Kdu(20081112)

646 views
590 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
646
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Kdu(20081112)

  1. 1. 大学の環境・資産を活かすために -ウェブ隆盛期における図書館の歩む道 神戸芸術工科大学 「新しい時代の図書館研究会」(仮称) 第 1 回研究交流会 「 Web2.0 時代の図書館の情報発信」 日時: 2008 年 11 月 12 日 ( 水 ) 神戸芸術工科大学クリエイティブセンター 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) とは http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  3. 3. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) (週刊、約 4700 部)を創刊 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul><ul><ul><li>最近の講演: </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>国立国会図書館、国立情報学研究所、京都図書館大会、日本アーカイブズ学会、全国図書館大会等 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  4. 4. A CADEMIC R ESOURCE G UIDE (ARG) <ul><li>1998 年 7 月創刊、週刊、 4700 部、無料 </li></ul><ul><li>「インターネットの学術利用」がテーマ </li></ul><ul><li>約 150 人の執筆者、約 350 回の発行 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  5. 5. 参考: ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の配信登録方法 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 無料で毎週月曜日にお手元に! ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  6. 6. 本日の構成 学術資源の観察者・批評者・提案者として http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  7. 7. 構成と目的 <ul><li>さまざまな Practice </li></ul><ul><ul><li>8 事例の紹介 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>他を知り、自らを知る </li></ul></ul></ul><ul><li>事例から見えてくるもの </li></ul><ul><ul><li>8 事例の分析 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>選択肢を俯瞰する </li></ul></ul></ul><ul><li>新しい時代の図書館に向けて </li></ul><ul><ul><li>事例と実情に基づく提案 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>具体的な可能性を考える </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  8. 8. さまざまな Practice 日本のアート系大学の 8 事例から http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  9. 9. 京都市立芸術大学 -伝音アーカイブズ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  10. 10. 京都工芸繊維大学附属図書館 - KIT 学術成果コレクション http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  11. 11. 京都造形芸術大学芸術文化情報センター -幕末維新期役者絵データベース http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  12. 12. 多摩美術大学図書館 ― 瀧口修造文庫 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  13. 13. 武蔵野美術大学美術資料図書館 -サイバーミュージアム(優秀作品展) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  14. 14. 東京芸術大学 附属図書館 -芸大教員アーカイヴ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  15. 15. 金沢美術工芸大学附属図書館 -絵手本 DB http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  16. 16. 神戸芸術工科大学図書館 -学部卒業研究(画像データベース) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  17. 17. 事例から見えてくるもの 2 つの方向性・可能性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  18. 18. 様々な Practice の類型 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  19. 19. 類型( 1 ) -「過去の遺産」の現在・未来への継承 <ul><li>京都市立芸術大学 </li></ul><ul><ul><li>伝音アーカイブズ </li></ul></ul><ul><li>京都造形芸術大学 </li></ul><ul><ul><li>役者絵データベース </li></ul></ul><ul><li>多摩美術大学 </li></ul><ul><ul><li>瀧口修造文庫 </li></ul></ul><ul><li>金沢美術工芸大学 </li></ul><ul><ul><li>絵手本 DB </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  20. 20. 類型( 2 ) -「現在の資産」の現在・未来への継承 <ul><li>京都工芸繊維大学 </li></ul><ul><ul><li>学術成果コレクション </li></ul></ul><ul><li>武蔵野美術大学 </li></ul><ul><ul><li>優秀作品展 </li></ul></ul><ul><li>東京芸術大学 </li></ul><ul><ul><li>芸大教員アーカイヴ </li></ul></ul><ul><li>神戸芸術工科大学 </li></ul><ul><ul><li>学部卒業研究 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  21. 21. 2 類型の要素-過去と現在と http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  22. 22. 新しい時代の図書館に向けて 神戸芸術工科大学の可能性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  23. 23. 神戸芸術工科大学という「場」 <ul><li>設立 </li></ul><ul><ul><li>1989 年 </li></ul></ul><ul><ul><li>創立 20 周年 </li></ul></ul><ul><li>卒業生 </li></ul><ul><ul><li>総数 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>約 4400 名 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>2007 年度 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>約 250 名 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  24. 24. 思考するための素材 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  25. 25. 思考する素材として-戦前選挙ポスター http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  26. 26. 思考する素材として- The Paper Chase http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  27. 27. 2 つの素材からのリフレクション http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  28. 28. 再掲:神戸芸術工科大学図書館 -学部卒業研究(画像データベース) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  29. 29. 新しい時代の図書館に向けて http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  30. 30. 作家・作品アーカイブのかたち http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  31. 31. 作家・作品アーカイブのかたち http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  32. 32. 作家・作品データベースが生み出すもの http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ Remind Remember Memory 仕事 思い出 記憶 自覚 誇り 自負 ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  33. 33. まとめとして 神戸芸術工科大学、二十歳の選択 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  34. 34. これからの議論のために <ul><li>さまざまな Practice </li></ul><ul><ul><li>神戸芸術工科大学を含む 8 事例 </li></ul></ul><ul><li>事例から見えてくるもの </li></ul><ul><ul><li>「いまそこにある」資産の提示 </li></ul></ul><ul><li>新しい時代の図書館に向けて </li></ul><ul><ul><li>いまとつながる作家・作品アーカイブの提案 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE 図書館を核とした新しい教育研究活動と情報発信の在り方
  35. 35. 続きは、質疑で 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  36. 36. [ PR ] ARG の主な活動予定 <ul><li>2008-11-26 (水)~ 2008-11-28 (金) </li></ul><ul><ul><li>第 10 回図書館総合展 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Library of the Year 2008 、第 10 回図書館総合展 - 私の理想の図書館-丸善ライブラリーニュースアドバイザーの集い(公開編集会議)、第 2 回 ARG カフェ& ARG フェスト(※別紙参照) </li></ul></ul></ul><ul><li>2008-12-03 (水)~ 2009-02-18 (水) </li></ul><ul><ul><li>TRC ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン 2008 」 </li></ul></ul><ul><li>2008-12-09 (火) </li></ul><ul><ul><li>BMB2008 (第 31 回日本分子生物学会年会・第 81 回日本生化学会大会合同大会) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>フォーラム「生命科学における科学研究情報の共有のあり方-学術情報への市民によるアクセス、研究コミュニティでの共有、研究者による情報発信」 </li></ul></ul></ul><ul><li>2009-01-15 (木) </li></ul><ul><ul><li>全国公共図書館サービス部門研究集会・近畿公共図書館協議会研究集会「新たな地域の情報拠点をめざして-図書館活動と情報発信」 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>講演「いま図書館に求められる情報発信とウェブ活用」 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  37. 37. [ PR ]第 2 回 ARG カフェ& ARG フェスト のお誘い <ul><li>2008-11-28 (金) </li></ul><ul><ul><li>第 1 部(無料) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ライトニングトーク(於・みなとみらい) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>坂口泉( OCLC )「 WorldCat & WorldCat Registry 」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>松崎裕子(渋沢栄一記念財団 実業史研究情報センター)「メールマガジン「ビジネス・アーカイブズ通信」紹介」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>久慈達也(神戸芸術工科大学)「「新しい時代の図書館研究会」の紹介」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>林賢紀(農林水産研究情報総合センター)「大学院に入ってみました」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>グッド長橋広行(ピッツバーグ大学東アジア図書館)「北米における日本の会社史研究の現状」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>グッド和代(ピッツバーグ大学付属図書館)「日本の大学からの ILL 申し込みで困ること」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>中村修(藤沢市文書館・滝乃川学園福祉文化室)「知的障害福祉施設のアーカイブズについて」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>小澤かおる(和光大学修士課程)「少数者情報学にむけて-性的少数者への「情報保障」を例として」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><li>第 2 部(会費制) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>懇親会(於・関内) </li></ul></ul></ul><ul><li>お申し込み、受付中(岡本まで) </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×