iSPP(20110524)

1,327 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,327
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
20
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

iSPP(20110524)

  1. 1. saveMLAKプロジェクトと デジタルアーカイブ に関する取り組み-被災地の博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の支援活動 iSPP 設立総会&記念全体会合 日時:2011年5月24日 会場:TKP 東京駅八重洲カンファレンスセンター By 岡本真 (@arg) saveMLAKプロジェクト リーダー アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサーhttp://savemlak.jp/
  2. 2. 自己紹介-震災への絡みを中心に  ボランティア情報ステーション  データベース開発プロデューサーとして、Yahoo! JAPAN他、日本のインターネットサービスに掲載 されているボランティア情報の集約を担当  iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム  呼びかけ人として設立(5/24)に関与。活動の一 環として、4/30~5/5に仙台、名取、岩沼、登米、 気仙沼、南三陸、陸前高田、大船渡、遠野を訪問  saveMLAKプロジェクト  スターターとして一貫して関与。本日は主にこの 話題に関する発言http://savemlak.jp/
  3. 3. 被災の状況-ISPP東北訪問からhttp://savemlak.jp/
  4. 4. http://savemlak.jp/
  5. 5. http://savemlak.jp/
  6. 6. http://savemlak.jp/
  7. 7. http://savemlak.jp/
  8. 8. http://savemlak.jp/
  9. 9. http://savemlak.jp/
  10. 10. SAVEMLAKプロジェクトhttp://savemlak.jp/
  11. 11. MLAKとは何か M • Museum(博物館) L • Library(図書館) A • Archives(文書館) K • Kominkan(公民館)http://savemlak.jp/
  12. 12. MLAKへの一体化http://savemlak.jp/
  13. 13. saveMLAKプロジェクトの概要  オン/オフラインの緩やかなネットワーク  3.11以降自然発生的に勃興  元々はM・L・A・K個別に進展  4/1を目途に徐々に一本化  Twitter、ML、Wiki、Skypeでの活動  ML参加者は200名以上  オフラインイベントの頻繁開催  被災地とのコミュニケーション  個別訪問等での緊密化http://savemlak.jp/
  14. 14. saveMLAK × Wikihttp://savemlak.jp/
  15. 15. saveMLAK × Wikihttp://savemlak.jp/
  16. 16. saveMLAK × Twitterhttp://savemlak.jp/
  17. 17. 参考:専門技能ボランティア (プロボノ)登録http://savemlak.jp/
  18. 18. デジタルアーカイブ計画http://savemlak.jp/
  19. 19. 相次ぐデジタルアーカイブ構築http://savemlak.jp/
  20. 20. 二次利用の壁への懸念http://savemlak.jp/
  21. 21. 複数のデジタルアーカイブ間の データ集約http://savemlak.jp/
  22. 22. デジタルアーカイブの活用 研究 教育http://savemlak.jp/
  23. 23. デジタルアーカイブの意義 安全 記憶 記録http://savemlak.jp/
  24. 24. ご清聴感謝&ご参加歓迎 Pls, Tweet with #saveMLAK by 岡本真 (@arg) saveMLAKプロジェクト リーダー アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサーhttp://savemlak.jp/

×