Your SlideShare is downloading. ×
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
SentokyoKansai(20110917)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

SentokyoKansai(20110917)

1,041

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,041
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 震災に備える-ソフト・ハードから考える ITを用いた図書館の防災 専門図書館関西地区協議会秋季セミナー第1回 2011 年9月17日(土)/桃山学院大学 岡本真(Code4Lib JAPAN事務局長) 1
  • 2. Code4Lib JAPANイントロ:5分でわかるCode4Lib JAPAN -Code4Lib JAPANが目指すもの 2
  • 3. Code4Lib JAPANの目指すもの• ビジョン: – 日本の図書館をヤバくする• 事業: – 運営、研修、選定、提言、派遣の5事業 • 研修:1日~2日のワークショップ形式 – 9/26(月)仙台にて開催 – 今回のような講師派遣も実施• コアメンバー: – 江草由佳(国立教育政策研究所)、岡本真(アカデミック・リ ソース・ガイド株式会社)、小野永貴(筑波大学、株式会社し ずくラボ)、小野亘(一橋大学附属図書館)、川嶋斉(野田市 立興風図書館)、阪口哲男(筑波大学)、笹沼崇(ゆうき図書 館)、高久雅生(物質・材料研究機構)、常川真央(筑波大学、 株式会社しずくラボ)、林賢紀(農林水産研究情報総合セン ター)、丸山高弘(山中湖情報創造館、NPO法人地域資料デジ タル化研究会)、米田渉(成田市立図書館)• サポータ約50名、スポンサー4企業・団体 3
  • 4. 震災に備えるために -4つの論点から 4
  • 5. 本日の目的と方法• 目的: – 災害経験から学び、図書館員に対して非常時に備え る心構えと実務を学ぶ• 方法: – 簡潔な説明と詳細な実習の組合せ • 大切なこと: 1. 分からないと言うこと 2. 試してみること 3. 教えあうこと 4. 欲張らないこと(一気に全部は無理です~) 5
  • 6. 本日の構成1. クラウドにデータをバックアップしよう – 大規模なストレージではなく、簡易なクラウドサービスを 使う – 紹介サービス:Dropbox2. 発信のチャネルを増やしておこう – 公式サイト等に限らない情報発信環境を整えておく – 紹介サービス:Twitter、Facebook、Google+3. 被災情報を体系的・持続的に発信しよう – Wiki等を使った持続的な被災情報の発信を試みる – 紹介サービス:MediaWiki(saveMLAK Wiki)、Flickr4. 受援力を発揮しよう – 亡失した資料や設備の調達方法を学ぶ – 紹介サービス:Amazonほしい物リスト 6
  • 7. 1. クラウドにデータをバックアップしよう• 大規模なストレージではなく、簡易なクラウド サービスを使う – 紹介サービス:Dropbox 7 https://www.dropbox.com/
  • 8. 2. 発信のチャネルを増やしておこう• 公式サイト等に限らない情報発信環境を整えて おく – 紹介サービス:Twitter、Facebook http://www.twitter.com/ http://www.facebook.com/ 8
  • 9. 3. 被災情報を体系的・持続的に発信しよう• Wiki等を使った持続的な被災情報の発信を試み る – 紹介サービス:MediaWiki(saveMLAK Wiki)、Flickr http://savemlak.jp/ http://www.flickr.com/ 9
  • 10. 4. 受援力を発揮しよう• 亡失した資料や設備の調達方法を学ぶ – 紹介サービス:Amazonほしい物リスト http://www.amazon.co.jp/ 10
  • 11. 質疑応答 11
  • 12. ご清聴、感謝 ご質問はお気軽にWeb: http://www.code4lib.jp/Email: office@code4lib.jpTwitter: http://twitter.com/code4libjp 12

×