• Save

Loading…

Flash Player 9 (or above) is needed to view presentations.
We have detected that you do not have it on your computer. To install it, go here.

Like this presentation? Why not share!

Like this? Share it with your network

Share

Jaspul west(20101021)

  • 1,190 views
Uploaded on

 

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,190
On Slideshare
1,190
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 電子書籍元年に考える 「場」としての図書館 -その可能性と課題 私立大学図書館協会 2010年度西地区部会研究会 日時:2010年10月21日(木) 会場:金城学院大学 岡本真(@arg) アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 2. 自己紹介 私は何者か 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 3. 自己紹介-岡本真(おかもと・まこと) 経歴 兼任  アカデミック・リソース・ガイド  京都大学 情報学研究科 非常勤研究員  国立情報学研究所 産学連携研究員 株式会社  東京大学 工学系研究科 総合研究機構  代表取締役 研究員  プロデューサー  早稲田大学 ITバイオマイニング研究所 客員研究員  ACADEMIC RESOURCE  大妻女子大学 社会情報学部 非常勤講師 GUIDE編集長  関西学院大学 文学部 非常勤講師  国際基督教大学卒業(1997  NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ理 年) 事  L-1 MeeTingメンバー(L-1グランプリ主  編集者等を経て、 催者)  1999年~2009年、ヤフー  U40 - Future Librarian事務局メンバー 株式会社に在籍  全国図書館大会第16分科会主催者  Yahoo!知恵袋、Yahoo!検  任意団体Code4Lib JAPAN準備会事務 索ランキング等の企画・設 局長 計・運用 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 4. 本日の話の背景 『ブックビジネス2.0』を刊行して 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 5. 参考:『ブックビジネス2.0』  目次:  仲俣暁生「はじめに」  津田大介「電子書籍で著者と出版社の関係はどう変わる か」  橋本大也「印税90%が可能なエコシステムを」  岡本真「未来の図書館のためのグランドデザイン」  長尾真「ディジタル時代の本・読者・図書館」  野口祐子「多様化するコンテンツと著作権・ライセンス」  渡辺智暁「ウィキペディアから「出版」を考える」  金正勲「「コンテンツ2.0」時代の政策と制度設計」  書誌:  実業之日本社、2010年、1995円 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 6. 私的解題『ブックビジネス2.0』:岡本真 「未来の図書館のためのグランドデザイン」  近代型図書館の変化  収集・分類・保存・提供の先へ  「活用」:のための図書館  3レイヤーで考える図書館という存在・機能  OS、ミドルウェア、アプリケーション  図書館の変容  図書館のバザール化  ライブラリアンのプロデューサー化 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 7. 私的解題『ブックビジネス2.0』 :長尾真 「ディジタル時代の本・読者・図書館」  電子図書館の未来予測  『電子図書館』(1994年初版、2010年復刊)  電子化構想の課題  デジタル化の障壁、収集の限界、検索の混迷  長尾スキーム  知識・情報の行方  出版の未来  書店・古書店  知識インフラの未来 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 8. 「場」としての図書館 その可能性と課題 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 9. 「場」としての図書館-その可能性と課題 問題認識 「場」としての図書館を巡る前提 問題意識 「場」としての図書館を巡る問い 問題提起 「場」としての図書館を考える 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 10. 問題認識 「場」としての図書館を巡る前提 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 11. 情報環境の革命的変化 -デジタル化とウェブ化 デジタル化 ウェブ化 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 12. 情報環境の革命的変化 -デジタル化とウェブ化の図書館への影響 図 デジタル化 書 ウェブ化 館 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 13. 情報環境の革命的変化 -情報探索行動の変化 デジタル化・ウェブ化 情報探索行動の変化 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 14. 情報環境の革命的変化 -大規模デジタル化・大規模ウェブ化 デジタル化・ウェブ化 情報探索行動の変化 大規模デジタル化・大規模ウェブ化 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 15. 情報環境の革命的変化 -知識発見行動の変化 デジタル化・ウェブ化 情報探索行動の変化 大規模デジタル化・大規模ウェブ化 知識発見行動の変化 15 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 16. 情報環境の革命的変化 -集積型図書館の終焉 デジタル化・ウェブ化 情報探索行動の変化 大規模デジタル化・大規模ウェブ化 知識発見行動の変化 集積型図書館の終焉 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 17. 情報環境の革命的変化 -図書館の未来の2方向 継続 図書館 終焉 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 18. 問題意識 「場」としての図書館を巡る問い 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 19. 大学図書館の模索-図書館の立場 機関 大学 リポジトリ 図書館 ラーニン グコモンズ 19 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 20. 大学図書館の模索-大学の立場 機関 リポジトリ 大学 図書館 ラーニング コモンズ 20 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 21. 大学図書館の模索-誰のための模索 機関 ラーニング リポジトリ コモンズ 大学 図書館 21 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 22. 大学図書館の模索-誰のための模索 機関 ラーニング リポジトリ コモンズ 大学 22 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 23. 問題提起 「場」としての図書館を考える 23 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 24. 未来の図書館のためのグランドデザイン -3つのレイヤー オペレーティングシステムとしての図書館 • 国立国会図書館を想定 ミドルウェアとしての図書館 • 旧帝国大学系列の大学図書館、有力私立大学の大学図書 館、都道府県立図書館を想定 アプリケーションとしての図書館 • 上記以外の大学図書館、市区町村立の公共図書館を想定 24 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 25. 未来の図書館のためのグランドデザイン -3つのモデル コンテンツのショーケースとしての図書館 • 従来の本や雑誌はもとより、デジタル媒体を含めたすべての情報・知識を 収集するとともに、無償での貸出に加えて、有償での販売を担う図書館 人々のマッチングプレイスとしての図書館 • 利用者一人ひとりを何らかの分野の専門家とみなし、これらの利用者同 士が出会い、コラボレーションへと発展する仕掛けを提供していく図書館 ライセンスコントローラーとしての図書館 • 図書館が無料で提供しているコンテンツや機能を利用して、利用者が生 み出した新たな情報・知識の二次利用について、再利用を促進する図書 館 25 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 26. 問題意識 -「場」としての図書館を考える 3つのレイヤー 3つのモデル+α 大学図書館での実現可能性、 または代替案の可能性 26 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 27. [PR] 第12回図書館総合展での協力フォーラム  11/24(水)  10:30~12:00  Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010(Code4Lib JAPAN)  13:00~14:30  大規模デジタル化時代における『知』との接点-Wikipedia、電子書籍、Twitter の潮 流をライブラリアンはどう受け止めるか(ネットアドバンス)  15:30~17:00  「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション(図書館総合展運営委員会)  11/25(木)  10:30~17:00  L-1グランプリ2010-若手ライブラリアンのためのワークショップ式登竜門(図書館総合 展運営委員会、図書館振興財団)  11/26(金)  10:30~14:30  図書館をデザインする-情報デザインと主題プロデュースの手法(キハラ)  15:30~17:00  第2回CiNiiウェブAPIコンテスト優秀作品発表会(NII) 27 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 28. [PR] Code4Lib JAPAN  ミッション  「日本の図書館をヤバくする」  具体的には、  ウェブ技術活用の経験とスキルの飛躍的向上を図り、  Workshopの定期開催(ビギナー向け)  Campの開催と海外派遣(エキスパート向け)  各種提言のとりまとめ  グッドプラクティスの認定  そして、組織そのものの持続的運営  そのために、  Workshopの誘致(参加費以外の開催費用はすべて当方負 担)  サポーター(個人)/スポンサー(法人)制度への加入 28 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 29. [PR]国立国会図書館 レファレンス協同データベースAPI腕自慢 12月末まで募集中 http://crd.ndl.go.jp/jp/library/api_2010.html 29 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 30. ご清聴に感謝、質問はお気軽に 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 30 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.