AWSを利用したcms冗長化構成

5,625
-1

Published on

社内勉強会で使った資料

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
5,625
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
23
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

AWSを利用したcms冗長化構成

  1. 1. クラウド(AWS)を利用したCMS冗長構成について<br />米須 渉<br />
  2. 2. Agenda<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  3. 3. AWSの基本説明<br />Amazon.comが提供するIasS<br />Amazon Web Servicesの略<br />柔軟性のあるインフラの利用が可能<br />コストメリットが高い<br />従量制課金<br />信頼性が高い<br />コストメリットが強調されているがスケールアウト/スケールアップや縮退も簡単にできる<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  4. 4. AWSを使っている有名サービス<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />数千インスタンスを利用しているサービス<br />Hadoopを利用<br />
  5. 5. まとめ、結論<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  6. 6. 公開懺悔日記の説明<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  7. 7. システム周りの歴史<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  8. 8. 現在のWeb関連構成<br />サーバ6台<br />Webサーバ 3台<br />DBサーバ 2台<br />DNSサーバ2台<br />ロードバランサ<br />CDN利用<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  9. 9. 利用しているAWSサービス<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  10. 10. Amazon EC2<br />選べるOSやソフトウェアが多い(URL)<br />CPUやMemoryも程度選べる(URL)<br />SLAもある<br />稼働率99.95%以上<br />いままで設定ミスによる停止はあるが障害に気がついたことはない<br />AMIの保存が可能<br />これが離れられない機能<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />整えた環境を保存できる<br />
  11. 11. Amazon EC2デモ<br />保持しているAMI<br />memcachedServer<br />WordPress {Master|Slave}Server<br />WordPressのSlaveを起動<br />LB配下に配置<br />負荷分散されていることを確認<br />Webブラウザ/iPhoneアプリ/APIセットからも可能<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  12. 12. Amazon RDS<br />MySQL 5.1と一緒<br />メリット<br />DBサーバから開放される<br />バックアップも勝手にやってくれる<br />冗長化もすぐにできる(Multi-AZ機能)<br />複数のAvailable Zone間でデータベースの更新を自動に行う<br />デメリット<br />高い<br />一番小さいインスタンスでも私には大きすぎ<br />1.7 GB メモリ/1ECU, 64ビットプラットフォーム<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  13. 13. Amazon S3<br />データロストは無いストレージサービス<br />信頼性が高い<br />99.999999999% (イレブンナイン)の堅牢性<br />1万個の保存オブジェクトに対して1つがオブジェクト障害で失われるに約1000万年に1度<br />可用性は普通<br />99.99%<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  14. 14. Amazon CloudFront<br />格安CDN(Contents Delivery Network)<br />近いエッジロケーションより配信<br />エッジロケーション<br />米国(9拠点)/EU(4拠点)<br />アジア(3拠点)<br />東京・香港・シンガポール<br />画像ファイルの配信<br />画像ファイルは別URL http://cdn.barasu.org/<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  15. 15. コンテンツ閲覧時の流れ<br />ロードバランサーにて裏のWebサーバへ<br />memcached上にデータがあればget<br />無ければDBへ問い合わせ後memcachedへのset<br />画像ファイルは近いCDNエッジより配信<br />日本のエッジサーバより配信<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  16. 16. コンテンツ閲覧時<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  17. 17. memcached<br />memcachedとは<br />データをメモリ内にキャッシュすることでデータベースから読み出しを行う回数を減少させ、データベースを用いた Web サイトを高速化する<br />memcachedを利用しているサービス<br />mixi / facebook / はてな<br />公開懺悔日記でのmemcached効果<br />アクセス数が少ないためRDS負荷変化/高速化の効果も体感しない<br />Hit率は90%弱<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  18. 18. memcachedの効果<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />NoSQLも利用してます!!!!<br />という自己満足<br />
  19. 19. 月々の料金(12月使用料内訳)<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  20. 20. 月々の使用料金(遷移)<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />LB利用/冗長化開始<br />memcached運用開始<br />シンガポールRegion利用開始<br />EC2利用開始<br />RDS利用開始<br />出せる金額の壁≒$100<br />S3&CloudFront利用時<br />
  21. 21. ランニングコスト増の原因<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  22. 22. 他のIsaSではなくAWSなの?<br />他のIsaS<br />ServersMan@VPS/さくらのVPS<br />AWSのメリット<br />Firewallの設定がWeb画面から行える<br />サービスが豊富/AMI保存が可能<br />AWSのデメリット<br />かかるコストが高い<br />さくらのVPSはネットワーク使用料は無料<br />ネットワーク的に遠い<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  23. 23. 使ってみたいAWS<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />
  24. 24. 終了<br />ご静聴ありがとうございました。<br />感想/質問はうけつけます。<br />2011/1/30<br />SYON Communications, Co.<br />

×