Ni ipotal tokyo1(20120823)

499 views

Published on

Published in: Sports
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
499
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ni ipotal tokyo1(20120823)

  1. 1. 学問を生かす社 講義(7)会へ 「サービスの企画」 国立情報学研究所(NII)学術ポータル担当者研修 日時:2012年8月1日(水)~3日(金)/2012年8月22日(水)~24日(金) 会場:名古屋大学附属図書館/国立情報学研究所(NII) 1 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  2. 2. 「企画」するための格言まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。 ミッシェル・サラゲッタ Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  3. 3. VMSOを定めよう 学 問VMSO を 生 か す 社 会 へ 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  4. 4. VMSOを定めよう 学 問 を 生 か す 社 会 へ 4Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  5. 5. VMSOを定めよう Vision 学 問 を Mission 生 か す 社Strategy 会 へObjectives 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  6. 6. VMSOを定めよう Vision •実現すべき未来 学 問 を Mission •達成すべき使命 生 か す 社 •実施すべき戦略 会Strategy へObjectives •到達すべき目標 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  7. 7. 本日の目的と構成 Yahoo!知恵袋のVMSO(岡本担当時) Vision あらゆる疑問を解決! 学 あらゆる質問と回答が交換・共有される現実の 問 Mission 世界以上にリアルに人々とつながるコミュニ を ティーを創造する。 生 か (1)Yahoo! JAPAN IDを軸にしたプラット す フォーム化 社Strategy (2)集合知によるソーシャルメディア化 会 (3)日本語処理による知識発見の自動化 へ (4)利用シーンを問わないコモディティ化Objectives ○○PV、 ○○UU、○○質問数、○○回答数 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  8. 8. VMSOの重要性と扱い方 Vision/Missionとは?  目的の劣化や変化を防ぐ安全弁として 学  プロダクトを相対化する仕掛けとして 問 を Strategyとは? 生  実装計画の基礎として か Objectivesとは? す 社  PDCAサイクルによる検証の指標として 会 Plan, Do, Check, Action  へ 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  9. 9. VMSOを生かす鉄則 学 問 をVisionの前には、 生 か す 社 皆、平等である。 会 へ プロジェクト内の憲法 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  10. 10. 補足:インセンティブデザインという方法インセンティブデザイン 使いたくなる理由 使わざるを得ない理由 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  11. 11. 補足:ターゲティングという方法ターゲティング ユーザーの定義 ユーザー像の確立 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  12. 12. 補足:想定問答という方法 想定問答反・反対意見の埋め込み 反対意見の事前抑止 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  13. 13. 補足:プロモーションという方法プロモーション 無為というプロモーション ユーザー動線への露出 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  14. 14. 学問を生かす社 講義(7)会へ 「サービスの企画」 国立情報学研究所(NII)学術ポータル担当者研修 日時:2012年8月1日(水)~3日(金)/2012年8月22日(水)~24日(金) 会場:名古屋大学附属図書館/国立情報学研究所(NII) 14 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp

×