Sts Network Japan(20090906)

933 views
850 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
933
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Sts Network Japan(20090906)

  1. 1. 「アカデミックリソースの持つ公共的な意義-“Pub.”を問い直す」<br />STS Network Japan夏の学校2009「科学技術コミュニケーション再考」<br />Science or Scientific?科学コミュニケーションの現在形<br />日時:2009年9月6日(日)<br />会場:石川県青少年総合研修センター<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />1<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  2. 2. 自己紹介<br />1997年 国際基督教大学(ICU) 卒業(春日匠氏・田中幹人氏は同期生)<br />教養学部 社会科学科 日本政治思想史専攻<br />編集者、校正者、翻訳家などを経て<br />1998年 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)創刊<br />1999年 ヤフー株式会社 入社<br />2004年 Yahoo!知恵袋をプロデュース(専任)<br />2006年 『これからホームページをつくる研究者のために』を刊行<br />2008年 ARGカフェ&ARGフェスト、開始<br />2008年 Yahoo!検索ランキング、プロデュース(専任)<br />2009年 Yahoo!ラボ、プロデュース(共同)<br />2009年 ヤフー株式会社 退職<br />2009年 ARGフォーラム、開始<br />2009年 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)を法人化(予定)<br />兼任:<br />情報処理学会DBS研究会/CH研究会運営委員<br />京都大学情報学研究科非常勤研究員、東京大学Creation Advisor<br />コンタクト:hatena/twitter: arg, mixi: 38899<br />2<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  3. 3. 参考:ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)<br />1998年7月創刊、週刊、4700部、無料<br />「インターネットの学術利用」がテーマ<br />約160人の執筆者、約390回の発行<br />3<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  4. 4. 参考:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)の配信登録方法<br />4<br />ARG<br />無料で毎週月曜日にお手元に!<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  5. 5. 今日の話の3要素<br />5<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  6. 6. “Academic”の意味を考える<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)11年の経験から-たまにある2反応<br />学者から-迎合的<br />市民から-権威的<br />ARGのスタンス<br />一億○○○社会<br />「火の玉」「総玉砕」「総懺悔」の極端<br />「総白痴化」から「総表現」へ<br />「総表現」幻想を超えて<br />「総専門家」への期待(Yahoo!知恵袋の経験)<br />6<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  7. 7. “Resource”の意味を考える<br />“Resource”と資源と<br />物的資源/人的資源<br />モノ化の印象<br />経営学的視座への批判<br />資本(“Capital”)<br />経済資本、文化資本、社会資本、人的資本、社会関係資本<br />ARGのスタンス<br />「生」の状態への関心<br />Interaction/Cycleのある風景<br />分野/立場を超えたツナガリ<br />7<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  8. 8. “Pub.”の意味を考える<br />公共的な意義<br />≒公共性(“Public”)<br />Open, Official, Common<br />Pub.<br />Publish, Publication, Publicity, Pub…<br />“Publish or Perish”における“Publish”<br />狭義の出版活動という罠<br />ARGのスタンス<br />“Public”にすること/「個」「私」を出る<br />“Home”から“Away”へ<br />関係性の中に身を置く<br />8<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  9. 9. ARGの模索―ARGカフェ&ARGフェストという実践<br />意図:<br />人と「ツナガル」ためのプラットフォーム<br />“Away”の重視<br />概要:<br />3ヶ月に1回開催(過去5回開催)<br />2008年7月、11月、2009年2月、6月、8月<br />東京->横浜->京都->仙台->大阪<br />平均参加者50名<br />様々な「専門家」によるライトニングトーク<br />10人前後、1人5分<br />Irish “Pub”での懇親会<br />スタンディングとキャッシュオンデリバリー<br />9<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  10. 10. 参考:第5回ARGカフェ@大阪の登壇者<br />10<br />ARG<br />久慈達也(神戸芸術工科大学)「新図書館ラボ-神戸芸術工科大学図書館の教育支援」<br />松村真宏(大阪大学)「異分野コラボレーションを成功させるたった一つの方法」<br />千本沢子(エル・ライブラリー)「名もなき人の」<br />林豊(京都大学附属図書館)「クリックしないリンクリゾルバの作り方」<br />三浦麻子(関西学院大学)「学会公式サイトのあるべき姿とは!?-日本社会心理学会の(暗中)模索」<br />松下光範(関西大学)「5分でわかる情報編纂」<br />小澤かおる(首都大学東京)「図書館できっとできるセクシュアル・マイノリティのサポート」<br />高久雅生(NIMS、CRESプロジェクト)「21世紀の新しい共同研究について」<br />光森奈美子(Lifo)「Lifoってこんなとこ!-関西チームの場合」<br />前嶋淳子(ミシガン大学)「Google Books-和解の先に見えてきたもの」<br />黒岩雅彦(クボタ)「大企業内“町工場”での情報伝承の試み」<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  11. 11. 結論以前のきれぎれの提起<br />11<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  12. 12. [PR] ARGの今後の活動予定<br />12<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />2009-09-13(Sun):<br />2009年日本社会情報学会(JSIS & JASI)合同研究大会でコメンテーター<br />於・新潟県/新潟大学<br />第1ワークショップ「若手研究者支援・実践型ワークショップ第三弾」蓄積・再編・駆使する/される情報 - アーカイブ、集合知、クラウ ド・コンピューティング<br />2009-09-13(Sun):<br />サイエンスカフェにいがた第28回カフェで講演<br />於・新潟県/ジュンク堂書店 新潟店<br />「自分メディアの時代、再び。-一人の市民でもできること with ソーシャル系サービス」<br />
  13. 13. [PR] 第6回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜の案内<br />2009-11-12(Thu):<br />於・神奈川県/パシフィコ横浜<br />第11回図書館総合展/学術情報オープンサミット2009にあわせて開催<br />近日、参加申込開始、ライトニングトーク登壇も募集<br />13<br />ARG<br />Awayへ<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  14. 14. ご清聴に感謝続きは討論で<br />ARG<br />本資料は後日、<br />ブログにて公開します<br />http://d.hatena.ne.jp/arg/<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />14<br />

×