Your SlideShare is downloading. ×
0
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Jasmin kansai(20101211)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Jasmin kansai(20101211)

925

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
925
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 電子図書館の動向と電子書籍の可能性 -『ブックビジネス2.0』 電子書籍版開発の経験から 経営とIT研究会 (経営情報学会関西支部総会) 日時:2010年12月11日(土) 会場:追手門学院大阪城スクエア 岡本真(@arg) アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 2. 自己紹介-岡本真(おかもと・まこと) 現在:  アカデミック・リソース・ガイド株式会社  代表取締役/プロデューサー  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長  兼任  京都大学 情報学研究科 非常勤研究員  国立情報学研究所 産学連携研究員  東京大学 工学系研究科 総合研究機構 研究員  早稲田大学 ITバイオマイニング研究所 客員研究員  大妻女子大学 社会情報学部 非常勤講師  関西学院大学 文学部 非常勤講師 過去:  国際基督教大学卒業(1997年)  編集者等を経て、  1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍  Yahoo!知恵袋、Yahoo!検索ランキング等の企画・設計・運用 http://www.arg.ne.jp/ 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 3. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社 創業:  2009年9月30日 前史:  1998年7月11日創刊のメールマガジン “ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)” ビジョン:  「学問を生かす社会へ」 体制:  役員1名+インターン3名 http://www.arg.ne.jp/ 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 4. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社 業務: 1. インターネットサービスの企画、開発、運用 2. インターネット活用の研修、コンサルティング 3. ウェブ技術に関わる産官学連携のコンサルティン グ、仲介 4. 地域社会の活性化に関わるコンサルティング 5. 前各号に附帯する執筆、出版、講演、講義 6. 前各号に附帯する一切の事業 http://www.arg.ne.jp/ 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 5. 本日の構成と目的 構成: 1. 電子図書館の動向(概説/前提として)  主に国立国会図書館の動きを中心に 2. 電子書籍の可能性  『ブックビジネス2.0』電子書籍版開発の経験から 目的:  「電子書籍」元年の終わりに、あらためてこの1年 の動きを振り返り、特に電子書籍の持つ可能性を 中心に2011年以降の動向を考える素材を提供 する。 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 6. 電子図書館の動向主に国立国会図書館の動きを中心に 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 7. 長尾スキームによる電子図書館構想 2008年~  長尾スキームの提唱  国立国会図書館による蔵書の大規模デジタル化  前史としての近代デジタルライブラリー  公共図書館等へのデータ配信(無償)  館内閲覧に限定  第三者機関を介したデータ配信(有償)  対エンドユーザー  権利者への利益還元 2009年  補正予算による約100億円の計上  1960年代後半までの蔵書の大規模デジタル化に着手 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 8. 参考:近代デジタルライブラリー http://kindai.ndl.go.jp/ 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 9. 参考:近代デジタルライブラリー 汗血千里駒 / 坂崎鳴々道人(斌)著他,春陽堂, 明18 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 10. 電子書籍の可能性『ブックビジネス2.0』電子書籍版 開発の経験から 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 11. 『ブックビジネス2.0』の概要 目次:  仲俣暁生「はじめに」  津田大介「電子書籍で著者と出版社の関係はどう変わる か」  橋本大也「印税90%が可能なエコシステムを」  岡本真「未来の図書館のためのグランドデザイン」  長尾真「ディジタル時代の本・読者・図書館」  野口祐子「多様化するコンテンツと著作権・ライセンス」  渡辺智暁「ウィキペディアから「出版」を考える」  金正勲「「コンテンツ2.0」時代の政策と制度設計」 書誌:  実業之日本社、2010年、1995円 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 12. 『ブックビジネス2.0』の経緯 2009年8月:  第1回ARGフォーラム「この先にある本のかたち-我々が 描く本の未来のビジョンとスキーム」開催  岡本がコーディネートし、共著者のうち、津田、橋本、長尾、金 が登壇 2009年11月:  第1回Wikimedia Conference開催  岡本が協力し、長尾、野口、渡辺が登壇 2010年7月:  紙版刊行 2010年11月:  電子版刊行(iPhoneアプリとして) 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 13. 『ブックビジネス2.0』電子版の刊行 『ブックビジネス2.0』電子版の基本思想  紙版で示した未来予想図を限りなく実現する  参照:電子版座談会 『ブックビジネス2.0』電子版の基本機能 1. 非ライナーな目次構成 2. 章単位(著者単位)のばら売り 3. 元原稿を最適化した上での縦書き・横書き表示 4. クリエイティブ・コモンズ表示と非DRM 5. Twitter連携によるソーシャルリーディング支援 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 14. 機能1:非ライナーな目次構成 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 15. 機能2:章単位(著者単位)のばら売り 15 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 16. 機能3:元原稿を最適化した上での 縦書き・横書き表示 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 17. 機能4:クリエイティブ・コモンズ表示と非DRM 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 18. 機能5:Twitter連携によるソーシャルリーディング支援 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 19. 機能5:Twitter連携によるソーシャルリーディング支援 19 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 20. 電子版の無料ダウンロード推移 3,028件(1日平均25件程度) 20 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 21. 電子版の有料コンテンツ販売推移総数174件:全章74件、津田37件、野口21件、長尾14件、橋本10件、岡本8件、渡辺5件、金5件 21 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 22. 電子版の売れ方(広まり方) 3,028件のダウンロード 174件の購入 5.7%のコンバージョン 22 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 23. 電子版の売れ方(広まり方) 津田大介 のTweet 担当者 野口論文 イベント 出演 の好調 23 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 24. 再掲:電子版の有料コンテンツ販売推移総数174件:全章74件、津田37件、野口21件、長尾14件、橋本10件、岡本8件、渡辺5件、金5件 24 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 25. ソーシャルリーディングの可能性-筑波大学での読書会から開催日:2010年12月8日(水)開催地:筑波大学春日ラーニングコモンズ参加者:10名(出版社1名、学生8名、院生1名) http://www.ustream.tv/recorded/11316703 25 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 26. ソーシャルリーディングの可能性-筑波大学での読書会から http://togetter.com/li/76659 26 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 27. ソーシャルリーディングの可能性-マーケティング手段としての WOM 購入 呟き 27 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 28. ソーシャルリーディングの可能性-マーケティング手段としてのTwitterでつぶやくことが、ソーシャルリーディングなのか? レスポンスを受けた読者間のコミュニケーションに 発展すべきではないか? テーマ設定がないと、 コミュニケーションに発展しないのではないか? 28 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 29. ソーシャルリーディングの可能性-マーケティング手段としての Twitterに抜き書きされただけでは、 レスポンスしづらいのではないか? 抜き書きした文脈がわかる解説が必要なのではないか? そもそも抜き書きであっていいのか? 要約であるべきではないか? 29 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 30. ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 30 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp

×