レファレンスの限界を超えて レファレンスのアーキテクチャーを再設計する 岡山県立図書館 図書館職員等研修講座 (レファレンス研修) 日時: 2009 年 10 月 9 日 ( 金 ) 会場: 岡山県立図書館 岡本真 ACADEMIC RESOU...
自己紹介 <ul><li>1997 年 国際基督教大学( ICU ) 卒業 </li></ul><ul><ul><li>教養学部 社会科学科 日本政治思想史専攻 </li></ul></ul><ul><ul><li>編集者、校正者、翻訳家などを...
参考: A CADEMIC  R ESOURCE  G UIDE (ARG) <ul><li>1998 年 7 月創刊、週刊、 4700 部、無料 </li></ul><ul><li>「インターネットの学術利用」がテーマ </li></ul><...
参考: ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の配信登録方法 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 無料で毎週月曜日にお手元に! ACADEMIC RESOURCE GUIDE ...
本日の目的と構成 <ul><li>目的 </li></ul><ul><li>レファレンスの現状を正確に理解する。 </li></ul><ul><li>現状のレファレンスの限界を認識する。 </li></ul><ul><li>現在の限界を乗り越え...
レファレンスの定義 <ul><li>我々の社会、あるいは図書館業界では、レファレンスはどう定義されているか </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE...
討論( 1 ):レファレンスの定義 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
参考:従来の辞事典の定義 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
参考: Wikipedia の定義 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
参考:レファレンス協同データベースの定義 <ul><li>あらゆる形式の記録された情報(知識)又は資料そのものにアクセスしようとする利用者に支援、助言及び指導を行う図書館サービス。支援、助言及び指導は、利用者に対する直接サービス及び間接サービス...
レファレンス再考 <ul><li>現行のレファレンスの限界を探る </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
現行のレファレンスの限界 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
レファレンスの限界-量的なバランス欠如 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
参考:公共図書館の職員数・来館数 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:日本の図書館統計 2008 ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
レファレンスの限界-双方への心理的圧力 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
参考:直接回答を避けるレファレンス http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
参考:直接回答を避けるレファレンス http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
参考:直接回答を避けるレファレンス http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
レファレンスの限界-学びあう機会の喪失 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 一人ひとりは、 何らかの分野の 専門家 ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
再掲:現行のレファレンスの限界 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
レファレンス再考 -アーキテクチャーからの再設計へ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
レファレンス再設計 <ul><li>アーキテクチャーからの再設計のために </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
事例としての Yahoo! 知恵袋 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
Yahoo! 知恵袋の利用者数推移(月間) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:ネットレイティングス ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
Yahoo! 知恵袋における質問・回答例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
Yahoo! 知恵袋の設計思想 ―インセンティブデザインを中心に http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
Q&A サイトへの信頼度( 2009 年 9 月) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:インターネットコム、リアルワールド リアルサーチ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
午後の討論に向けて アーキテクチャーからの再設計へ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
討論:限界を超えるレファレンスの アーキテクチャーを考える <ul><li>問題意識: </li></ul><ul><ul><li>レファレンスは原理的には「最後の砦」足りうると仮定 </li></ul></ul><ul><ul><li>同時に...
[PR] 全国図書館大会 U40 プレミアセッション <ul><li>2009-10-29(Thu): </li></ul><ul><ul><li>全国で同時多発開催 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>山形、仙台、水...
[PR] ARG の今後の活動予定 <ul><li>2009-11-12(Thu): </li></ul><ul><ul><li>第 6 回 ARG カフェ& ARG フェスト@横浜 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li...
ご清聴に感謝 続きは討論で 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 本資料は後日、 ブログにて公開します http://d...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Okayamalib(20091009)

1,004

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,004
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Okayamalib(20091009)"

