Tomonken gunma(20100626)

915 views
885 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
915
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Tomonken gunma(20100626)

  1. 1. 「電子書籍とこれからの図書館 -大規模デジタル化の時代を迎えて」 図書館問題研究会草津全国大会 プレ集会@群馬 日時:2010年6月27日(日) 会場:前橋プラザ元気21 岡本真(@arg) アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  2. 2. 自己紹介-岡本真(おかもと・まこと)  現在:  アカデミック・リソース・ガイド株式会社  代表取締役、プロデューサー  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長  兼任  京都大学 情報学研究科 非常勤研究員  国立情報学研究所 産学連携研究員  東京大学 工学系研究科 総合研究機構 研究員  早稲田大学 ITバイオマイニング研究所 客員研究員  大妻女子大学 社会情報学部 非常勤講師  関西学院大学 文学部 非常勤講師  NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ理事  過去:  国際基督教大学卒業(1997年)  編集者等を経て、  1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍  Yahoo!知恵袋、Yahoo!検索ランキング等の企画・設計・運用 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  3. 3. お詫びとお土産-とある病院と山岸涼子 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  4. 4. 電子書籍を考える上で大切なこと 7つの禁句 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  5. 5. 電子書籍を考える上で大切なこと#1 iPad Kindle 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  6. 6. 電子書籍を考える上で大切なこと#2 Amazon Google 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  7. 7. 電子書籍を考える上で大切なこと#3 コンテンツ デバイス 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  8. 8. 電子書籍を考える上で大切なこと#4 海外勢 国内勢 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  9. 9. 電子書籍を考える上で大切なこと#5 紙 電子書籍 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  10. 10. 電子書籍を考える上で大切なこと#6 出版 図書館 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  11. 11. 電子書籍を考える上で大切なこと#7 場としての 機能として 図書館 の図書館 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  12. 12. 電子書籍とのファーストコンタクト 大規模デジタル化時代を迎えて 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  13. 13. プレイヤーたち- Google/Amazon/Apple/NDL  Google  Google Books  Amazon  Kindle Store, Amazon DTP  Apple  iBookstore  NDL  長尾スキーム  大規模デジタル化  3省懇談会 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  14. 14. 国立国会図書館の動き  長尾真・国立国会図書館長による長尾スキームの提 案  日本出版学会  ARGフォーラム ほか  100億円を超える補正予算の実現  自民党政権下での決定と、民主党政権下での維持  大規模デジタル化事業の発足  出版業界への衝撃  3省懇談会の開始  総務省、文部科学省、経済産業省  出版業界の参画 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  15. 15. 図書館が直面する相応に確かな事実  NDL大規模デジタル化事業が実現するもの  1960年代までの日本語の書籍と雑誌のデジタル 化(画像ファイルという前提)  NDL所蔵が原則  長尾スキームの射程  公共図書館等を通した利用者への提供  第3者機関を通した利用者への提供  3省懇談会による調整  テキストによる実証実験の模索 15 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  16. 16. Book2.0、そしてLibrary2.0へ さあ、次はどんな知に会いにいこう 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  17. 17. Book2.0、そしてBook Business2.0へ  グーテンベルグの呪縛からの解放  「書物」の復帰(Return)  「本」から「書物」へ  著者の拡大・読者の拡大  著者  「誰もが何かの専門家」という事実  デジタル情報技術によるマッチングの実現  読者  情報・知識への接触機会の拡大  ビジネスからエコシステムへ  Book Business 2.0  ARGフォーラム  『ブックビジネス2.0-デジタル時代の本・読者・アーカイブ』(近刊) 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  18. 18. さらにLibrary 2.0に向けて  図書館に突きつけられる事実-外から内から 1. デジタル化される本(「書物」化)をどうするか  NDL:1960年代まで  Google, Amazon, Apple 2. 機能としての不全、場としての不全  「無料貸本屋」としての限界  「課題解決支援」の寝言限界  「図書館海援隊」の笑止限界 3. アマチュアなライブラリアン  デジタル、ウェブとの途方もない距離感 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  19. 19. Library 2.0, Librarian 2.0 & Gov 2.0  Library 2.0  図書館のバザール化  「お静かに」から「賑やかに」への転身  コレクションの再構築  草津町での経験  Librarian 2.0  出版業界の陥穽  図書館業界の最後のチャンス  Future Librarian – U40  Code4Lib JAPAN  Gov 2.0  参加、協働、透明  The Commonsの挑戦  図書館系APIの登場 19 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  20. 20. 図書館はどうする? そして図書館問題研究会はどうする? 既存の図書館のこれからと、 図書館的なもののこれからの違い 20 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  21. 21. 全国大会に向けて  予定調和の世界を超えた多事争論を  『みんなの図書館』への驚き  訂正記事で済ませるお手軽さへの驚き  見えていない世界への想像力  「口蹄疫は他人事ではない」のその先  宮崎県立図書館の寒さ 21 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  22. 22. [PR#0]直近のお知らせ  2010-07-03(Sat):  DVD版内村鑑三全集刊行記念シンポジウムで講 演。  2010-07-10(Sat):  大図研オープンカレッジ「これからの学術系電子メ ディア(あるいは電子出版)」で講演。  2010-07-17(Sat):  共編著『 ブックビジネス2.0-デジタル時代の本・ 読者・アーカイブ』 刊行。 22 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  23. 23. [PR#1]L-1グランプリ  L-1グランプリ2010-若手ライブラリアンのため のワークショップ式登竜門  概要:  2010年11月25日(木)10:30~17:00  第12回図書館総合展会場(パシフィコ横浜)  賞金総額100万円  詳細:  チーム参加制  1チーム5名  過半数のメンバーは、40歳以下  業種・職種一切不問 23 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  24. 24. [PR#2]U40 - Future Librarian  U40 - Future Librarian 2010へのお誘い-未来 のために、いま私たちがしたいこと  メンバー求む 1. コアメンバー(事務局) - 実務面を担う人々。実際に動ける人 を前提とする。年齢等の制限は設けないが、中心的メンバー はU40(=Under40 40歳以下)とする。O40(Over 40 41歳以上)は自動的に役員的役職から退くことにする(主役 から縁の下の力持ちや、上司として「かっこよく」振る舞う) 2. スポンサー(寄付者) - 主に物質面(費用や設備、会場)で寄 付する人々。企業・団体も含む。 3. サポーター(賛同者) - 主に精神面で賛同する人々。  やります!なにかを、こんな場で  9月16日(木)~17日(金) - 全国図書館大会  11月24日(水)~26日(金) - 図書館総合展 24 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  25. 25. [PR#3]Code4Lib JAPAN  ライブラリー×ウェブの力を飛躍させる Code4Lib JAPAN  本家Code4Lib(アメリカを中心に活動)  2010年3月:Code4Lib 2010報告会、開催  2010年4月:Code4Lib JAPAN準備会、設立  2010年6月:図書館振興財団の助成金、獲得  850万円の資金+企業協賛  2010年7月:任意団体Code4Lib、発足見込み  夏以降、日本全国で講習会を開催 25 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  26. 26. ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 26 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.

×