プラットフォームをデザインする思想と技法-メールマガジンARG、Yahoo!知恵袋、ARGカフェを題材に<br />筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター第62回研究談話会<br />日時:2009年8月6日(木)<br />会場:筑波大学 ...
自己紹介<br />お話させていただく人間について<br />2<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
簡単な経歴<br />1997年 国際基督教大学(ICU) 卒業<br />教養学部 社会科学科 日本政治思想史専攻<br />編集者、校正者、翻訳家などを経て<br />1998年 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)創...
今日の話のねらい<br />人と情報が出会う「場」≒「プラットフォーム」を<br />デザインし、プロデュースする<br />知識と経験を事例に基づいて共有し、討論する<br />4<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURC...
ケース1:メールマガジンARG<br />個人メディアのプロデュース<br />1998年~<br />5<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/c...
ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)<br />1998年7月創刊、週刊、4500部、無料<br />「インターネットの学術利用」がテーマ<br />約150人の執筆者、約380回の発行<br />6<br />ARG<b...
創刊時の発想―2点でのつなぐメディアとして<br />分野と分野の間<br />市民と専門家の間<br />7<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi...
ARGのビジョンとミッション(創刊時)<br />8<br />
参考:ARGのビジョンの変遷<br />9<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
メディアとしてのARGの成果(1)<br />10<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
メディアとしてのARGの成果(2)-知見の先行<br />11<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
メディアとしてのARGの成果(3)-研究の誕生<br />12<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
ケース2:Yahoo!知恵袋<br />大規模コミュニティーのプロデュース<br />2004年~2007年<br />13<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.j...
Yahoo!知恵袋<br />14<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
Yahoo!知恵袋の特徴-最後発サービスからの逆転<br />15<br />ARG<br />出典:ネットレイティングス<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/co...
3つのKey Factors<br />学術研究の知見の取り込み<br />國領二郎:「顧客間インタラクション」研究<br />山岸俊男:「社会的ジレンマ」研究<br />黒木玄:「匿名」研究<br />社会・文化的背景の考慮<br />質問す...
ケース3:ARGカフェ&ARGフェスト<br />ネットワーキングプラットフォームのプロデュース<br />2008年~<br />17<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://ww...
メディア型コミュニティーの限界<br />18<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
ARGの構造転換-2つの試み<br />19<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
ARGカフェ&ARGフェスト<br />開催の実績・予定<br />第1回:秋葉原(2008-07)<br />60名<br />第2回:横浜(2008-11)<br />70名<br />第3回:京都(2009-02)<br />50名<br...
再掲:今日の話のねらい<br />人と情報が出会う「場」≒「プラットフォーム」を<br />デザインし、プロデュースする<br />知識と経験を事例に基づいて共有し、討論する<br />21<br />ARG<br />ACADEMIC RES...
デザイン&プロデュースする上での鉄則<br />22<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
[PR] ARGの今後の活動予定<br />23<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />2009-08...
ご清聴に感謝続きは質疑で<br />ARG<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Tsukuba Univ(20090806)

811

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
811
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Tsukuba Univ(20090806)

  1. 1. プラットフォームをデザインする思想と技法-メールマガジンARG、Yahoo!知恵袋、ARGカフェを題材に<br />筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター第62回研究談話会<br />日時:2009年8月6日(木)<br />会場:筑波大学    知的コミュニティ基盤研究センター<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />1<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  2. 2. 自己紹介<br />お話させていただく人間について<br />2<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  3. 3. 簡単な経歴<br />1997年 国際基督教大学(ICU) 卒業<br />教養学部 社会科学科 日本政治思想史専攻<br />編集者、校正者、翻訳家などを経て<br />1998年 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)創刊<br />1999年 ヤフー株式会社 入社<br />2006年 『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行<br />2009年  ヤフー株式会社 退職<br />2009年 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)を法人化予定<br />兼任:<br />情報処理学会DBS研究会/CH研究会運営委員<br />京都大学情報学研究科非常勤研究員<br />3<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  4. 4. 今日の話のねらい<br />人と情報が出会う「場」≒「プラットフォーム」を<br />デザインし、プロデュースする<br />知識と経験を事例に基づいて共有し、討論する<br />4<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  5. 5. ケース1:メールマガジンARG<br />個人メディアのプロデュース<br />1998年~<br />5<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  6. 6. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)<br />1998年7月創刊、週刊、4500部、無料<br />「インターネットの学術利用」がテーマ<br />約150人の執筆者、約380回の発行<br />6<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  7. 7. 創刊時の発想―2点でのつなぐメディアとして<br />分野と分野の間<br />市民と専門家の間<br />7<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  8. 8. ARGのビジョンとミッション(創刊時)<br />8<br />
  9. 9. 参考:ARGのビジョンの変遷<br />9<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  10. 10. メディアとしてのARGの成果(1)<br />10<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  11. 11. メディアとしてのARGの成果(2)-知見の先行<br />11<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  12. 12. メディアとしてのARGの成果(3)-研究の誕生<br />12<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  13. 13. ケース2:Yahoo!知恵袋<br />大規模コミュニティーのプロデュース<br />2004年~2007年<br />13<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  14. 14. Yahoo!知恵袋<br />14<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  15. 15. Yahoo!知恵袋の特徴-最後発サービスからの逆転<br />15<br />ARG<br />出典:ネットレイティングス<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  16. 16. 3つのKey Factors<br />学術研究の知見の取り込み<br />國領二郎:「顧客間インタラクション」研究<br />山岸俊男:「社会的ジレンマ」研究<br />黒木玄:「匿名」研究<br />社会・文化的背景の考慮<br />質問する文化、質問できる社会<br />質問するインセンティブデザイン<br />質問への貢献度付与<br />良回答 < 回答有<br />Vision/Goal設定<br />「幻なくば、民滅ぶ」(箴言)<br />「質量転化の法則」<br />
  17. 17. ケース3:ARGカフェ&ARGフェスト<br />ネットワーキングプラットフォームのプロデュース<br />2008年~<br />17<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  18. 18. メディア型コミュニティーの限界<br />18<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  19. 19. ARGの構造転換-2つの試み<br />19<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  20. 20. ARGカフェ&ARGフェスト<br />開催の実績・予定<br />第1回:秋葉原(2008-07)<br />60名<br />第2回:横浜(2008-11)<br />70名<br />第3回:京都(2009-02)<br />50名<br />第4回:仙台(2009-06)<br />50名<br />第5回:大阪(2009-08)<br />第6回:横浜(2009-11予)<br />開催の形式・内容<br />カフェ<br />ライトニングトーク<br />フェスト<br />キャシュオンデリバリー<br />アウェー<br />一点でのツナガリ<br />20<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  21. 21. 再掲:今日の話のねらい<br />人と情報が出会う「場」≒「プラットフォーム」を<br />デザインし、プロデュースする<br />知識と経験を事例に基づいて共有し、討論する<br />21<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  22. 22. デザイン&プロデュースする上での鉄則<br />22<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  23. 23. [PR] ARGの今後の活動予定<br />23<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />2009-08-17(Mon):<br />第1回ARGフォーラム「この先にある本のかたち」(長尾真 国会図書館長×金正勲・津田大介・橋本大也)<br />於・東京都/一橋記念講堂<br />2009-08-20(Thu):<br />コンテンツ学会 サマースペシャル企画 10日連続研究会シリーズ「コラボのためのプラットフォーム設計-ARGを事例に」<br />於・東京都/デジタルハリウッド大学 秋葉原メインキャンパス<br />2009-08-22(Sat):<br />第5回ARGカフェ&ARGフェスト@大阪<br />於・大阪府/ドーンセンター<br />2009-09-04(Fri)~2009-09-06(Sun):<br />STS Network Japan夏の学校<br />於・石川県/石川県青少年総合研修センター<br />
  24. 24. ご清聴に感謝続きは質疑で<br />ARG<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />24<br />

×