「次世代 OPAC の可能性 -検討と構築のための論点整理を中心に」 NEC  平成 20 年度 図書館研究会 日時: 2009 年 2 月 19 日 ( 木 ) 会場: NEC OBP ホール 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GU...
自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生。 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業。 </li></ul></...
参考: A CADEMIC  R ESOURCE  G UIDE (ARG) <ul><li>1998 年 7 月創刊、週刊、 4700 部、無料 </li></ul><ul><li>「インターネットの学術利用」がテーマ </li></ul><...
参考: ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の配信登録方法 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 無料で毎週月曜日にお手元に! ACADEMIC RESOURCE GUIDE ...
現行 OPAC の課題 4 つの観点から http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
現行 OPAC の課題 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
OPAC の課題-検索精度の低さ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
参考: OPAC の検索精度 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
参考: OPAC の検索精度 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
OPAC の課題-使い勝手の悪さ <ul><li>OPAC の構造 </li></ul><ul><li>ユーザビリティ上の課題 </li></ul><ul><li>事例(一部): </li></ul><ul><ul><li>戻りリンク </li...
OPAC の課題-書誌中心の構成 <ul><li>書誌の現行モデル </li></ul><ul><li>現行モデルの課題 </li></ul><ul><li>情報の一面性 </li></ul><ul><ul><li>提供者側の情報への限定 </...
OPAC の課題-所蔵重視の設計 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
様々な試行 次世代 OPAC の胎動-日本の動向を中心に http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
利用履歴活用の提案( 2006 年) <ul><li>岡本真「 Web2.0 時代の図書館- Blog 、 RSS 、 SNS 、 CGM 」 </li></ul><ul><ul><li>情報科学技術協会での講演( 2006-05-23 ) <...
参考: Amazon のレコメンド例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
Next-L 、 Project Shizuku の構想と開発 <ul><li>Project Next-L </li></ul><ul><li>Project Shizuku </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/...
進化する OPAC の事例(事例紹介) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
事例紹介( 1 ):書誌中心からの脱却 <ul><li>神戸市図書館情報ネットワーク蔵書検索システム </li></ul><ul><ul><li>https://www.lib.city.kobe.jp/opac/ </li></ul></ul...
事例紹介( 2 ):所蔵重視からの脱却 <ul><li>市川市立図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.city.ichikawa.chiba.jp/shisetsu/tosyo/tosmain.htm </l...
今後の検討と構築のために 論点整理を中心に http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
次世代 OPAC を論じる枠組み http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
ご清聴に感謝 / 続きは討論で 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 本資料は後日、 ブログにて公開します http:/...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Nec Library Forum(20090219)

1,803

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,803
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Nec Library Forum(20090219)

  1. 1. 「次世代 OPAC の可能性 -検討と構築のための論点整理を中心に」 NEC 平成 20 年度 図書館研究会 日時: 2009 年 2 月 19 日 ( 木 ) 会場: NEC OBP ホール 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生。 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業。 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) を創刊。 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行。 </li></ul></ul><ul><ul><li>最近の講演、講義、講習: </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>国立国会図書館、国立情報学研究所、全国図書館大会、 TRC ライブラリー・アカデミー、 Library of the Year 等 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. 参考: A CADEMIC R ESOURCE G UIDE (ARG) <ul><li>1998 年 7 月創刊、週刊、 4700 部、無料 </li></ul><ul><li>「インターネットの学術利用」がテーマ </li></ul><ul><li>約 150 人の執筆者、約 360 回の発行 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  4. 4. 参考: ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の配信登録方法 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 無料で毎週月曜日にお手元に! ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  5. 5. 現行 OPAC の課題 4 つの観点から http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  6. 6. 現行 OPAC の課題 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  7. 7. OPAC の課題-検索精度の低さ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  8. 8. 参考: OPAC の検索精度 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  9. 9. 参考: OPAC の検索精度 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  10. 10. OPAC の課題-使い勝手の悪さ <ul><li>OPAC の構造 </li></ul><ul><li>ユーザビリティ上の課題 </li></ul><ul><li>事例(一部): </li></ul><ul><ul><li>戻りリンク </li></ul></ul><ul><ul><li>ハイライト </li></ul></ul><ul><ul><li>ノーマッチ後の遷移 </li></ul></ul><ul><ul><li>前次リンク </li></ul></ul><ul><li>参考: </li></ul><ul><ul><li>「試論:理想の OPAC を求めて-ユーザビリティの観点から」(「現代の図書館」 45-3 、日本図書館協会、 2007-09-25 ) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  11. 11. OPAC の課題-書誌中心の構成 <ul><li>書誌の現行モデル </li></ul><ul><li>現行モデルの課題 </li></ul><ul><li>情報の一面性 </li></ul><ul><ul><li>提供者側の情報への限定 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>静的な情報 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>成長しない情報 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>出版社 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>図書館 </li></ul></ul></ul></ul><ul><li>孤立する情報 </li></ul><ul><ul><li>関係・文脈の欠落 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>いつ、なぜ、どこで、だれに、どのように </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>4W1H </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  12. 12. OPAC の課題-所蔵重視の設計 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  13. 13. 様々な試行 次世代 OPAC の胎動-日本の動向を中心に http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  14. 14. 利用履歴活用の提案( 2006 年) <ul><li>岡本真「 Web2.0 時代の図書館- Blog 、 RSS 、 SNS 、 CGM 」 </li></ul><ul><ul><li>情報科学技術協会での講演( 2006-05-23 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>後に『情報の科学と技術』 56-11 に収録 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 図書館は Amazon と同等以上のおすすめを実現できる ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  15. 15. 参考: Amazon のレコメンド例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  16. 16. Next-L 、 Project Shizuku の構想と開発 <ul><li>Project Next-L </li></ul><ul><li>Project Shizuku </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  17. 17. 進化する OPAC の事例(事例紹介) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  18. 18. 事例紹介( 1 ):書誌中心からの脱却 <ul><li>神戸市図書館情報ネットワーク蔵書検索システム </li></ul><ul><ul><li>https://www.lib.city.kobe.jp/opac/ </li></ul></ul><ul><li>日進市立図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://lib.city.nisshin.lg.jp/ </li></ul></ul><ul><li>尚絅学園図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.shokei-gakuen.ac.jp/library/ </li></ul></ul><ul><li>創価大学中央図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.soka.ac.jp/Library/ </li></ul></ul><ul><li>東京経済大学図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.tku.ac.jp/~library/ </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  19. 19. 事例紹介( 2 ):所蔵重視からの脱却 <ul><li>市川市立図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.city.ichikawa.chiba.jp/shisetsu/tosyo/tosmain.htm </li></ul></ul><ul><li>実践女子大学図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.jissen.ac.jp/library/ </li></ul></ul><ul><li>杉並区立図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.library.city.suginami.tokyo.jp/TOSHOW/ </li></ul></ul><ul><li>日進市立図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://lib.city.nisshin.lg.jp/ </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  20. 20. 今後の検討と構築のために 論点整理を中心に http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  21. 21. 次世代 OPAC を論じる枠組み http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  22. 22. ご清聴に感謝 / 続きは討論で 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 本資料は後日、 ブログにて公開します http://d.hatena.ne.jp/arg/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×