Publish	  or	  Perishでいいの?	     教育と研究の良性循環に向けて	     神谷 健一 (大阪工業大学)
いきなりですが、結論。	Publish	  or	  Perishの代わりに…	  教育と研究の良性循環のために…	  文系の研究者が世の中を変えるために…	  	          キャズム超え	                       ...
Publish	  or	  Perishとは?	研究業績を出せ!そうでなければ 消えてしまえ!	                    	         …というわけで、一生懸命頑張って	           研究業績を出しましたっっ!!	...
キャズムとは?	                                                         1991	  	  原文初版	                                          ...
キャズム理論と(文系)研究者の生き(残り)方	                  そうだ!教育だ!	研究者は	  イノベーター!	             キャズムに	                    事業仕分けの餌食	         ...
こんな世の中、希望!	1.  アーリーアダプターとしての研究者の増加	    –  他人の業績を広報すること(教育)も評価	    	  2.  Publish	  or	  PracQce(研究、もしくは実践)	    –  研究と教育の良性...
結 論	Publish	  or	  Perishの代わりに…	  教育と研究の良性循環のために…	  文系の研究者が世の中を変えるために…	  	          キャズム超え	                          …を目指そ...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Publish or perishでいいの? 教育と研究の良性循環に向けて kamiya

1,049

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,049
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Publish or perishでいいの? 教育と研究の良性循環に向けて kamiya

  1. 1. Publish  or  Perishでいいの?   教育と研究の良性循環に向けて 神谷 健一 (大阪工業大学)
  2. 2. いきなりですが、結論。 Publish  or  Perishの代わりに…  教育と研究の良性循環のために…  文系の研究者が世の中を変えるために…     キャズム超え …を目指そう!
  3. 3. Publish  or  Perishとは? 研究業績を出せ!そうでなければ 消えてしまえ!   …というわけで、一生懸命頑張って   研究業績を出しましたっっ!! 情 報 の 海  に 沈 没…orz   読まれない論文…orz 聴いてもらえない発表…orz 世の中な〜んにも変わらない…orz
  4. 4. キャズムとは? 1991    原文初版   1999    原文改訂版   2002    日本語版初版  (翔泳社 刊) ハイテク業界において新製品・新技術を市場に浸透させていく際に見られる、 初期市場からメインストリーム市場への移行を阻害する深い溝のこと。マーケ ティング・コンサルタントのジェフリー・A・ムーア(Geoffrey  A.  Moore)の著書 Publish  or  Perish  /  教育と研究  /   『Crossing  the  文系の研究者のあり方にも関係!? chasm』(1991年)に登場するキーワードで、ハイテク市場におけ るマーケティング理論である「キャズム理論」は大いに注目を集めた。       出典:  @IT  情報マネジメント用語事典 h@p://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/chasm.html
  5. 5. キャズム理論と(文系)研究者の生き(残り)方 そうだ!教育だ! 研究者は  イノベーター! キャズムに   事業仕分けの餌食   はまる [バッドエンド] 目立たない研究 Publishでアーリー   アダプターを獲得!   事業仕分けの餌食   (+  情報の海との戦い) 目立たない研究 [バッドエンド]
  6. 6. こんな世の中、希望! 1.  アーリーアダプターとしての研究者の増加   –  他人の業績を広報すること(教育)も評価    2.  Publish  or  PracQce(研究、もしくは実践)   –  研究と教育の良性循環    3.  中学・高校の先生方、アーリーアダプター・ アーリーマジョリティになってくれませんか?   –  研究者マインドを持つ教育者層の拡大  
  7. 7. 結 論 Publish  or  Perishの代わりに…  教育と研究の良性循環のために…  文系の研究者が世の中を変えるために…     キャズム超え …を目指そう!

×