100116 わんくま勉強会東京42

822 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
822
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

100116 わんくま勉強会東京42

  1. 1. XX度目の正直!? 動くかな?Robotics Studioでマインドストーム<br />asa<br />
  2. 2. ご存じですか?<br />レゴマインドストーム<br />こんなやつ<br />
  3. 3. ご存じですか?<br />Robotics Studio<br />ろぼてぃくす すたじお<br />こんなやつ<br />
  4. 4. Robotics Studioって?<br />マイクロソフトが提供しているロボットアプリケーションの開発ツール<br />正式名称?<br /> Microsoft Robotics Developer Studio 2008<br /><ul><li>Standard Edition (企業向け)
  5. 5. Academic Edition (学生および教育機関向け)
  6. 6. Express Edition(一般ユーザー向け)</li></ul>最新版:RDS 2008 R2 Express Edition(2009年6月リリース)<br />
  7. 7. Xboxのコントローラで<br />動かしたりもできるんです<br />例)上矢印キー(↑)を押すと前進したり<br />
  8. 8. もしかしたら・・・<br />こんなこともできるかも!?<br />(ちなみにこれが、最終目標。。。)<br />
  9. 9. おもしろそ~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:<br />
  10. 10. そこで、いろいろ思考錯誤してきました・・・<br />【2008年】<br />8月: TechEd2008LT<br />  Microsoft Robotics Studioを用いてライントレースロボットにチャレンジ<br />12月: TechFieldersセミナーLT<br />  使ってみよう!RDS 2008 Express Edition<br />12月:わんくま東京#27LT<br />  使ってみたくなる!(かも。。。)RDS 2008 Express Edition- インストールからの1ヶ月間<br />
  11. 11. そこで、いろいろ思考錯誤してきました・・・<br />【2009年】<br />6月:こみゅぷらすローンチ<br />  RDS 2008 R2 Express Editioで遊んでみよう!!<br />8月: TechEd2009LT<br /> 6時間と36X日でここまでできた!Microsoft Robotics Studioを用いてライントレースロボットにリベンジ<br />9月:わんくま東京#37<br />触ってみよう! Robotics Studio-レゴマインドストームRCXを動かしてみる<br />
  12. 12. そんな中、2009年某日の懇親会で・・・<br />○ナウさん:<br />「そういえばさ、動いたことあるの?」<br />
  13. 13. 私:「 ( ̄○ ̄;) 」<br />
  14. 14. 思考錯誤した結果・・・【2008年】<br />8月: TechEd2008LT<br />  <br />12月: TechFieldersセミナーLT<br />12月:わんくま東京#27LT<br /> <br />↓<br />環境を整えたら締切当日。。。<br />↓<br />シミュレーション環境までで発表当日・・・<br />3秒前にデモやります宣言。。。<br />↓<br />なんとか、シミュレーション環境のデモ実施。<br />全スライド発表前に時間切れ。。。<br />
  15. 15. 6月:こみゅぷらすローンチ<br />  <br />8月: TechEd2009LT<br />9月:わんくま東京#37<br />↓<br />シミュレーション環境のデモでレゴが遠くかなたへ走ってゆき、4つ用意していったデモが一つめで時間切れ。。。<br />↓<br />実機でう~ご~い~た~(>_<)///<br />ただし、前進のみ・・・<br />↓<br />実機を持ち込むも前置き長くて<br />デモ途中で時間切れ。。。<br />思考錯誤した結果・・・【2009年】<br />
  16. 16. 今日は・・・<br />と、とりあえず<br />DEMOやります(>_<)<br />
  17. 17. 本日のお題<br />DEMO<br />レゴマインドストームを<br />RoboticsStudioと<br />Xbox360のコントローラを使って<br />動かしてみます。<br />
  18. 18. 改めまして、RoboticsStudioについて説明します。。。<br />
  19. 19. Robotics Studioにおいて提供されるもの<br />並列分散処理させる実行環境<br />処理の流れの記述をビジュアルに行えるプログラミング言語および実行環境(VPL)<br />ロボットの動きをシミュレーションできる環境(VSE)<br />VPL<br />VSE<br />
  20. 20. Robotic Studioに対応しているロボット<br />・LEGO/MINDSTORMS NXT<br />・LEGO/MINDSTORMS RCX<br />・近藤科学/KHR-1<br />・iRobot/Roomba Discovery<br />LEGO-><br />->二足歩行ロボット<br />↑お掃除ロボット<br />
  21. 21. ロボットアプリケーションの流れ(簡易版)<br />1.プログラムを作成(VPLを使用)<br />   (※場合によってはVisualStudioが必要となりますが今回は未使用)<br />2.シミュレーション環境で検証<br />3.実機で実行<br />RCX版のシミュレーション用の環境は準備されていないので。。。<br />(※NXT版はあります。)<br />
  22. 22. VPLの使い方(簡易版)<br />1.VPLエディタの起動<br />2.条件分岐(if,switch)やモータなどといったブロックを<br />  ダイアグラム領域にドラックアンドドロップで配置<br />3.ブロック同士を接続<br />4.プロパティの設定<br />  (モータのポート等)<br />5.実行<br />
  23. 23. Xboxコントローラを使って制御させるには?<br />矢印キーとボタンにロボットの動きを割り当てたい!<br />上矢印キー:前進<br />下矢印キー:後進<br />Yボタン:前進<br />Aボタン:後進<br />Bボタン:停止<br />
  24. 24. モータ出力値の設定<br />入力先<br />(コントローラ)<br />コントローラによる条件分岐<br />(AボタンとかBボタンとか)<br />出力先<br />(モータ)<br />コントローラにロボットの動きを割り当てたい<br />
  25. 25. ご興味もたれました方は・・・<br />こちら↓ ↓(≧▽≦) ↓ ↓<br />Codezine連載<br />Microsoft Robotics Developer Studio 2008 入門<br />http://codezine.jp/article/corner/302<br />RDS R2 2008Express Editionのインストールから<br />シミュレーション環境の使い方のサンプルなど<br />
  26. 26. こちらもよろしくお願いします<br />↓ ↓(≧▽≦) ↓ ↓<br />asaにっき<br />http://d.hatena.ne.jp/asa0808<br />旧バージョンのRoboticsStudioのインストールから<br />失敗談までその他もろもろと・・・<br />
  27. 27. まとめ<br />ロボット制御、<br />楽しい(≧▽≦)<br />

×