 21. ハイパーバイザー型仮想化基盤 2014-05-24 ハードウェア 仮想化ソフト ゲストOS ゲストOS Application Application 仮想マシン 仮想マシン
  22. 22. コンテナ型仮想化基盤 2014-05-24 ハードウェア ホストOS bin/lib bin/lib Application Application
  23. 23. Container型のMerit • 起動が速い • OSの起動ではなくプロセスの起動になる • 必要サービスだけを動かす(例: HTTP) • 仮想マシンの上でも動作する • ポータビリティが高い 2014-05-24
  24. 24. Container型のDemerit • カーネルに関わる操作はできない • すげーわかりにくい • Linux上でSolarisとかは無理 2014-05-24
  25. 25. コンテナの考え方 2014-05-24
  26. 26. Demo 2014-05-24
  27. 27. Demoの内容 1.Ubuntu上にCentOSのImageで起動 2.viを入れてみる 3.Imageを作成してみる 4.Docker.ioのRepositoryへpush 2014-05-24
  28. 28. 2014-05-24
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×