• Save
Jsai2009 Mentaling(20090617)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Jsai2009 Mentaling(20090617)

on

  • 710 views

 

Statistics

Views

Total Views
710
Views on SlideShare
710
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Jsai2009 Mentaling(20090617) Presentation Transcript

  • 1. 「企業は研究者をどう見つけるか - Findabilty/Visibility 向上のためのウェブ活用のススメ」 第 23 回 人工知能学会全国大会( JSAI2009 ) メンタリングセッション 日時: 2009 年 6 月 17 日 ( 水 ) 会場: サンポートホール高松 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  • 2. 自己紹介
    • 岡本真(おかもと・まこと)
      • 経歴
        • 1973 年、東京都で出生
        • 1997 年、国際基督教大学を卒業
        • 1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) (週刊、約 5000 部)を創刊
        • 2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行
      • 職歴
        • 出版(編集)->ウェブ(編集 / プロデュース)->?
      • Contact
        • hatena/twitter: arg, mixi: 38899
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 3. 参考: A CADEMIC R ESOURCE G UIDE (ARG)
    • 1998 年 7 月創刊、週刊、 4700 部、無料
    • 「インターネットの学術利用」がテーマ
    • 約 150 人の執筆者、約 380 回の発行
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  • 4. 参考: ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の配信登録方法 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 無料で毎週月曜日にお手元に! ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 5. データ #1 :博士課程の在籍者数
    • 学校基本調査より
      • 大学院生数
        • 26 万 3000 人
          • 修士課程在籍者数: 16 万 5000 人
          • 博士課程在籍者数:  7 万 4000 人
          • その他課程在籍者:  2 万 3000 人
      • 参考:学部学生数
        • 252 万 1000 人
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 6. データ #2 :専攻別の院生構成比 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 計 人文科学 社会科学 理学 工学 農学 医・歯学 薬学 教育 その他 100.0 7.8 11.3 8.3 39.5 5.5 1.1 3.2 6.9 16.4 100.0 10.1 9.9 7.2 18.5 5.5 26.7 1.8 2.7 17.6 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 7. 企業からの視点-ウェブ企業の場合
    • 対象として
    • 採用候補生
      • 技術職
      • 研究職
    • 共同パートナー
      • 共同研究
      • 共同開発
    • 分野の広さ
    • 人工知能学会
    • 言語処理学会
    • 情報処理学会
    • 電子情報通信学会
    • その他、諸々
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 8. 組織の不文律とその対策・具体策
    • 事実:
      • 「上司は○○で当たり前」
    • 対策:
      • Findability/Visibility の確保と向上
    • 具体策:
      • 情報発信による自己の存在証明
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 9. ウェブ活用の基本的な考え方
    • 正直に名乗る
      • 氏名、所属、略歴…
    • 情報を集約する
      • 過去のペーパーやエッセイ…
    • 自分のためにやる
      • 「ひとりの人間にとって心から役立つものを作れたら、それはきっとほかの人が使っても役立つ、必ず役立つ」(二木麻里)
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 10. ウェブ活用の具体的な進め方
    • 研究日誌
      • クリッピングからコメント、メモへ
      • イベントの参加報告
    • 研究成果・研究業績
      • 一つでも多く、電子化と公開
      • 図書館リソースの活用(例:機関リポジトリ)
    • 成功・失敗の知識と経験
      • 後進への置き土産
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 11. 参考:魅せる技法 #1 - CV の場合
    • "Japanese academic publishing output and trends in relation to library uses and demand outside Japan". 2009 AAS Conference Meetings of the Council on East Asian Libraries (CEAL) and Related Meetings, Committee on Japanese Materials (CJM). 2009-03-26. [ppt]
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 12. 参考:魅せる技法 #2 -経歴の場合
    • 1992 年 3 月 ○○県立○○高等学校 卒業
    • 1992 年 4 月 泣く泣く○○ゼミナールに進学
    • 1993 年 4 月 ○○大学 入学
    • 1997 年 3 月 ○○大学 卒業
    • 1997 年 4 月 ○○大学 ○○研究科 進学
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 13. 最後に一番、重要なこと
    • 他人の笑顔を見ると、こちらも楽しくなる。そんな経験はだれしもしていると思う。何かに一生懸命に打ち込み、喜びを感じている人の顔は、他人を引きつける。もしそのジャンルに人を呼び込みたいのであれば、その人が何を楽しいと感じているのか、それをきちんと伝えるのがもっとも正当な方法である」(森山和道)
    http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  • 14. ご清聴に感謝 続きはグループディスカッションで 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 本資料は後日、 ブログにて公開します http://d.hatena.ne.jp/arg/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE