Kpl Advisor(20080220)

550 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
550
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Kpl Advisor(20080220)

  1. 1. Web2.0 時代に求められる 県立図書館の役割 -次世代 KL-NET に向けて 神奈川県立図書館アドバイザー・レクチャー 日時: 2008 年 2 月 20 日 ( 水 ) 会場: 神奈川県立川崎図書館 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) を創刊 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年、 TRC ライブラリー・アカデミーや文部科学省図書館地区別研修の講師を担当 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. 本日の構成 <ul><li>序論: </li></ul><ul><ul><li>Web2.0 とは </li></ul></ul><ul><li>本論: </li></ul><ul><ul><li>図書館の可能性 </li></ul></ul><ul><ul><li>図書館の課題 </li></ul></ul><ul><ul><li>県立図書館の役割 </li></ul></ul><ul><li>結論: </li></ul><ul><ul><li>次世代 KL-NET に向けて </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  4. 4. Web2.0 とは http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG Web というプラットフォーム
  5. 5. Web2.0 とは-オライリーによる原則 <ul><li>ティム・オライリーによる提唱 </li></ul><ul><ul><ul><li>O'Reilly, Tim. &quot;What Is Web 2.0 Design Patterns and Business Models for the Next Generation of Software&quot;. 2005-09-30. </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://www.oreillynet.com/lpt/a/6228 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 肖像権に付、不掲載 <ul><li>サービス提供者である。 </li></ul><ul><li>データソースをコントロールできる。 </li></ul><ul><li>ユーザーの無意識な参加を促す。 </li></ul><ul><li>集合知を利用する。 </li></ul><ul><li>ロングテールを理解する。 </li></ul><ul><li>プラットフォームを選ばない。 </li></ul><ul><li>リッチで軽い。 </li></ul>ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  6. 6. 様々な Web2.0 論 <ul><li>小川浩 </li></ul><ul><ul><li>「インターネット上でこの数年間に発生した Web の環境変化とその方向性(トレンド)をまとめたもの」(『ウェブ 2.0 ブック』インプレス、 2006 年、 18 頁) </li></ul></ul><ul><li>梅田望夫 </li></ul><ul><ul><li>「ネット上の不特定多数の人々(や企業)を、受動的なサービス享受者ではなく能動的な表現者と認めて積極的に巻き込んでいくための技術やサービス開発姿勢」(『ウェブ進化論』ちくま新書、 2006 年、 120 頁) </li></ul></ul><ul><li>大向一輝 </li></ul><ul><ul><li>「 2006 年現在にうまくいっているサービスをまとめたもの」(国立情報学研究所 平成 18 年度市民講座「 8 語で談じる情報学」 第 2 回「次世代ウェブ」、 2006-07-12 ) </li></ul></ul><ul><li>岡本真 </li></ul><ul><ul><li>「過去 10 年に対する建設的なアンチテーゼ」(「 Web2.0 時代の図書館 - Blog, RSS, SNS, CGM 」 2006 年) </li></ul></ul><ul><li>森健 </li></ul><ul><ul><li>「「ユーザー参加型」であり、ユーザーが提供したデータに基づく「膨大なデータベース」によって構成されるサービス」(『グーグル・アマゾン化する社会』光文社新書、 2006 年、 60 頁) </li></ul></ul><ul><li>佐々木俊尚 </li></ul><ul><ul><li>「 Web2.0 というムーブメントは九〇年代に失われつつあったインターネットの理想を取り戻そうという、ひとつの復古運動」(『次世代ウェブ』光文社新書、 2007 年、 81 頁) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  7. 7. 様々な Web2.0 論 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  8. 8. Web2.0 の概念図 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  9. 9. ユーザー参加による CGM http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  10. 10. データ開放による Mush Up http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  11. 11. ケーススタディ- CGM http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  12. 12. ケーススタディ- Mush Up http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  13. 13. 図書館の可能性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG そこにある 2 つの資産
  14. 14. 公共図書館が持つ 2 つの資産 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  15. 15. 公共図書館のネットワーク <ul><li>ネットワーク模式図 </li></ul><ul><li>神奈川県の場合 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  16. 16. 公共図書館の利用実績 <ul><li>全国の場合 </li></ul><ul><li>神奈川県の場合 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:図書館統計 2007 出典:社会教育調査 2005 参考:取次ルートの推定販売部数 7.5 億 出典:出版指標年報 2006 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  17. 17. 図書館の課題 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 直面する課題
  18. 18. 再び、オライリーによる原則 <ul><li>ティム・オライリーによる提唱 </li></ul><ul><ul><ul><li>O'Reilly, Tim. &quot;What Is Web 2.0 Design Patterns and Business Models for the Next Generation of Software&quot;. 2005-09-30. </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://www.oreillynet.com/lpt/a/6228 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 肖像権に付、不掲載 <ul><li>サービス提供者である。 </li></ul><ul><li>データソースをコントロールできる。 </li></ul><ul><li>ユーザーの無意識な参加を促す。 </li></ul><ul><li>集合知を利用する。 </li></ul><ul><li>ロングテールを理解する。 </li></ul><ul><li>プラットフォームを選ばない。 </li></ul><ul><li>リッチで軽い。 </li></ul>ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  19. 19. 直面する 2 つの課題 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  20. 20. システムとデータの分散 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  21. 21. 分散体制の課題 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 冗長な二重投資/困難なサービス連携 データソースのコントロールができていない
  22. 22. 県立図書館の役割 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 次世代の KL-NET に向けて
  23. 23. 県立図書館の役割-一元的な構築 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  24. 24. 県立図書館の役割-一元的な配信 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  25. 25. 県立図書館の役割-構築と配信 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  26. 26. 図書館間でのシステムとデータの関係 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  27. 27. ネットワークを介したシステムの提供とデータの配信 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 提供 利用 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  28. 28. 県立図書館を中心としたネットワークの構築 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG データソースをコントロールできる
  29. 29. 次世代 KL-NET の可能性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  30. 30. 次世代 KL-NET に向けて http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 残された 課題
  31. 31. 次世代 KL-NET 実現への条件 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  32. 32. 人材の獲得と財源の確保 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  33. 33. 法令の解釈と前例の打破 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  34. 34. Web2.0 時代に求められる県立図書館の役割 <ul><li>県立図書館による図書館システムと書誌データの集中開発 </li></ul><ul><li>開発した図書館システムと書誌データの県下の公共図書館への提供 </li></ul><ul><li>を軸に 「データソースをコントロールできる」 </li></ul><ul><li>次世代 KL-NET を実現 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  35. 35. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  36. 36. 参考資料 <ul><li>図書館法第 8 条 (協力の依頼) </li></ul><ul><ul><li>都道府県の教育委員会は、当該都道府県内の図書館奉仕を促進するために、市(特別区を含む。以下同じ。)町村の教育委員会に対し、総合目録の作製、貸出文庫の巡回、図書館資料の相互貸借等に関して協力を求めることができる。 </li></ul></ul><ul><li>公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準 </li></ul><ul><ul><li>都道府県立図書館と市町村立図書館とのネットワーク </li></ul></ul><ul><ul><li>都道府県立図書館は、都道府県内の図書館の状況に応じ、コンピュータ等の情報・通信機器や電子メディア等を利用して、市町村立図書館との間に情報ネットワークを構築し、情報の円滑な流通に努めるとともに、資料の搬送の確保にも努めるものとする。 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG

×