非 情 勤司書という生 ( 逝 ) き方 前橋市清里公民館図書室 遠藤 元泰
【正直言って、自分でもつまらない】 自己紹介 <ul><li>図書館勤務歴10数年、現在は分館相当の公民館図書室勤務 </li></ul><ul><li>自分でも“有能”とは思っていないが、“無能”と言われればそれなりに腹が立つ、フツーの図書館...
昨年の夏は… <ul><li>● 日本図書館協会中堅職員ステップアップ研修Ⅱ( 領域:情報資源管理) </li></ul><ul><li> 「図書館ポータルのデザイン」「図書館ポータルの評価の実際」 </li></ul><ul><li> (岡本...
職場の民間委託化 <ul><li>と とにかく眼の前がまっしろになりました </li></ul>
職場の民間委託化 <ul><li>  とにかく眼の前がまっしろになりました </li></ul>
すぐに、決意を固める <ul><li>自分にとって図書館が必要だとしても、図書館が自分を必要としていない事実 </li></ul><ul><li>司書をやめても、市役所のお仕事という定職・収入があるという幸福を祝え </li></ul><ul>...
結局のところ <ul><li>  自分が無芸で、気弱で、小心者であること </li></ul>
結局、なぜ未練が残るかといえば <ul><li>  今まで積み上げてきた司書としての思いや考え方、問題意識などを自分の胸に秘めたまま去ることへの寂しさ、やりきれなさ </li></ul>成仏できない地縛霊のような感情 (信じる信じないはあなたの...
そこでブログが役立った 岡本真氏の講義をきっかけに、 消極的に 開設
ブログの効用 <ul><li>とりとめのないハナシを書くことで、案外自分自身の整理がついてしまうこと </li></ul><ul><li>他の先輩ブロガー様からの激励、教示 </li></ul>
さて、4月からどうするかなぁ… <ul><li>もうすぐ、司書の仕事ともお別れ。 </li></ul><ul><li>これからどうしましょうか? </li></ul>
インサイダーでもアウトサイダーでもない人たち <ul><li>最近、出会えてよかった人たちといえば、 </li></ul><ul><li>岡本 真氏(ARG) </li></ul><ul><li>高野 一枝氏(NECネクサソリューション) </...
司書をやめる決意をしてはじめて見えてきたものがある !! <ul><li>なれあい体質 </li></ul><ul><li>Web-OPACの使い勝手 </li></ul><ul><li>にわか「健康情報コーナー」の不健康さ </li></ul...
非情【のナンセンス的】勤司書としての逝き方 <ul><li>互いに傷舐め合う「情」からの脱却 </li></ul><ul><li>自分の館の実「情」にとらわれない、自由な発言->自分(勤務館)のことを棚に上げた発言 </li></ul>
おわり(PR) <ul><li>ありがとうございました。 </li></ul><ul><li>先着1名様、 </li></ul><ul><li>【とある集いの】愛読者プレゼント【禁書黙示録】 </li></ul><ul><li>ぜひ! </li...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

非情勤司書という生(逝)き方 遠藤元康

568 views
538 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
568
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

非情勤司書という生(逝)き方 遠藤元康

  1. 1. 非 情 勤司書という生 ( 逝 ) き方 前橋市清里公民館図書室 遠藤 元泰
  2. 2. 【正直言って、自分でもつまらない】 自己紹介 <ul><li>図書館勤務歴10数年、現在は分館相当の公民館図書室勤務 </li></ul><ul><li>自分でも“有能”とは思っていないが、“無能”と言われればそれなりに腹が立つ、フツーの図書館人 </li></ul>
  3. 3. 昨年の夏は… <ul><li>● 日本図書館協会中堅職員ステップアップ研修Ⅱ( 領域:情報資源管理) </li></ul><ul><li> 「図書館ポータルのデザイン」「図書館ポータルの評価の実際」 </li></ul><ul><li> (岡本真氏の講義)の受講 </li></ul><ul><li>● 職場の民間委託決定 </li></ul>
  4. 4. 職場の民間委託化 <ul><li>と とにかく眼の前がまっしろになりました </li></ul>
  5. 5. 職場の民間委託化 <ul><li>  とにかく眼の前がまっしろになりました </li></ul>
  6. 6. すぐに、決意を固める <ul><li>自分にとって図書館が必要だとしても、図書館が自分を必要としていない事実 </li></ul><ul><li>司書をやめても、市役所のお仕事という定職・収入があるという幸福を祝え </li></ul><ul><li>本館・業務統括部門若干名に残ろうとする同僚との無意味な争いがイヤだった </li></ul>
  7. 7. 結局のところ <ul><li>  自分が無芸で、気弱で、小心者であること </li></ul>
  8. 8. 結局、なぜ未練が残るかといえば <ul><li>  今まで積み上げてきた司書としての思いや考え方、問題意識などを自分の胸に秘めたまま去ることへの寂しさ、やりきれなさ </li></ul>成仏できない地縛霊のような感情 (信じる信じないはあなたの自由です)
  9. 9. そこでブログが役立った 岡本真氏の講義をきっかけに、 消極的に 開設
  10. 10. ブログの効用 <ul><li>とりとめのないハナシを書くことで、案外自分自身の整理がついてしまうこと </li></ul><ul><li>他の先輩ブロガー様からの激励、教示 </li></ul>
  11. 11. さて、4月からどうするかなぁ… <ul><li>もうすぐ、司書の仕事ともお別れ。 </li></ul><ul><li>これからどうしましょうか? </li></ul>
  12. 12. インサイダーでもアウトサイダーでもない人たち <ul><li>最近、出会えてよかった人たちといえば、 </li></ul><ul><li>岡本 真氏(ARG) </li></ul><ul><li>高野 一枝氏(NECネクサソリューション) </li></ul>生粋のライブラリアンよりも、よっぽど多くのことを 見ている
  13. 13. 司書をやめる決意をしてはじめて見えてきたものがある !! <ul><li>なれあい体質 </li></ul><ul><li>Web-OPACの使い勝手 </li></ul><ul><li>にわか「健康情報コーナー」の不健康さ </li></ul><ul><li>などなど… </li></ul>
  14. 14. 非情【のナンセンス的】勤司書としての逝き方 <ul><li>互いに傷舐め合う「情」からの脱却 </li></ul><ul><li>自分の館の実「情」にとらわれない、自由な発言->自分(勤務館)のことを棚に上げた発言 </li></ul>
  15. 15. おわり(PR) <ul><li>ありがとうございました。 </li></ul><ul><li>先着1名様、 </li></ul><ul><li>【とある集いの】愛読者プレゼント【禁書黙示録】 </li></ul><ul><li>ぜひ! </li></ul>

×