Wikimedia Conference Japan 2010
Outreach
日時:2010年11月14日(日)
会場:国際大学
グローバル・コミュニケーション・センター
1
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 Al...
2
自己紹介-岡本真(おかもと・まこと)
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 現在:
 アカデミック・リソース・ガイド株式会社
 代表取締役/プロデューサー
 ACAD...
[参考]
ACADEMIC RESOURCE GUIDE
 1998年7月創刊、週刊、5000部、無料
 「インターネットの学術利用」がテーマ
 約150人の執筆者、約450回の発行
3
Copyright アカデミック・リソース・ガイド...
4
前提:
MLAとは何か?
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
MLA
Museum Library Archives
Museum(博物館・美術館)、Library(図書館)...
5
前提:
MLAとは何か?-それぞれの構成要素
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
• 博物館、美術館+動物園、水
族館、科学館等Museum
• 図書館Library
• 文...
6
前提:
MLAとは何か?-Museumの内実
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
•登録博物館
•博物館相当施設
•博物館類似施設
Museum
学芸員
キュレーター
7
前提:
MLAとは何か?-Libraryの内実
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
•国立図書館
•公共図書館
•大学図書館
•学校図書館
•専門図書館
Library
ライ...
8
前提:
MLAとは何か?-Archivesの内実
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
•国立公文書館
•自治体の公文書館
•都道府県
•市区町村
Archives
アーキビスト
9
前提:
MLAとは何か?-設置数(概数)
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
•3000~4000Museum
•約5000(公共3200、大学
1700、専門600、学校3...
10
本日の話の方向性-誰に向けて話すのか
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
Wikipedia MLA
11
本日の話の方向性-誰に向けて話すのか
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
Wikipedia MLA
12
本日の話の方向性-誰に向けて話すのか
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
You (User+Suppoter)
MLA×Wikipediaの希求
Wikipedia
Wi...
13
事例:デジタル/ウェブ時代に向かうMLA
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
•文化遺産オンラインMuseum
•近代デジタルライブラリーLibrary
•アジア歴史資料セ...
14
事例:デジタル/ウェブ時代に向かうMLA
-文化遺産オンライン
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
http://bunka.nii.ac.jp/
15
事例:デジタル/ウェブ時代に向かうMLA
-近代デジタルライブラリー
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
http://kindai.ndl.go.jp/
16
事例:デジタル/ウェブ時代に向かうMLA
-アジア歴史資料センター
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
http://www.jacar.go.jp/
17
MLAのデジタル化/ウェブ化の現状
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
孤立主義の限界
コレクションのデジタル化
独自サイトの展開
18
パスファインダーという取り組み
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 公共/大学図書館によるパスファインダー戦略
 パスファインダー(Path+Finder)
 情報...
19
パスファインダーとしてのWikimedia
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
20
提案:MLAのウェブ資源とウェブの接続
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 本質的にはウェブと接続していないMLA資源
 意図せざる?孤立主義
 接続に向けた手法
...
21
The Commonsという先行例
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 The Commons
 46の図書館、博物館、美術館、文書館×Flickr
 米国議会図書...
22
接続をはばむもの-MLAとウェブの狭間
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
意識
制度技能
23
Code4Lib JAPANという試行
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ミッション
 「日本の図書館をヤバくする」
 具体的には、
 ウェブ技術活用の経験とス...
24
たとえば、
MLAとWikipediaをツナグということ
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
相次ぐAPI公開
25
たとえば、
MLAとWikipediaをツナグということ
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
MLA
アクセスの向上 利用の向上
Wikipedia
ソースの獲得 使い勝手...
26
知識プロデューサーとしてのMLAへ
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
MLA
Museum
学芸員
キュレーター
Library
司書
ライブラリアン
Archives
...
[PR]国立国会図書館
レファレンス協同データベースAPI腕自慢
27
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
12月末まで募集中
http://crd.ndl.go.jp/jp/l...
28
[PR]第12回図書館総合展における
ネットアドバンス社フォーラム
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 2010年11月24日(水)13:00~14:30
 大規模デ...
29
[PR]
第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 2010年11月23日(火・祝)15:00~19:00
 主催: アカデミッ...
ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に
30
Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
岡本真
アカデミック・リソース・ガイド株式会社
代表取締役/プロデューサー
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Wikimedia conference japan_2010_outreach(20101114)

2,228 views
2,191 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,228
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Wikimedia conference japan_2010_outreach(20101114)

  1. 1. Wikimedia Conference Japan 2010 Outreach 日時:2010年11月14日(日) 会場:国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. 岡本真(@arg) アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 学術情報流通の未来に向けた 博物館、図書館、文書館(MLA) の可能性
  2. 2. 2 自己紹介-岡本真(おかもと・まこと) Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.  現在:  アカデミック・リソース・ガイド株式会社  代表取締役/プロデューサー  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長  兼任  京都大学 情報学研究科 非常勤研究員  国立情報学研究所 産学連携研究員  東京大学 工学系研究科 総合研究機構 研究員  早稲田大学 ITバイオマイニング研究所 客員研究員  大妻女子大学 社会情報学部 非常勤講師  関西学院大学 文学部 非常勤講師  過去:  国際基督教大学卒業(1997年)  編集者等を経て、  1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍  Yahoo!知恵袋、Yahoo!検索ランキング等の企画・設計・運用 恐らく、来週、 凄いアプリ出ます!
  3. 3. [参考] ACADEMIC RESOURCE GUIDE  1998年7月創刊、週刊、5000部、無料  「インターネットの学術利用」がテーマ  約150人の執筆者、約450回の発行 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  4. 4. 4 前提: MLAとは何か? Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. MLA Museum Library Archives Museum(博物館・美術館)、Library(図書館)、Archives(文書館)をまと めて指す場合に用いられる略称。 MLA連携など。From Wikipedia
  5. 5. 5 前提: MLAとは何か?-それぞれの構成要素 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. • 博物館、美術館+動物園、水 族館、科学館等Museum • 図書館Library • 文書館Archives
  6. 6. 6 前提: MLAとは何か?-Museumの内実 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. •登録博物館 •博物館相当施設 •博物館類似施設 Museum 学芸員 キュレーター
  7. 7. 7 前提: MLAとは何か?-Libraryの内実 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. •国立図書館 •公共図書館 •大学図書館 •学校図書館 •専門図書館 Library ライブラリアン 司書
  8. 8. 8 前提: MLAとは何か?-Archivesの内実 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. •国立公文書館 •自治体の公文書館 •都道府県 •市区町村 Archives アーキビスト
  9. 9. 9 前提: MLAとは何か?-設置数(概数) Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. •3000~4000Museum •約5000(公共3200、大学 1700、専門600、学校36000)Library •約70Archives
  10. 10. 10 本日の話の方向性-誰に向けて話すのか Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. Wikipedia MLA
  11. 11. 11 本日の話の方向性-誰に向けて話すのか Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. Wikipedia MLA
  12. 12. 12 本日の話の方向性-誰に向けて話すのか Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. You (User+Suppoter) MLA×Wikipediaの希求 Wikipedia WikipediaにとってのMLAの潜在力 MLA MLAにとってのWikipediaの潜在力
  13. 13. 13 事例:デジタル/ウェブ時代に向かうMLA Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. •文化遺産オンラインMuseum •近代デジタルライブラリーLibrary •アジア歴史資料センターArchives
  14. 14. 14 事例:デジタル/ウェブ時代に向かうMLA -文化遺産オンライン Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. http://bunka.nii.ac.jp/
  15. 15. 15 事例:デジタル/ウェブ時代に向かうMLA -近代デジタルライブラリー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. http://kindai.ndl.go.jp/
  16. 16. 16 事例:デジタル/ウェブ時代に向かうMLA -アジア歴史資料センター Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. http://www.jacar.go.jp/
