• Like
  • Save
Understanding Web Services
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Understanding Web Services

  • 464 views
Uploaded on

 

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
464
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. データ工学特論 Chapter 4 - Understanding Web Services The Semantic Web : A Guide to the Future of Xml, Web Services, and Knowledge Management ○●研究科 ○●工学専攻 r.t
  • 2. Section ・What Are Web Services ? ・Why Use Web Services ? ・Understanding the Basics of Web Services (SOAP,WSDL,UDDI) ・Securing Web services ・What's Next for Web services? ・Summary
  • 3. What Are Web Services ? “ Web services are software applications,” ・ウェブサービスはソフトウェアアプリケーションである. インターネットの標準技術を使って,ネットワーク上に 分散したアプリケーションを連携させる. Webサービスは単一の技術ではない. メッセージ技術,インタフェース記述技術,セキュリティ技術など 様々な技術から構成される複合技術. (UDDI, WSDL, SOAP)
  • 4. The basic layers of Web services. XMLと標準ウェブプロトコルに基づいて (情報の)発見、記述(表現)、アクセスが できるソフトウェアアプリケーション ・Web Servicesの基本要素 UDDI : 検索 WSDL : 記述 SOAP : プロトコル
  • 5. A Common scenario of Web services in use.
  • 6. The Model-View-Controller paradigm. ・Model-View-Controller (MVC) : ソフトウェアの設計モデルの一つ
  • 7. Why Use Web Services ? ・Web Servicesはどのような問題を解決してくれるのか. どんなメリットがあるのか. ・相互運用性 (interoperability) ・システム間で通信(共有,連携)ができることが重要. ・企業内システムの統合 ・Web Services 以前の技術 ・CORBA (Common Object Request Broker Architecture) ・DCOM (Distributed Component Object Model)
  • 8. Why Use Web Services ? ・情報の送受信を標準的なHTTPプロトコル上で行える. ・XMLベースで情報を授受するので、 特定のプラットフォームに依存しない. Web Servicesはどうやって使うのか? → SOAP
  • 9. Understanding the Basics of Web Services ・SOAPとは? Simple Object Access Protocol HTTPやXMLなどのインターネット標準技術を使うことによって、 Web上の分散オブジェクトをプラットフォームの壁を越えて 利用可能にするために開発されたプロトコル. SOAP 1.0 : 1999年, Microsoft , DevelopMentorらによって策定 SOAP 1.1 : 2000年, IBM , Lotusが加わり策定 SOAP 1.2 : 2003年, W3Cによって策定. SOAPは固有名詞に
  • 10. Structure of SOAP
  • 11. Structure of SOAP ・SOAPメッセージ(SOAP Request) <SOAP-ENV:Envelope xmlns:SOAP-ENV=quot;http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/quot; SOAP-ENV:encodingStyle=quot;http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/quot;> <SOAP-ENV:Body> <m:GetLastTradePrice xmlns:m=quot;Some-URIquot;> <symbol>DIS</symbol> </m:GetLastTradePrice> </SOAP-ENV:Body> </SOAP-ENV:Envelope>
  • 12. Structure of SOAP ・SOAPメッセージ(SOAP Response) <SOAP-ENV:Envelope xmlns:SOAP-ENV=quot;http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/quot; SOAP-ENV:encodingStyle=quot;http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/quot;> <SOAP-ENV:Body> <m:GetLastTradePriceResponse xmlns:m=quot;Some-URIquot;> <Price>34.5</Price> </m:GetLastTradePriceResponse> </SOAP-ENV:Body> </SOAP-ENV:Envelope>
  • 13. How to Describe Basic Web Services ・WSDL Web Services Definition Language 何を記述している? そのWeb Serviceは, ・どこにあるのか. ・どんな(フォーマットの)メッセージを使って利用するのか. ・どんな通信プロトコルを使うのか.
  • 14. WSDL Dynamic communication by inspecting WSDL
  • 15. WSDL ・WSDL文書を構成する主要な要素. これらの要素はすべて WSDL名前空間に属している
  • 16. How to Discover Web Services ・UDDI Universal Description, Discovery and Integration ・Web Servicesを登録・公開し, 検索する. ( “phone book for Web services.” ) 企業名、サービス内容、識別コードなどが あらかじめ登録されている → UDDI レジストリ
  • 17. UDDI Registry
  • 18. ebXML Registry ・e-ビジネスの情報を利用するための, 相互運用可能で安全で一貫性が保たれた, XMLベースのオープンなインフラを提供する.
  • 19. Orchestrating Web Services ビジネスロジックを 複数のWeb service間で 対話させる An orchestration example
  • 20. Securing Web Services ・WebサービスのプロトコルであるSOAPは, それ自身はセキュリティ機能を提供しない. ・ユーザーとWeb Servicesとの間にはたくさんのポイントがある. ・メッセージレベルでのセキュリティが必要.
  • 21. Securing Web Services ・XML Signature XML文書に添付して文書作成者の身元を証明し, またその文書が改竄されていないことを保証するデータ. 公開鍵暗号技術が用いられている. ・XML Encryption W3Cが策定したXMLによる暗号の構文と処理方式の標準. XML文書の特定の要素の暗号化や, 要素内のコンテンツの暗号化などが可能.
  • 22. Securing Web Services Web Services における主なセキュリティ関連仕様
  • 23. What’s Next for Web Services ? ・ウェブサービスの発展 グリッドコンピューティングとセマンティックス ・Grid-Enabled Web Services 分散したコンピュータをネットワーク接続し, リソースを共有. Open Grid Service Architecture (OGSA) OGSAはWebサービスとグリッド技術を統合した規格と言える. ・A Semantic Web of Web Services データの意味記述方法の不足 → オントロジーの為のデータ記述法に注力 DAML, RDF, OIL
  • 24. Summary ・Web Servicesとはインターネットの標準技術を使って, ネットワーク上に分散したアプリケーションを連携させる. ・Web Servicesにはセキュリティの確保が不可欠. ・現在はWeb Servicesに関する様々な仕様が標準化されつつある. → アプリケーション統合問題の解決. ・グリッドコンピューティングやセマンティックス分野での発展.