Kinokuniya(20090711)

676 views
642 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
676
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Kinokuniya(20090711)

  1. 1. 大学図書館員のための Library2.0 講座 -ウェブ、ライブラリー、そしてライブラリアン 紀伊國屋書店スタッフ向け研修会 日時: 2009 年 7 月 11 日 ( 土 ) 会場:紀伊國屋書店本社 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1998 年創刊、週刊、部数 4500 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>「インターネットの学術利用」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>「専門分野の横断」&「研究者と市民の接続」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>『これからホームページをつくる研究者のために』 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>2006 年刊、築地書館 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>元・ Yahoo! JAPAN ウェブプロデューサー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1999 年~ 2009 年 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! カテゴリ、 Yahoo! 検索、 Yahoo! 知恵袋、 Yahoo! 検索ランキング、 Yahoo! 百科事典、 Yahoo! ラボ </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. 参考: A CADEMIC R ESOURCE G UIDE (ARG) <ul><li>1998 年 7 月創刊、週刊、 4500 部、無料 </li></ul><ul><li>「インターネットの学術利用」がテーマ </li></ul><ul><li>約 150 人の執筆者、約 380 回の発行 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  4. 4. 本日の目的と構成 <ul><li>目的 </li></ul><ul><ul><li>ウェブとライブラリーの現状について、事実関係を正確に理解した上で、受講者一人ひとりが各自の置かれている状況に応じた具体的かつ現実的な改善提案をまとめる。 </li></ul></ul><ul><li>構成 </li></ul><ul><ul><li>講義 #1 「ウェブ」( 60 分: 45 分+質疑 15 分) </li></ul></ul><ul><ul><li>講義 #2 「ライブラリー」( 60 分: 45 分 + 質疑 15 分) </li></ul></ul><ul><ul><li>討論「ライブラリアン」( 60 分: 30 分+発表 30 分) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  5. 5. 講義 #1 : ウェブの過去と現在( 45 分 +15 分) <ul><li>インターネットとウェブ </li></ul><ul><li>検索エンジン </li></ul><ul><li>CGM/UGC と集合知 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  6. 6. 参考:インターネット利用者数及び 人口普及率の推移 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:平成 20 年版 情報通信白書 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  7. 7. 参考:インターネット利用端末の種類 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:平成 20 年版 情報通信白書 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  8. 8. インターネットとウェブ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE 「ウェブ=インターネット」 ではない。 Web (World Wide Web=WWW) は、 インターネットの一つ。
  9. 9. 検索エンジンによるデータ処理の 3 段階 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  10. 10. 検索エンジンの範囲 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE 検索対象となるのは、ウェブの一部分 リンクの有無が、 収集の条件
  11. 11. ユーザー参加による CGM/UGC http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  12. 12. 集合知の 2 分類 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  13. 13. Explicit な集合知と、その事例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  14. 14. Implicit な集合知と、その事例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  15. 15. 参考:飛躍的に拡大する CGM 利用 (知識・情報共有系) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:ネットレイティングス ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  16. 16. 新たな動き - API の公開促進とマイクロブログの台頭 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ <ul><li>学術系 API 公開状況: </li></ul><ul><ul><li>NII - CiNii </li></ul></ul><ul><ul><li>NDL - PORTA </li></ul></ul><ul><li>参考: </li></ul><ul><ul><li>JST - J-Global </li></ul></ul>携帯電話向け CiNii ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  17. 17. 講義 #2 : 図書館のウェブ活用( 45 分 +15 分) <ul><li>OPAC </li></ul><ul><li>レファレンス </li></ul><ul><li>その他 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  18. 18. OPAC の課題 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  19. 19. 事例紹介( 1 ):書誌中心からの脱却 <ul><li>神戸市図書館情報ネットワーク蔵書検索システム </li></ul><ul><ul><li>https://www.lib.city.kobe.jp/opac/ </li></ul></ul><ul><li>尚絅学園図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.shokei-gakuen.ac.jp/library/ </li></ul></ul><ul><li>創価大学中央図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.soka.ac.jp/Library/ </li></ul></ul><ul><li>東京経済大学図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.tku.ac.jp/~library/ </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  20. 20. 事例紹介( 2 ):所蔵重視からの脱却 <ul><li>市川市立図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.city.ichikawa.chiba.jp/shisetsu/tosyo/tosmain.htm </li></ul></ul><ul><li>実践女子大学図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.jissen.ac.jp/library/ </li></ul></ul><ul><li>杉並区立図書館 </li></ul><ul><ul><li>http://www.library.city.suginami.tokyo.jp/TOSHOW/ </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  21. 21. 次世代 OPAC 論への違和感 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  22. 22. レファレンスの課題 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  23. 23. 再掲-参考:飛躍的に拡大する CGM 利用 (知識・情報共有系) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:ネットレイティングス ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  24. 24. その他-大学図書館のトレンドを巡って http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  25. 25. 補論:発信するライブラリー( 1 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ http://r.hatena.ne.jp/the-per/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  26. 26. 補論:発信するライブラリー( 2 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ http://www.lib-yamanakako.jp/web/web.html ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  27. 27. 補論:発信するライブラリアン( 1 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ http://ochadailisa.blog32.fc2.com/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  28. 28. 補論:発信するライブラリアン( 2 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ http://d.hatena.ne.jp/yoshim32/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  29. 29. 補論:発信するライブラリアン( 3 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ http://blogs.yahoo.co.jp/bpxdx655 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  30. 30. 討論: ライブラリアンの力( 30 分 +30 分) 一人でできること、 一人でもできること http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  31. 31. 論題:明日からの行動計画 <ul><li>講義を踏まえ、 </li></ul><ul><li>受講者一人ひとりが、 </li></ul><ul><li>現在の勤務先でいま何ができるのかを </li></ul><ul><li>具体的に考え、 </li></ul><ul><li>他の受講者と討論しながら、 </li></ul><ul><li>明日からの行動計画をまとめる。 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 30 分の使い方は自由。 30 分後に各グループ 1 名発表
  32. 32. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  33. 33. 明日からの行動計画(ワークシート) <ul><li>(                               ) </li></ul><ul><li>というウェブの動向を参考にしつつ、 </li></ul><ul><li>勤務先が抱える </li></ul><ul><li>(                               ) </li></ul><ul><li>という問題を解決するために、 </li></ul><ul><li>(                               ) </li></ul><ul><li>に取り組み、(      年    月    日)までに、 </li></ul><ul><li>(                             ) </li></ul><ul><li>という成果を挙げる。 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG

×