Nekoでぼっこい簡単なWebサービスを作る
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Nekoでぼっこい簡単なWebサービスを作る

on

  • 789 views

Nekoでぼっこい簡単なWebサービスを作ってみる話

Nekoでぼっこい簡単なWebサービスを作ってみる話
https://bitbucket.org/arlez80/simplebbs

Statistics

Views

Total Views
789
Views on SlideShare
785
Embed Views
4

Actions

Likes
1
Downloads
0
Comments
0

2 Embeds 4

http://s.deeeki.com 3
https://twitter.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as OpenOffice

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Nekoでぼっこい簡単なWebサービスを作る Nekoでぼっこい簡単なWebサービスを作る Presentation Transcript

  • たいとる Neko でぼっこい簡単な Web サービスを作ろう
  • ふーあーゆー? あるる / きのもと 結衣 です Twitter: @arlez80 Haxe/D/Forth 大好きです
  • これさえ貼っとけば誰かわかる みなれた いつもの
  • web さーびす? 簡単なブログを作ろう
  • あら? ぼっち専用のブログ
  • その名は 名付けて 「ぼっちったー」
  • 仕様 ● 一人だけ投稿 – ● 投稿 / 削除 / 表示だけ – ● 投稿は from me のみ しんぷるしんぷる フォローとかナシ – 友達いないからフォローとかリツイートとか不要
  • bitbucket にあげてます https://bitbucket.org/arlez80/simplebbs/
  • 目次 ● POST/GET パラメータの取得しちゃう ● ログとかとっちゃう ● DB とかいじっちゃう ● JSON に変換しちゃう ● 値を返しちゃう ● 簡単にデバッグしちゃう
  • 第一話 POST/GET パラメータ の 取得しちゃう
  • ぼっこい簡単 簡単です
  • Map<String, String> import neko.Lib; // 型は Map<String, String> var param = Lib.getParams( );
  • あとは いつも通り param.get( ) で取得
  • 第二話 ログとかとっちゃう
  • これだけ import neko.Web; Web.logMessage( "hoge" );
  • 第三話 DB とかいじっちゃう
  • MySQL? SQLite? 基本どっちでも 同じように使えます
  • Sqlite の場合 import sys.db.Sqlite; // comet.db を開く var db = Sqlite.open( "comet.db" );
  • MySQL の場合 import sys.db.Mysql; var db = Mysql.connect( { host: ホスト名 , port: ポート番号 , user: ユーザー名 , pass: パスワード } );
  • リクエストの刑 どちらも db.request( hoge );
  • posts から全部取得 var result = db.request( "select * from posts" ); for( t in result ){ }
  • エスケープ / クオートとかも簡単 db.escape( hoge ); db.quote( hoge );
  • 閉じる db.close( );
  • もちろん SQL 文の話はナシ Haxe の勉強会だもん!
  • 第四話 JSON に変換しちゃう
  • オブジェクトから JSON 文字列へ import haxe.Json; Json.stringify( { hoge: "a", piyo: "b" } );
  • 注意 何らかの インスタンスを Json 文字列化しようと すると
  • なして? 例外なげられて 変換出来ない
  • Dynamic にしましょう Dynamic に手で変換 しましょう
  • ぼっちったーでは toDynamic を用意 してます (data.Post)
  • 第五話 値を返しちゃう
  • 普通 import neko.Lib; Lib.print( hoge );
  • 第六話 簡単にデバッグ しちゃう
  • いたれりつくせり なんと neko には とんでもないツールが ついてます
  • その名は nekotools
  • コマンドラインから バイナリがあるディレクトリで nekotools server -rewrite
  • ほんでもって localhost:2000 へ アクセス
  • サーバーがたつ 面倒な設定なしに テスト出来る !
  • これが一番いいたかっただけ neko ヤバイ!
  • 最終話 まとめ
  • まとめ ● ● neko は簡単 db は開いたらあとは request で SQL 文の刑 ● JSON の変換は型注意 ● nekotools ヤバイ!
  • 課題 ● クライアントも Haxe で – – そしたら haxe.Serializer が使えるよ – ● えへへ、すっかり忘れてたよ。てへぺろ。 それだと型も持てるよ! デザイン – 知らない!アーアーアー!!聞こえない!
  • はっぴょー あと重大なおしらせ
  • 対象者 長崎県民向け
  • なんね? 3月
  • 3 月にどこね? アルカス SASEBO (予定)で
  • アルカスでなんばすっと? 長崎 Haxe 勉強会 やりませんか !
  • 長崎 Haxe 勉強会!! あくまで予定です (日にちすら未定)
  • 長崎も 長崎ば Haxe の街に しゅーで!
  • いとふゆ 糸冬 ご清聴ありがとう ございました