Ritsumei Dh Gcoe(20091106)

1,168 views
1,018 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,168
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ritsumei Dh Gcoe(20091106)

  1. 1. 学術知を市民知に変える学術情報発信へ-特にウェブ活用の観点から<br />立命館大学グローバルCOEプログラム<br />日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点<br />GCOEセミナー<br />日時:2009年11月6日(金)<br />会場:立命館大学アート・リサーチセンター<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />1<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  2. 2. 自己紹介-岡本真(おかもと・まこと)<br />現在:<br />アカデミック・リソース・ガイド株式会社<br />代表取締役、プロデューサー<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長<br />兼任<br />情報処理学会DBS研究会/CH研究会運営委員<br />京都大学情報学研究科非常勤研究員<br />東京大学Creation Advisor<br />国立情報学研究所産学連携研究員<br />著書『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)<br />過去:<br />国際基督教大学卒業(1997年)<br />編集者等を経て、<br />1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍<br />Yahoo!知恵袋、Yahoo!検索ランキング等の企画・設計・運用<br />2<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  3. 3. 0. 本日の目的と構成<br />目的:<br />11年間に渡って、インターネットの学術利用について、膨大な事例を紹介・批評してきているACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)の活動を知っていただく。<br />1.に基づき、立命館DH拠点に限らず、日本における学術情報発信の改善点を検討する素材を提供する。<br />構成:<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)の発行(オンライン)<br />ARGカフェ&ARGフェストの開催(オフライン)<br />3<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  4. 4. ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)の発行(オンライン)<br />情報と情報が出会える場を設計するということ<br />そして、そこからのコラボレーションへ<br />4<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  5. 5. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)<br />1998年7月創刊、週刊、4500部、無料<br />「インターネットの学術利用」がテーマ<br />約150人の執筆者、約400回の発行<br />5<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  6. 6. 創刊時の発想―2点でのつなぐメディアとして<br />分野と分野の間<br />市民と専門家の間<br />6<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  7. 7. ARGのビジョンとミッション(創刊時)<br />7<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  8. 8. 参考:ARGのビジョンの変遷<br />8<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  9. 9. メディアとしてのARGの成果(1)<br />9<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  10. 10. メディアとしてのARGの成果(2)-知見の先行<br />10<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  11. 11. メディアとしてのARGの成果(3)-構想の提言<br />11<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  12. 12. メディアとしてのARGの成果(4)-研究の誕生<br />12<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  13. 13. 批評・提言メディアとしてのARG-様々なレスポンスとインタラクション<br />13<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  14. 14. 批評・提言メディアとしてのARG-反応の事例として<br />14<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />国立国会図書館(NDL)<br />例:レファレンス協同データベース<br />例:PORTA<br />国立情報学研究所(NII)<br />例:CiNii<br />科学技術振興機構(JST)<br />例:J-Global<br />労働政策研究・研修機構(JILPT)<br />
  15. 15. 批評・提言メディアとしてのARG-無反応の事例として<br />15<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />東京大学史料編纂所<br />たとえば、サイト構成<br />国際日本文化研究センター<br />たとえば、新着情報<br />国文学研究資料館<br />たとえば、利用者限定方針と説明の仕方<br />国立科学博物館<br />たとえば、デザインとユーザビリティー<br />
  16. 16. 当面の結論に向かって#1-混沌とした自己内対話<br />16<br />ARG<br />コミットメントのあり方<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />優勝劣敗となるのか<br />規模の大小に依存せざるを得ないのか?<br />開放・限定のポリシー次第か?<br />公共性・共有財の意識の有無か?<br />組織の力学と個人の働きのバランスは?<br />全体的な底上げか、一点突破か?<br />
  17. 17. ARGカフェ&ARGフェストの開催(オフライン)<br />人と人が出会う場を設計するということ<br />そして、その出会いからのコラボレーションへ<br />17<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  18. 18. ARGカフェ&ARGフェスト<br />開催の実績・予定<br />第1回:秋葉原(2008-07)<br />60名<br />第2回:横浜(2008-11)<br />70名<br />第3回:京都(2009-02)<br />50名<br />第4回:仙台(2009-06)<br />50名<br />第5回:大阪(2009-08)<br />50名<br />第6回:横浜(2009-11予)<br />開催の形式・内容<br />カフェ<br />ライトニングトーク<br />フェスト<br />キャシュオンデリバリー<br />アウェー<br />一点でのツナガリ<br />18<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  19. 19. ARGカフェ&ARGフェストの企画―雑誌コミュニティの限界という問題把握<br />19<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  20. 20. ARGカフェ&ARGフェストの企画-解決イメージとしての多対多コミュニティ<br />20<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  21. 21. ARGカフェ&ARGフェストの設計<br />21<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  22. 22. ARGカフェ&ARGフェストの設計-アゥエー(他者と出会える場)<br />22<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />ARGの読者イベントとしての位置づけ<br />過度に強調せず、しかし手広くしすぎず<br />ARG読者という同一性を崩す仕掛け<br />非ARGクラスターの異質な他者への呼びかけ<br />ライトニングトークの分散化<br />立候補と打診のバランス<br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  23. 23. ARGカフェ&ARGフェストの設計-ライトニングトーク(他者を知れる場)<br />23<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />5分間のショートスピーチ<br />名刺代わりの自己紹介(約10人)<br />全参加者の20%に割り当て<br />1対4関係をつくりだす(場の花)<br />試算:50名の参加者<br />登壇者10名<br />     ×<br />聴講者40名<br />     =<br />登壇者1名+聴講者4名×10グループ<br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  24. 24. ARGカフェ&ARGフェストの設計-キャッシュオンデリバリー(他者と知り合える場)<br />24<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />立食パーティー<br />原則、食事代のみ、ドリンクは各自で支払い<br />様々な落差を考慮し、1500円~2000円に設定<br />お代わりによる席替え機会<br />2時間2杯目安、最低2回のチャンス<br />1対4×3=12人+α<br />大きな名札シールと名簿配布<br />名前を大きく、全員の氏名と所属<br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  25. 25. 参考:第1回ARGカフェ@東京の登壇者<br />25<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />永崎研宣(山口県立大学)「人文科学が直面した二つの課題-学術Webの10年を振り返って」<br />伊藤民雄(実践女子大学図書館)「Directory of Open Access Journals in Japanの紹介」<br />當山日出夫(立命館グローバルCOE/Blogやまもも書斎記)「デジタル・ヒューマニティーズ-自ら情報発信することの意味」<br />二村一夫(元 法政大学大原社会問題研究所)「ウェブ本と活字本-そのメリット、デメリット」<br />三中信宏(農業環境技術研究所)「学術系メーリングリストのライフステージ-〈EVOLVE〉15年の軌跡から」<br />赤間道夫(愛媛大学)「ARGと市民的専門家」<br />江上敏哲(国際日本文化研究センター)「ハーバード日記-ネットとリアルの境界線」<br />小笠原盛浩(東京大学大学院情報学環)「メディアとしてのネットの信頼性」<br />三輪佳子(フリーランス)「学術資料のバリアフリー化に何が必要か」<br />佐藤翔(筑波大学大学院)「大学生・院生にとってのブログによる学術コミュニケーションの可能性」<br />牛山素行(岩手県立大学総合政策学部)「災害調査速報の発信をめぐる試行錯誤」<br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  26. 26. 参考:第2回ARGカフェ@横浜の登壇者<br />26<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />坂口泉(OCLC)「WorldCat & WorldCat Registry」<br />松崎裕子(渋沢栄一記念財団 実業史研究情報センター)「メールマガジン「ビジネス・アーカイブズ通信」紹介」<br />久慈達也(神戸芸術工科大学)「「新しい時代の図書館研究会」の紹介」<br />林賢紀(農林水産研究情報総合センター)「大学院に入ってみました」<br />グッド長橋広行(ピッツバーグ大学東アジア図書館)「北米における日本の会社史研究の現状」<br />グッド和代(ピッツバーグ大学付属図書館)「日本の大学からのILL申し込みで困ること」<br />中村修(藤沢市文書館・滝乃川学園福祉文化室)「知的障害福祉施設のアーカイブズについて」<br />小澤かおる(和光大学修士課程)「少数者情報学にむけて-性的少数者への「情報保障」を例として」<br />110kA(図書館へ行こう!/図書館系ブログ集/図書館雑記&日記兼用)「図書館系ブログを集めて思ったこと」(仮)<br />原田隆史(慶應義塾大学)「Next-Lプロトタイプ、本日公開」<br />長神風二(東北大学脳科学グローバルCOE)「サイエンスコミュニケーターが嫉妬する図書館って何だ?」<br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  27. 27. 参考:第3回ARGカフェ@京都の登壇者<br />27<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />當山日出夫(立命館大学GCOE(DH-JAC))「学生にWikipediaを教える-知の流動性と安定性」<br />小橋昭彦(今日の雑学/NPO法人情報社会生活研究所)「情報社会の“知恵”について」<br />小篠景子(国立国会図書館)「「中の人」の語るレファレンス協同データベース」<br />三浦麻子(神戸学院大学)「社会心理学者として、ブロガーとして」<br />谷合佳代子(大阪産業労働資料館 エル・ライブラリー)「エル・ライブラリー開館4ヶ月-新しい図書管理システムとブログによる資料紹介」<br />村上浩介(国立国会図書館)「テレビからネットへ」<br />後藤真(花園大学)「人文「知」の蓄積と共有-歴史学・史料学の場合」<br />福島幸宏(京都府立総合資料館)「ある公文書館職員の憂鬱」<br />中村聡史(京都大学)「検索ランキングをユーザの手に取り戻す」<br />岡島昭浩(大阪大学)「うわづら文庫がめざすもの-資料の顕在化と連関」<br />嵯峨園子(中京大学情報科学研究科/ソシオメディア)「ライブラリアンの応用力!」<br />東島仁(京都大学大学院)「ウェブを介した研究者自身の情報発信に対する-「社会的な」しかし「明確でない」要請?」<br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  28. 28. 参考:第4回ARGカフェ@仙台の登壇者<br />28<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />矢内美どり(茨城大学図書館)「一人メディチ家宣言-良コンテンツには後払いの文化を!」<br />和知剛(郡山女子大学図書館)「「webでの展開に適したパスファインダー作成の試み」こぼれ話」<br />熊谷慎一郎(レファ協ほめまくり/宮城県図書館)「レファレンススライブラリアンはどこにいるのか」<br />渡邊愛子(東北大学附属図書館)「サービス現場のボトムアップな連携を!!学外者利用から考える」<br />福林靖博(国立国会図書館)「図書館の“ナレッジ”をくみ上げ、提供する」<br />長神風二(東北大学脳科学グローバルCOE)「図書館員からの発信求む-科学コミュニケーターから思うこと」<br />半澤智絵(東北大学附属図書館工学分館)「チームで力を発揮する-東北大学附属図書館理工系情報教育支援WGの活動」<br />林賢紀(農林水産研究情報総合センター)「日本国内図書館OPACリストの15年」<br />岡本真(ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG))「突撃・隣の図書館-図書館アポなし訪問のススメ」<br />武田こうじ(詩人)「街のことば-Book! Book! Sendai」<br />佐藤亜紀(山形大学附属図書館医学部分館)「ワタシはコミュニケーションに飢えている!MULU=みちのく大学図書館員連合準備中!参加者求む!!」<br />笹氣義幸(笹氣出版印刷)「学術の世界と市民を繋ぐために「印刷屋」にできること-フリーペーパー『まなびのめ』」<br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  29. 29. 参考:第5回ARGカフェ@大阪の登壇者<br />29<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />久慈達也(神戸芸術工科大学)「新図書館ラボ-神戸芸術工科大学図書館の教育支援」<br />松村真宏(大阪大学)「異分野コラボレーションを成功させるたった一つの方法」<br />千本沢子(エル・ライブラリー)「名もなき人の」<br />林豊(京都大学附属図書館)「クリックしないリンクリゾルバの作り方」<br />三浦麻子(関西学院大学)「学会公式サイトのあるべき姿とは!?-日本社会心理学会の(暗中)模索」<br />松下光範(関西大学)「5分でわかる情報編纂」<br />小澤かおる(首都大学東京博士課程)「図書館できっとできるセクシュアル・マイノリティのサポート」<br />高久雅生(物質・材料研究機構、CRESプロジェクト)「21世紀の新しい共同研究について」<br />光森奈美子(Lifo)「Lifoってこんなとこ!-関西チームの場合」<br />前嶋淳子(ミシガン大学)「Google Books-和解の先に見えてきたもの」<br />黒岩雅彦(クボタ)「大企業内“町工場”での情報伝承の試み」<br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  30. 30. 参考:第6回ARGカフェ@横浜の登壇者<br />30<br />ARG<br />岡野裕行(文学館研究会)「文学資料はどこにある?」<br />宮川陽子(福井県立図書館)「あなたの疑問に全国の図書館員が答えます-レファ協私設応援団のひそかな野望」<br />大塚真吾(物質・材料研究機構)「研究コミュニティを俯瞰してみよう」<br />江草由佳(国立教育政策研究所)「目は口ほどにものを言う?-Web情報探索行動における視線情報の分析」<br />福林靖博(国立国会図書館)「内と外-勉強会@中央線2年の軌跡」<br />下地雅美(沖縄県立看護大学附属図書館)「図書館員の視点で見た学び直し講座-私の“あはっ”体験」<br />坂本成生(横芝光町立図書館)「劇的!図書館ビフォー・アフター」<br />佐藤あづみ(岩沼市図書館)「絵本のお医者さん細うで繁盛記」<br />茂出木理子(お茶の水女子大学附属図書館)「反論のススメ-M・R的ライブラリアンの育て方」<br />参加者募集中(残り15席)<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  31. 31. ARGカフェ&ARGフェストのこれまで<br />31<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />参加者フォローアップ調査(第4回まで)<br />メール連絡可能な177名に依頼。56名回答(回収率3割)。<br />回答結果:<br />コラボレーションにつながった:41名(うち登壇者21名)<br />登壇者21名は全員有と回答<br />コラボレーション事例:<br />イベント開催、共同執筆、原稿依頼、施設見学、資料貸出、講演依頼、業務相談、就職相談、出版企画、別刷り交換、プロダクトレビュー依頼、会員入会、ネットワーク強化、花火大会、飲み会、食事会<br />今後への期待・要望<br />情報交換、共同研究、共同発表、共同事業、研究協力、サービス開発、イベント開催、ネットワーク強化、業務受発注、会員入会<br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  32. 32. 当面の結論に向かって#2-混沌とした自己内対話<br />32<br />ARG<br />参加者募集中(残り15席)<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />これまた優勝劣敗となるのか<br />笛吹けど踊らず?<br />分野による温度差?<br />オープン/クローズ志向?<br />中央/周縁/辺境的問題?<br />笛の吹き方にも課題か?<br />
  33. 33. [PR] ARGの今後の活動予定<br />2009-11-12(Thu):<br />第6回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜<br />於・神奈川県/パシフィコ横浜<br />その他(11/10~11/12図書館総合展中):<br />財政危機をチャンスに変える思考と戦略-低成長時代の図書館サービス指導理念<br />CiNiiリニューアル記念 ウェブAPIコンテスト優秀作品発表会<br />貸出履歴を利用した新しい利用者支援の展開リターンズ<br />“グーグル文化と日本”-研究者、図書館の立場からグーグル・ブック構想を評価する<br />Library of the Year 2009 最終選考会 ほか<br />33<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  34. 34. ご清聴に感謝続きは討論で<br />ARG<br />本資料は後日、<br />ブログにて公開します<br />http://d.hatena.ne.jp/arg/<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />34<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />

×