Jsai2009 Special(20090617)

789 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
789
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Jsai2009 Special(20090617)

  1. 1. ウェブ技術と産学連携 -世界を変えるイノベーションを生み出すために 第 23 回 人工知能学会全国大会( JSAI2009 ) 特別セッション「研究とビジネスの境界で」 日時: 2009 年 6 月 17 日 ( 水 ) 会場: サンポートホール高松 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>経歴 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) (週刊、約 5000 部)を創刊 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>職歴 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>出版(編集)->ウェブ(編集 / プロデュース)->? </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Contact </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>hatena/twitter: arg, mixi: 38899 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. 参考: A CADEMIC R ESOURCE G UIDE (ARG) <ul><li>1998 年 7 月創刊、週刊、 4700 部、無料 </li></ul><ul><li>「インターネットの学術利用」がテーマ </li></ul><ul><li>約 150 人の執筆者、約 380 回の発行 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  4. 4. 1. 本報告の対象と範囲 <ul><li>問題意識: </li></ul><ul><ul><li>シリコンバレーの活力 </li></ul></ul><ul><ul><li>Web 企業と大学・研究機関の関係 </li></ul></ul><ul><li>限界点: </li></ul><ul><ul><li>日本の Web 企業に限定し、 </li></ul></ul><ul><ul><li>特に 2004 年以降の見聞に基づく </li></ul></ul><ul><ul><li>概観 </li></ul></ul><ul><li>もう一つの視角 </li></ul><ul><ul><li>2004 年という時代 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  5. 5. 2. 端緒としての社会情報学フェア 2005 <ul><li>社会情報学フェア 2005 </li></ul><ul><ul><li>Web が生み出す関係構造と社会ネットワーク分析 ワークショップ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>現在の mixi が匿名化済みの約 36 万 ID 分のデータを提供 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>3 グループの研究発表 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>森グループ </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>湯田グループ </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>松尾グループ </li></ul></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ http://www.ai.soc.i.kyoto-u.ac.jp/sifair2005/index_j.html ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  6. 6. 2. 端緒としての社会情報学フェア 2005 <ul><li>社会情報学フェアの成果 </li></ul><ul><li>モデルの先取り的な提示 </li></ul><ul><ul><li>ウェブ企業と信頼関係を築き研究への協力を得たこと </li></ul></ul><ul><ul><li>企業が内部に保有する機密データの提供を受けたこと </li></ul></ul><ul><ul><li>その研究成果を発表する機会を設けたこと </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  7. 7. 3. 研究協力から共同研究へ <ul><li>社会情報学フェア 2005 以前 </li></ul><ul><ul><li>小川らによる口コミサイト研究( 2003 ) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Powered by @cosme </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>三浦、山下らによるブログ研究( 2003 ~ 2004 ) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Powered by はてな、ライブドア、 NTT データ </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  8. 8. 3. 研究協力から共同研究へ <ul><li>共同研究の拡大 </li></ul><ul><ul><li>三浦・川浦 ×Yahoo! JAPAN </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! 知恵袋利用者の心理・行動調査 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>共同での調査表作成 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! 知恵袋でのアンケート実施 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! 知恵袋からのデータ抽出 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>共同での結果分析 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>共同での研究発表 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><li>その他、事例多数 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  9. 9. 4. 企業研究所の設立 <ul><li>楽天技術研究所 </li></ul><ul><li>Yahoo! JAPAN 研究所 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  10. 10. 5. 広がる大規模データ提供 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG ウェブ企業が有する大規模データ
  11. 11. 5. 広がる大規模データ提供 <ul><li>2006 年 </li></ul><ul><ul><li>『価格 .com 』データ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>カカクコム⇒一橋大学 </li></ul></ul></ul><ul><li>2007 年 </li></ul><ul><ul><li>「 Yahoo! 知恵袋」データ(知恵袋コーパス) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! JAPAN⇒ 国立情報学研究所、国立国語研究所 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Web 日本語 N グラム第 1 版 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Google⇒ 言語資源協会 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Yahoo! 検索のクエリーデータ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! JAPAN⇒ 文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」情報爆発時代に向けた新しい IT 基盤技術の研究 </li></ul></ul></ul><ul><li>2008 年 </li></ul><ul><ul><li>Yahoo! ブログ データ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! JAPAN⇒ 国立情報学研究所、国立国語研究所 </li></ul></ul></ul><ul><li>2009 年 </li></ul><ul><ul><li>EDGE Datasets </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ライブドア⇒希望者 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>「 Yahoo! 知恵袋」データ第 2 弾(知恵袋コーパス) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! JAPAN⇒ 国立情報学研究所 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  12. 12. 5. 広がる大規模データ提供 <ul><li>展開 </li></ul><ul><li>大規模データに関する意識の広がり / 深まり </li></ul><ul><ul><li>第 2 回 SBM 研究会における 3 者間(利用者、研究者、提供者)議論 </li></ul></ul><ul><li>課題 </li></ul><ul><li>利用者情報の流出 </li></ul><ul><ul><li>AOL による 65 万 8000 人分の検索クエリーデータ公開( 2006 年 8 月) </li></ul></ul><ul><li>顧客からの反発 </li></ul><ul><ul><li>松井証券の株式売買データ提供計画の無期延期( 2007 年 5 月) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  13. 13. 6. 協賛・後援から共催・主催へ <ul><li>WebDB(DBWeb) にみる変化 </li></ul><ul><ul><li>招待講演者から運営・実行委員へ </li></ul></ul><ul><li>共催事例( 2008 年): </li></ul><ul><ul><li>知識共有コミュニティワークショップ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>情報社会学会 ×Yahoo! JAPAN </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>リコメンデーションサービスコンテスト </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会 ×so-net </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>※ いずれも データセット提供 と対 </li></ul></ul></ul><ul><li>主催事例( 2008 年): </li></ul><ul><ul><li>楽天研究開発シンポジウム 2008 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  14. 14. 7. 単発から連続へ、座学から実践へ <ul><li>連続講座の増加 </li></ul><ul><ul><li>2006 年 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>東京大学メディアコンテンツに関する学部横断型教育プログラム「メディアコンテンツ特別講義」( Yahoo! JAPAN )※継続中 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>早稲田大学寄附講座「 WEB 検索技術」( Yahoo! JAPAN )※継続中 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>2007 年 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>慶應義塾大学寄附講座「革新的ネットサービスの構築」(ニフティ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>金沢工業大学 楽天プロジェクト(楽天) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>2008 年 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>東京工業大学大学院「数理・計算科学特論」( Yahoo! JAPAN ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>早稲田大学寄附講座「 IT 時代のビジネスモデルの策定」(サイボウズ) </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  15. 15. 7. 単発から連続へ、座学から実践へ <ul><li>実践講座の増加 </li></ul><ul><ul><li>企画立案 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>慶應義塾大学寄附講座「革新的ネットサービスの構築」(ニフティ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>金沢工業大学 楽天プロジェクト(楽天) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>早稲田大学寄附講座「 IT 時代のビジネスモデルの策定」(サイボウズ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>開発実装 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>東京工業大学大学院「数理・計算科学特論」( Yahoo! JAPAN ) </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  16. 16. 8. そして共同開発と実証実験へ <ul><li>2005 年 </li></ul><ul><ul><li>店舗情報検索エージェント実験 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>goo ラボ × 東京大学生産技術研究所 </li></ul></ul></ul><ul><li>2007 年 </li></ul><ul><ul><li>検索 UI ラボ &quot;goo× 多摩美術大学 &quot; コラボレーション </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>goo ラボ × 多摩美術大学 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>不動産物件検索エンジンいえーい </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>チームラボ × 早稲田大学 </li></ul></ul></ul><ul><li>2008 年 </li></ul><ul><ul><li>kizasi ・京都産業大学 共同研究プロジェクト </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>きざしラボ × 京都産業大学 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>みんなの経験 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ニフティ ×NAIST </li></ul></ul></ul><ul><li>2009 年 </li></ul><ul><ul><li>Rerank </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! ラボ × 京都大学 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  17. 17. 9. サービス搭載と大学発ベンチャー <ul><li>サービスへの搭載事例: </li></ul><ul><ul><li>Yahoo! ブログ検索 - 「キーワードの注目度」機能 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>東京工業大学奥村研究室 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>2006 年~ </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>goo 辞書 - オノマトペディア </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>お茶の水女子大学渡辺研究室 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>2008 年~ </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  18. 18. 9. サービス搭載と大学発ベンチャー <ul><li>独力での起業 </li></ul><ul><ul><li>プリファードインフラストラクチャー </li></ul></ul><ul><ul><li>ユーザーローカル </li></ul></ul><ul><ul><li>リッテル </li></ul></ul><ul><ul><li>チームラボ </li></ul></ul><ul><li>共同での起業 </li></ul><ul><ul><li>ブログウオッチャー </li></ul></ul><ul><li>研究室の起業 </li></ul><ul><ul><li>サイジニア </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  19. 19. 10. ウェブ技術と産学連携に向けて <ul><li>相当の進捗と限界: </li></ul><ul><ul><li>散発的・一方向的な連携の模索段階 </li></ul></ul><ul><li>シニカルな見方: </li></ul><ul><ul><li>企業: CSR の普及期における社会貢献の一環 </li></ul></ul><ul><ul><li>大学:競争的研究資金環境での連携実績づくり </li></ul></ul><ul><li>理想形: </li></ul><ul><ul><li>産業側のニーズと研究側のシーズとの最適なマッチング </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  20. 20. 10. ウェブ技術と産学連携に向けて <ul><li>具体的な処方として、 </li></ul><ul><ul><li>目的と手段を明確にした課題提示と解法提案 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>企業: </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>解決したい課題の提示と、課題解決に必須の資源の提供 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>大学・研究機関: </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>課題の解法の提案と、解法の実現に必須な資源の要求 </li></ul></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  21. 21. 注記:本報告の詳細について <ul><li>人工知能学会誌 24-4 ( 2009 年 7 月)に、「 Web 技術と産学連携」と題して掲載される予定です。 </li></ul><ul><li>紹介した各事例に関する文献等は、上記論考をご参照ください。 </li></ul><ul><li>上記論考には一連の流れを整理した年表も掲載しています。 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  22. 22. ご清聴に感謝 続きはパネルディスカッションで 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 本資料は後日、 ブログにて公開します http://d.hatena.ne.jp/arg/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×