• Like
InLaw(20121201)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

InLaw(20121201)

  • 684 views
Published

 

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
684
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 学問を生かす社会 公立図書館と情報管理・発信へ 情報ネットワーク法学会 2012年度 第12回 研究大会 第5分科会「自治体情報の管理と発信」 日時:2012年12月1日(土) 会場:情報セキュリティ大学院大学 岩崎学園 1 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 2. 学 問 を 生 か す 社 会 自己紹介 へ2 -岡本真とアカデミック・リソース・ガイド株式会社 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 3. 自己紹介(現在)1. アカデミック・リソース・ガイド株式会社(2009年~)  代表取締役/プロデューサー(2009年~)  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長(1998年~) 学 問2. オーマ株式会社(2008年~) を  代表取締役(2011年~) 生3. 任意団体saveMLAKプロジェクト(2011年~) か  プロジェクトリーダー(2011年~) す4. 任意団体iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム(2011 社 年~) 会  共同代表理事(2011年~) へ5. NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ(2002年~)  理事(2010年~)6. 任意団体ニコニコ研究会(2011年~) 3  事務局長(2011年~) Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 4. 自己紹介(過去) 1973年生まれ  39歳 学 国際基督教大学(ICU)卒業(1997年) 問 を  日本政治思想史を専攻 生 教育雑誌、学術書等の編集者等を経て、 か 1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍 す 社  Yahoo!カテゴリ、Yahoo!検索、Yahoo!知恵袋、Yahoo!検 会 索ランキング、Yahoo!ラボ等の企画・設計・運用、また産学 へ 連携のコーディネートに従事 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 5. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社 創業:  2009年9月30日 学 前史: 問  1998年7月11日創刊のメールマガジン“ACADEMIC を RESOURCE GUIDE (ARG)” 生 ビジョン: か  「学問を生かす社会へ」 す 事業: 社 1. コミュニティー創造、 会 2. コラボレーション促進、 へ 3. エンパワーメント支援、 4. ノウハウ提供 体制: 5  役員1名+パートナー4名+インターン1名 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 6. 学 問 を 生 か す 社 会 公立図書館と情報管理・発信 へ6 -最近の課題から Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 7. 「図書館の自由」を巡る動向#1 「図書館の自由」とは?  「図書館の自由に関する宣言」(1954年採択、1979年改訂) 学  図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料 問 と施設を提供することをもっとも重要な任務とする。  この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。 を  第1 図書館は資料収集の自由を有する 生  第2 図書館は資料提供の自由を有する か  第3 図書館は利用者の秘密を守る す  第4 図書館はすべての検閲に反対する 社  図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由 会 を守る。 へ 以上、抜粋  成立経緯については、岡部晋典「錆びはじめてきた、図書館の 伝家の宝刀を研ぐことは可能か」(『リポート笠間』53、笠間書院、 2012-11-20)を参照 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 8. 「図書館の自由」を巡る動向#2 「図書館の自由」への一般からの注目  有川浩著『図書館戦争』(2006年) 学  武雄市によるCCCへの図書館指定管理議論(2012年) 問 を 「ビッグデータ」の宝庫としての図書館 生  出版物の年間販売点数に並ぶ年間貸出点回数(約7億) か  出版統計と図書館統計の違い す  出版統計:原則、新刊に限定 社  図書館統計:所蔵図書の全体 会  レコメンドへの応用可能性 へ  参考:  岡本真「 Web2.0時代の図書館-Blog、RSS、SNS、CGM 」(『情報 の科学と技術』56-11、情報科学技術協会、 2006-11-01)  先行研究としての池田大輔、當山仁健ら 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 9. 「図書館の自由」を巡る動向#3 進むデジタル化  貸出装置・自習装置としての図書館 学 「図書館貸本屋」論争(1990年代)  問  地域の情報拠点としての位置づけ を  「これからの図書館像-地域を支える情報拠点をめざして」(2006 生 年)による問題提起 か  地域の記憶装置としての位置づけ す  東日本大震災(2012年) 社  「過去」と「現在」の記録による記憶の伝達と継承(「未来」への伝 会 授) へ  直面する課題  肖像権、著作権の処理  事例:神戸大学附属図書館「震災文庫」  忌避情報の不用意な公開 9  古地図、古文書のリスク Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  • 10. 学問を生かす社会 公立図書館と情報管理・発信へ 情報ネットワーク法学会 2012年度 第12回 研究大会 第5分科会「自治体情報の管理と発信」 日時:2012年12月1日(土) 会場:情報セキュリティ大学院大学 岩崎学園 10 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp