Your SlideShare is downloading. ×
0
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Otsuma(2010713)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Otsuma(2010713)

849

Published on

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
849
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 第11回「まとめ(1)-インターネット による情報・知識の変化」 大妻女子大学社会情報学科共通科目 「情報社会論」 日時:2010年7月13日(火) 会場:大妻女子大学 多摩キャンパス 岡本真 大妻女子大学社会情報学部非常勤講師 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 2. 参考:授業の全体計画 第1回 4月13日 インターネットとは何か-授業の概説とインターネットに関する基本的な説明 第2回 4月20日 情報・知識とは何か-私たちはこれまでどのように情報・知識に接してきたのか 第3回 4月27日 インターネットの特性(1)-検索エンジンの仕組み 第4回 5月11日 インターネットの特性(2)-検索エンジンでは検索できない情報 第5回 5月18日 インターネットの特性(3)-インターネットで使われている様々な仕組み - 5月25日 休講(教員海外出張につき) 第6回 6月1日 変わるインターネット(1)-ソーシャルメディア - 6月8日 休講(教員怪我につき) 第7回 6月15日 変わるインターネット(2)-メディアのインターネット対応 第8回 6月22日 変わり出した社会(1)-コミュニティーの変化 第9回 6月29日 変わり出した社会(2)-制度の変化 第10回 7月6日 変わり出した社会(3)-情報・知識の変化 第11回 7月13日 まとめ(1)-インターネットによる情報・知識の変化(教員の講義中心) 第12回 7月20日 まとめ(2)-インターネットによる情報・知識の変化(学生の発表中心) 第13回 7月27日 まとめ(3)-インターネットによる情報・知識の変化(教員・学生の討論中心) 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 3. 演習(再々々々々):Twitterを使う  IDを取得する  つぶやく(Tweet)  フォローする/される(arg)  ハッシュタグをつけてつぶやく(otsuma_is)  リプライしてみる/されてみる  RTしてみる/されてみる  ブロックする  #otsuma_isで意見を述べ、意見をもらってみる ※プロフィールには本名は入れないこと 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 4. 情報社会論 第11回 「まとめ(1)-インターネットによる 情報・知識の変化」 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 5. 復習(第1回): インターネットとウェブ インターネット •ウェブ •メール よく使われる「ウェブ」は、 =インターネットではない。 •その他 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 6. 復習(第2回): 情報・知識のとらえ方 Wisdom 参考: 丸山眞男著 (叡智) 『「文明論之概略」を読む』 (岩波新書、1986年) Intelligence (知性) Knowledge(知識) Information(情報) 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 7. 復習(第3回):インターネットの特性(1) -検索エンジンの仕組み クローリング(Crawling) インデキシング(Indexing) ランキング(Ranking) 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 8. 復習(第4回):インターネットの特性(2) -検索エンジンでは検索できない情報 情報・知識 Off Web On Web Media Memory Index デジタル化 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 9. 復習(第5回):インターネットの特性(3) -インターネットで使われている様々な仕組み  根幹システムのさらなる提供  クラウドコンピューティング  Google  Amazon  小規模事業者にとってのメリット  システム投資の軽減  柔軟な追加投資  争点としてのプラットフォームたるシステムの 提供 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 10. 復習(第6回):変わるインターネット(1) -ソーシャルメディア リアルタイム ソーシャル メディア 双方向 波及 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 11. 復習(第7回):変わるインターネット(2) -メディアのインターネット対応  「メディア」の多義性  手段/中身  マスメディアという存在  伝統的メディアの相対的な地位低下  利用者と広告主の態度変化  伝統的メディアのインターネット対応  テレビと新聞の現状-依然としての模索段階  補:ラジオ、雑誌の現状 11
  • 12. 復習(第8回):変わり出した社会(1) -コミュニティーの変化  コミュニティーとは何か  空間/時間/利害でのツナガリ  インターネット以前の変化  核家族化、少子社会化、高齢社会化  補:都市化と郊外化  インターネット以後の変化  機能の一部扶助・代替  コミュニティー代替の模索  コミュニティーの越境  補:インターネットの特性が果たした役割 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 13. 復習(第9回):変わり出した社会(2) - 制度の変化  制度とは何か  制度の変遷  歴史上の制度の変化事例  インターネットが制度に与えている影響  経済への影響  電子商取引(EC)の拡大と実態  オンライン広告の成長  株式市場のルール変更  法律への影響  一定のルール化  知的財産の見直し、著作権法の改正、コモンズという提案 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 14. 復習(第10回):変わり出した社会(3) -情報・知識の変化  情報・知識とは何か  復習(第2回)  情報に抱くイメージ  知識に抱くイメージ  情報・知識のとらえ方  情報・知識との接し方  情報・知識のライフサイクル  情報・知識の変化  生産の観点から  流通の観点から  利用の観点から  保存の観点から 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 15. 次回、次々回の討論の説明 参加はかなり重要です。 15 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 16. レポートの報告について  提出者のレポートは全員分を当日配布します。  来週火曜日、お手伝いしていただける方、歓迎で す。  自分のレポート内容について、全員3分以内 で的確に説明できる必要があります。  ただ読み上げるのでは、3分を超えてしまいます。  レポートの内容を簡潔にまとめておきましょう。  口頭での発表内容は評価対象になります。 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 17. 討論の仕方について  必ず、一人一回は、他の受講生のレポートに 対して、意見や質問をぶつけましょう。  聴かせてくれたお礼のつもりで。  質問された人は質問してくれた人や他の受講 生にわかりやすく回答しましょう。  聴かれたところは、レポートの強みや弱みです。  その上で、報告や質疑で共通して出てきた点 を全員で討論していきます。  教室がコミュニティーにならなくてはいけません。 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 18. (再々掲)レポート課題 力作を期待しています! 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 19. 再々掲:この授業の考え方  ゴールのイメージ:  情報・知識のあり方(中身と容れ物)について、あ なた自身の見方を確立していくきっかけができるこ と。  無意識に利用している便利なインターネットから、 意識的に利用できる便利なインターネットへ、イン ターネットとの適切な距離をとれること。  皆さんへのお願い:  単位のための出席はご遠慮ください。 19 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 20. 再々掲:この授業の評価  評価方法: 1. 事前課題レポートの提出とその内容 2. 上記レポートに基づいた討論での発言  評価基準: 1. 自分自身の賛否は別に、各回の授業内容を正確に理 解していることがうかがえるか(50点/100点満点中)。 2. 1. を前提とした上で、自分自身の考えを根拠を持っ て文章で論じ、口頭で述べることができるか(30点 /100点満点中)。 3. 授業の枠を超えて、自分自身で主体的・積極的に学 んだことがうかがえるか(20点/100点満点中)。 20 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 21. レポートの課題と条件  課題:  一連の授業内容を踏まえて、10年後の2020年では、私たちの 社会における情報・知識のあり方がどのようになっているか、あな た自身の考えをまとめてください。  全体像/個別像のいずれも可  必ず主張に根拠を示すこと  7月20日(火)、27日(火)の授業で内容について口頭で説明できる こと  条件:  字数:4000字以内  期限:2010年7月16日(金)  方法:電子ファイル(原則Word)で作成し、メールで提出  arg.editor@gmail.comに添付ファイルで送信すること  受信後6時間以内を目安に受信確認のメールをするので、メール返 信がない場合は、必ず問い合わせること 21 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 22. ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に 岡本真 大妻女子大学社会情報学部非常勤講師 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 22 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.

×