  17. 17. 17 MLAのデジタル化/ウェブ化の現状 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. 孤立主義の限界 コレクションのデジタル化 独自サイトの展開
  18. 18. 18 パスファインダーという取り組み Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.  公共/大学図書館によるパスファインダー戦略  パスファインダー(Path+Finder)  情報資源への道案内・誘導役  パスファインダーの事例  名古屋大学附属図書館 - 情報への道しるべ  帯広市図書館 - パスファインダー  ゆうき図書館 - ゆうき図書館WEBパスファインダー  ガイダンスによる情報資源への誘導と利用促進  現状のパスファインダーの限界
  19. 19. 19 パスファインダーとしてのWikimedia Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  20. 20. 20 提案:MLAのウェブ資源とウェブの接続 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.  本質的にはウェブと接続していないMLA資源  意図せざる?孤立主義  接続に向けた手法 1. 孤立主義からの転換 2. リソース配分の変更 3. テクノロジーの活用  参考:Linked Open Data  武田英明:Takeda's Report  「Wikipediaと研究コミュニティ」  「LODとは何?(基礎編)」
  21. 21. 21 The Commonsという先行例 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.  The Commons  46の図書館、博物館、美術館、文書館×Flickr  米国議会図書館の発表(2010-01)  過去2年間:約2300万回以上閲覧  約28000人のFlickr利用者からコンタクト
  22. 22. 22 接続をはばむもの-MLAとウェブの狭間 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. 意識 制度技能
  23. 23. 23 Code4Lib JAPANという試行 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.  ミッション  「日本の図書館をヤバくする」  具体的には、  ウェブ技術活用の経験とスキルの飛躍的向上を図り、  Workshopの定期開催  Campの開催と海外派遣 - 渡航助成応募受付開始(12/15(水)〆切)  各種提言のとりまとめ  グッドプラクティスの選定  そして、組織そのものの持続的運営  当面は、  11/24(水)@横浜  Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010  12/12(日)~12/13(月)@福井  第3回Code4Lib JAPAN Workshop 「APIは怖くない!-RSSからAPIま で便利な仕組みを使い倒そう」(12月12~13日)(サービス構築コース)
  24. 24. 24 たとえば、 MLAとWikipediaをツナグということ Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. 相次ぐAPI公開
  25. 25. 25 たとえば、 MLAとWikipediaをツナグということ Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. MLA アクセスの向上 利用の向上 Wikipedia ソースの獲得 使い勝手の向上 MLA データの提供 APIの提供
  26. 26. 26 知識プロデューサーとしてのMLAへ Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. MLA Museum 学芸員 キュレーター Library 司書 ライブラリアン Archives アーキビスト
  27. 27. [PR]国立国会図書館 レファレンス協同データベースAPI腕自慢 27 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. 12月末まで募集中 http://crd.ndl.go.jp/jp/library/api_2010.html
  28. 28. 28 [PR]第12回図書館総合展における ネットアドバンス社フォーラム Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.  2010年11月24日(水)13:00~14:30  大規模デジタル化時代における『知』との接点- Wikipedia、電子書籍、Twitterの潮流をライブラリアンは どう受け止めるか  主催: (株)ネットアドバンス  協力: アカデミック・リソース・ガイド(株)  会場:パシフィコ横浜  コーディネーター:  佐藤翔(筑波大学大学院)  パネラー:  渡辺智暁(国際大学GLOCOM)  清田陽司(東京大学情報基盤センター、株式会社リッテル)  長谷川豊祐(鶴見大学図書館) 満員御礼近し! 参加申込受付中
  29. 29. 29 [PR] 第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.  2010年11月23日(火・祝)15:00~19:00  主催: アカデミック・リソース・ガイド(株)  ライトニングトーク:  神田将和(埼玉医科大学)  「最近の遺伝子検査・遺伝子テストについて思うこと」  柴田栄子  「大学院生のための世間フィールドワークのすすめ-渡る世間で自分を活かせ」  バゼル山本登紀子(ハワイ大学マノア校)  「Unlock the damn door!!!」  松本明日香(筑波大学大学院 人文社会科学研究科)  「歴史と未来の作り方-米国大統領図書館見聞録」  齊藤真菜(横浜コミュニティデザイン・ラボ)  「ラボ図書環という挑戦-横浜ブッククラウド構想の現在」  大向一輝(国立情報学研究所)  「NACSIS-CAT API(仮)」  山田薫(楽天技術研究所)  「企業研究者への愛-研究支援のおしごと」  会場:82 Ale House関内店  会費:カフェ1000円(茶菓・会場代)、フェスト4000円 参加申込受付中 登壇立候補OK
  30. 30. ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に 30 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー

×