Web dbf2010tech(20101112)

1,276 views
1,193 views

Published on

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,276
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Web dbf2010tech(20101112)

  1. 1. Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2010) 技術報告セッション(3) 日時:2010年11月12日(金) 会場:早稲田大学 理工学術院 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. 岡本真(@arg) アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー ウェブ時代の産学連携モデルに向けて -産学連携コーディネート事業の紹介
  2. 2. 前提 1. “Arts”としての技術の報告  人と人、人と組織、組織と組織の間にツナガリをつ くる技術 2. 「学問を生かす社会へ」というミッション  Yahoo!知恵袋での原体験-研究に学んでこその 成功 3. 報告のねらい  ウェブの時代にふさわしい産学連携モデルの提示 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  3. 3. オープンデータの潮流 いま、何が起きているのか? 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  4. 4. オープンデータの潮流  相次ぐオープンデータ  参考:Gov2.0  研究素材のオープン化  Yahoo!知恵袋データ(2007年)  Yahoo!ブログデータ(2010年)  楽天データ(2010年)  さらにその先へ  Windows Azureの情報爆発PJへの提供 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  5. 5. オープンデータの潮流 ウェブ企業が開放的な形での データ公開に乗り出している 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  6. 6. オープンデータの結果 Yahoo!知恵袋データの場合、 何が起きているのか? 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  7. 7. オープンデータの結果 -Yahoo!知恵袋の場合 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. 0 2 4
  8. 8. オープンデータの結果 -Yahoo!知恵袋の場合 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. WebDB 2008 0本 WebDB 2009 2本 WebDB 2010 4本
  9. 9. オープンデータの結果 Yahoo!知恵袋データの公開が、 QA研究を促進しているらしい。 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  10. 10. 企業(提供)側からの懸念 競合他社を利する可能性は? 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  11. 11. 企業(提供)側からの懸念-一つの対策 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  12. 12. 企業(提供)側からの懸念 収穫する工夫次第。 種を蒔いても収穫しないのであれば、 隣人に摘み取られる 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  13. 13. ビジネス(提供企業)側のメリット 結局、どのような成果が見込めるのか? 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  14. 14. ビジネス(提供企業)側のメリット コスト削減・リスク分散的意味合いも 想定外を含めた研究開発の触発 研究機能のクラウド化 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  15. 15. ビジネス(提供企業)側のメリット 実際は手に負い切れない資産の活用にかかる 外部リソースの獲得と内部コスト・リスクの削減に つながる可能性がある。 15 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  16. 16. [PR]弊社ソリューションとして 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. お気軽にご相談ください。 オープンデータの力でイノベーションを 創出しませんか。
  17. 17. 参考:研究側への提案 明確にしたいこと 要は、何をしたくて、 いま何ができていて、 いま何ができていなくて、 何があれば解決できるのか 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  18. 18. ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー

×