  1. 1. レファレンスの限界を超えて レファレンスのアーキテクチャーを再設計する 岡山県立図書館 図書館職員等研修講座 (レファレンス研修) 日時: 2009 年 10 月 9 日 ( 金 ) 会場: 岡山県立図書館 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>1997 年 国際基督教大学( ICU ) 卒業 </li></ul><ul><ul><li>教養学部 社会科学科 日本政治思想史専攻 </li></ul></ul><ul><ul><li>編集者、校正者、翻訳家などを経て </li></ul></ul><ul><li>1998 年  ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 創刊 </li></ul><ul><li>1999 年 ヤフー株式会社 入社 </li></ul><ul><li>2004 年  Yahoo! 知恵袋をプロデュース(専任) </li></ul><ul><li>2006 年 『これからホームページをつくる研究者のために』を刊行 </li></ul><ul><li>2008 年  ARG カフェ& ARG フェスト、開始 </li></ul><ul><li>2008 年  Yahoo! 検索ランキング、プロデュース(専任) </li></ul><ul><li>2009 年  Yahoo! ラボ、プロデュース(共同) </li></ul><ul><ul><ul><li>2009 年 ヤフー株式会社 退職 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>2009 年  ARG フォーラム、開始 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>2009 年 アカデミック・リソース・ガイド株式会社、設立 </li></ul></ul></ul><ul><li>兼任: </li></ul><ul><ul><li>情報処理学会 DBS 研究会 /CH 研究会運営委員 </li></ul></ul><ul><ul><li>京都大学情報学研究科非常勤研究員、東京大学 Creation Advisor </li></ul></ul><ul><ul><li>コンタクト: hatena/Twitter: arg, mixi: 38899 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. 参考: A CADEMIC R ESOURCE G UIDE (ARG) <ul><li>1998 年 7 月創刊、週刊、 4700 部、無料 </li></ul><ul><li>「インターネットの学術利用」がテーマ </li></ul><ul><li>約 160 人の執筆者、約 390 回の発行 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  4. 4. 参考: ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の配信登録方法 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 無料で毎週月曜日にお手元に! ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  5. 5. 本日の目的と構成 <ul><li>目的 </li></ul><ul><li>レファレンスの現状を正確に理解する。 </li></ul><ul><li>現状のレファレンスの限界を認識する。 </li></ul><ul><li>現在の限界を乗り越えるためのレファレンスのアーキテクチャーを検討する。 </li></ul><ul><li>構成 </li></ul><ul><li>10:00 ~ 12:00 </li></ul><ul><ul><li>講義 </li></ul></ul><ul><li>12:00 ~ 13:00 </li></ul><ul><ul><li>昼食 </li></ul></ul><ul><li>13:00 ~ 14:30 </li></ul><ul><ul><li>討論 </li></ul></ul><ul><li>14:30 ~ 15:00 </li></ul><ul><ul><li>質疑・講評 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  6. 6. レファレンスの定義 <ul><li>我々の社会、あるいは図書館業界では、レファレンスはどう定義されているか </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  7. 7. 討論( 1 ):レファレンスの定義 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  8. 8. 参考:従来の辞事典の定義 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  9. 9. 参考: Wikipedia の定義 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  10. 10. 参考:レファレンス協同データベースの定義 <ul><li>あらゆる形式の記録された情報(知識)又は資料そのものにアクセスしようとする利用者に支援、助言及び指導を行う図書館サービス。支援、助言及び指導は、利用者に対する直接サービス及び間接サービスとして展開する。 </li></ul><ul><ul><li>レファレンス協同データベース事業データ作成・公開に関するガイドライン( 2005 ) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  11. 11. レファレンス再考 <ul><li>現行のレファレンスの限界を探る </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  12. 12. 現行のレファレンスの限界 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  13. 13. レファレンスの限界-量的なバランス欠如 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  14. 14. 参考:公共図書館の職員数・来館数 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:日本の図書館統計 2008 ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  15. 15. レファレンスの限界-双方への心理的圧力 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  16. 16. 参考:直接回答を避けるレファレンス http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  17. 17. 参考:直接回答を避けるレファレンス http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  18. 18. 参考:直接回答を避けるレファレンス http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  19. 19. レファレンスの限界-学びあう機会の喪失 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 一人ひとりは、 何らかの分野の 専門家 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  20. 20. 再掲:現行のレファレンスの限界 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  21. 21. レファレンス再考 -アーキテクチャーからの再設計へ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  22. 22. レファレンス再設計 <ul><li>アーキテクチャーからの再設計のために </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  23. 23. 事例としての Yahoo! 知恵袋 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  24. 24. Yahoo! 知恵袋の利用者数推移(月間) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:ネットレイティングス ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  25. 25. Yahoo! 知恵袋における質問・回答例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  26. 26. Yahoo! 知恵袋の設計思想 ―インセンティブデザインを中心に http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  27. 27. Q&A サイトへの信頼度( 2009 年 9 月) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:インターネットコム、リアルワールド リアルサーチ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  28. 28. 午後の討論に向けて アーキテクチャーからの再設計へ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  29. 29. 討論:限界を超えるレファレンスの アーキテクチャーを考える <ul><li>問題意識: </li></ul><ul><ul><li>レファレンスは原理的には「最後の砦」足りうると仮定 </li></ul></ul><ul><ul><li>同時に、現状では、破綻することは必至な状況にあると想定 </li></ul></ul><ul><ul><li>既存の枠組みにとらわれず、発想・思考すると、どのようなサービス設計が可能だろうか </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 発言を!-研修を文化講演会で終わらせないために
  30. 30. [PR] 全国図書館大会 U40 プレミアセッション <ul><li>2009-10-29(Thu): </li></ul><ul><ul><li>全国で同時多発開催 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>山形、仙台、水戸、東京、名古屋、三重、京都、大阪、沖縄 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>明るい笑顔で図書館の未来を語ろう </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>館種や立場を超えて幅広いネットワークを </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>今回は“ U40” で </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>40 歳以下の若手に脚光を </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>41 歳以上は、若手同士の媒介に </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  31. 31. [PR] ARG の今後の活動予定 <ul><li>2009-11-12(Thu): </li></ul><ul><ul><li>第 6 回 ARG カフェ& ARG フェスト@横浜 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>於・神奈川県/パシフィコ横浜 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>参加申込受付中 </li></ul></ul></ul><ul><li>その他( 11/10~11/12 図書館総合展中): </li></ul><ul><ul><li>財政危機をチャンスに変える思考と戦略-低成長時代の図書館サービス指導理念 </li></ul></ul><ul><ul><li>CiNii リニューアル記念 ウェブ API コンテスト優秀作品発表会 </li></ul></ul><ul><ul><li>貸出履歴を利用した新しい利用者支援の展開リターンズ </li></ul></ul><ul><ul><li>“ グーグル文化と日本”-研究者、図書館の立場からグーグル・ブック構想を評価する </li></ul></ul><ul><ul><li>Library of the Year 2009 最終選考会 ほか </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  32. 32. ご清聴に感謝 続きは討論で 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 本資料は後日、 ブログにて公開します http://d.hatena.ne.jp/arg/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×