HokkaidoLib(20120907)

792 views
726 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
792
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

HokkaidoLib(20120907)

  1. 1. 学問を生かす社 図書館のリレーションマネジメント会 -様々な危機管理への対応を想定してへ 第54回北海道図書館大会 日時:2012年9月7日(金) 会場:北海学園大学 岡本真 1 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー saveMLAK プロジェクトリーダー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  2. 2. 学 問 を 生 か す 社 会 自己紹介 へ2 -岡本真とアカデミック・リソース・ガイド株式会社 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  3. 3. 自己紹介(現在)1. アカデミック・リソース・ガイド株式会社(2009年~)  代表取締役/プロデューサー(2009年~) 学  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長(1998年~) 問2. オーマ株式会社(2008年~) を  代表取締役(2011年~) 生 か3. saveMLAKプロジェクト(2011年~) す  プロジェクトリーダー(2011年~) 社4. iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム(2011年 会 ~) へ  共同代表理事(2011年~)5. NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ(2002年~)  理事(2010年~) 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  4. 4. 自己紹介(過去) 1973年生まれ  39歳 学 国際基督教大学(ICU)卒業(1997年) 問 を  日本政治思想史を専攻 生 教育雑誌、学術書等の編集者等を経て、 か 1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍 す 社  Yahoo!カテゴリ、Yahoo!検索、Yahoo!知恵袋、Yahoo!検 会 索ランキング、Yahoo!ラボ等の企画・設計・運用、また産学 へ 連携のコーディネートに従事 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  5. 5. 自己紹介(大学関係) 兼任(大学関係):  国立情報学研究所 産学連携研究員 学  早稲田大学 ITバイオマイニング研究所 客員研究員 問  その他、北海道大学、東京大学、東京工業大学、流通科学 を 大学、兵庫県立大学、追手門学院大学、横浜市立大学、関 生 西大学、甲南大学、大阪市立大学、明治大学、大妻女子大 か す 学、関西学院大学、同志社大学、慶應義塾大学、早稲田大 社 学、専修大学、立教大学等で講義を担当 会 へ 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  6. 6. 自己紹介(図書館関係) 兼任(図書館関係):  図書館総合展運営委員会 委員 学  U40 - Future Librarian 事務局メンバー 問  任意団体Code4Lib JAPAN 事務局長 を 生  第25期東京都立図書館協議会 委員 か  国立国会図書館デジタル情報資源ラウンドテーブル 委員 す  マイニング探検会(図書館の未来を探る勉強会) 共同主宰 社 者 会 へ 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  7. 7. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社 創業:  2009年9月30日 学 前史: 問  1998年7月11日創刊のメールマガジン“ACADEMIC を RESOURCE GUIDE (ARG)” 生 ビジョン: か  「学問を生かす社会へ」 す 事業: 社 1. コミュニティー創造、 会 2. コラボレーション促進、 へ 3. エンパワーメント支援、 4. ノウハウ提供 体制:  役員1名+パートナー7名+インターン1名 インターン募集中 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  8. 8. 学 問 を 生 か す 社 会 本日の目的と構成 へ8 図書館のリレーションマネジメント -様々な危機管理への対応を想定して Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  9. 9. 本日の目的 大会テーマ:図書館がつなぐ絆-利用者とともに歩む図書館 学 問 を 生 か 講演テーマ: す 図書館のリレーションマネジメント 社 -様々な危機管理への対応を想定して 会 へ 多様な関係構築のための図書館論の展開 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  10. 10. 本日の構成1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -saveMLAKの経験・見聞から 学 問 を2. いま求められる図書館のリレーションマネジメント 生 -様々な危機管理への対応を想定して か す 社 3. さらなる連携の形を目指して 会 -日常からできること へ 4. まとめ 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  11. 11. 学 問 を 生 か す 1. 非常時にみる 社 会 図書館のリレーションマネジメント へ11 -saveMLAKの経験・見聞から Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  12. 12. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動 savelibraryの展開(3/12~) 学 問 を 生 か す 社 会 へ http://www45.atwiki.jp/savelibrary/ 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  13. 13. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動 savelibrary(2011-03-12) 学 問 を 生 savemuseum(2011-03-12) か す 社 会 savearchives(2011-03-13) へ savekominkan(2011-03-16) 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  14. 14. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動 M •Museum(博物館) 学 問 を L •Library(図書館) 生 か す 社 A •Archives(文書館) 会 へ K •Kominkan(公民館) 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  15. 15. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動 学 Library Archive 問 を 生 か す 社 Museum Kominkan 会 へ MLAK 2011-04-11 +各種プロフェッショナル プロジェクトマネジメント、 15 デザイン、経理、その他 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  16. 16. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動 学 •有志(個人+組織) 体制 •国内外約300人の参画 問 を 生 か す 社 会 へ •情報支援(集約と共有) 活動 •中間支援(把握と仲介) 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  17. 17. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動 学 Wikiによる情報支援 問 を 生 か す 社 約2.2万件の所在情報 会 へ 約900件の被災情報 約300名の編集者 約10万回の編集 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  18. 18. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動 学 問 を 生 か す 社 会 へ 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  19. 19. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動 集約・共有している情報量(2012年8月25日時点) 学 施設種別 被災情報/所在情報 問 を 博物館・美術館 198件/5480件 生 か 図書館 600件/10453件 す 社 文書館 25件/166件 会 へ 公民館 100件/6273件 類縁施設 4件/92件 19 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  20. 20. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動1. 東北大学附属図書館  散乱したマイクロフィルムの整理2. 東北学院大学中央図書館 学  破損本棚復旧後の資料の再配置 問3. 南三陸町図書館 を  仮設開館の準備作業、開館後の業務支援作業 生4. 名取市図書館 か  関係者の引きあわせ、どんぐり子ども図書室の開館準備作業 す5. 石巻市立大原小学校図書室 社  図書室の復旧作業 会 6. 女川つながる図書館 へ  ブッカー装備への作業者派遣仲介 7. 七ヶ浜町図書コーナー  開館準備作業への作業者派遣仲介 20 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  21. 21. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動1. 被災図書館へのAmazonほしい物リストの導入支援  気仙沼市、東松島市、南三陸町ほか 学2. 南三陸町仮設図書館へのシステム提供 問  OSS図書館システムNext-L Enjuの導入 を 生3. Facebookページの導入支援 か  南三陸町 す 社 会 へ 21 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  22. 22. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動1. 東日本大震災デジタルアーカイブポータル構想の提 唱 学  東北大学、神戸大学等の関係者と模索 問2. デジタルアーカイブの共通仕様化提言 を 生  法制度・技術仕様両面での問題提起と準拠の呼びかけ か (Yahoo! JAPAN / Google等) す3. 東日本大震災アーカイブの枠組みへの参画 社  「震災資料を図書館へ」キャンペーンの実施 会  東北大学附属図書館と共同 へ 22 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  23. 23. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動1. MLAK支援を訴える広報活動  学会やメディア(テレビ、ラジオ、全国紙、地方紙)での露出 学  社会的関心の喚起 問2. 復旧作業の必要物品等の情報紹介 を  福岡県西方沖地震の経験に依拠 生 か3. だれでも・どこでも Q&A図書館 す  レファレンス代行の試行 社 会4. 激甚被災地の地方紙購読・提供の呼び掛け へ  各地の公共図書館等への提案  日本図書館協会の支援活動に反映 23 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  24. 24. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -<参考>SAVEMLAKの活動5. 機材調達  気仙沼市の特殊プリンター調達、山元町の書架調達6. 費用調達 学  名取市の書架費調達(200万円) 問  南三陸町の書籍費調達 を7. 他支援者への助言 生  ヤフー、Google、楽天ほか か  日本図書館協会、国立国会図書館ほか す8. 受援者・支援者間の連絡調整 社  国立国会図書館、日本図書館協会、図書館振興財団、文部科 会 学省ほか へ  アメリカ国務省と日本の関係機関ほか9. 被災地に本を送る活動の抑制  「送る=贈る」の提唱、実施団体への助言、「本を送りません宣 言」※の発表 24 ※個人有志での活動 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  25. 25. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -SAVEMLAKの経験・見聞から 名取市図書館の成功 学 問 を 生 か す 社 会 へ 限られた職員体制 2011年5月からの臨時再開 2012年1月からの「子ども図書室」開館 25 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  26. 26. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -SAVEMLAKの経験・見聞から 名取市図書館の事例:  宮城県名取市(仙台市の南方、仙台空港が立地) 学  人口約7万人(死者・行方不明者911名) 問 名取市図書館の被災 を 生  内陸部に立地のため津波被害は皆無 か  揺れによる建物損壊甚大(使用禁止) す  休館日のため来館者の被害発生せず 社  書架の倒壊、資料の落下、相当数 会 へ 26 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  27. 27. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -SAVEMLAKの経験・見聞から 名取市図書館における受援と支援  2011年4月: 学  石狩市民図書館、北広島市図書館、キハラ株式会社による再開 問 に向けた業務支援(職員・社員の長期派遣) を  移動図書館と書庫を利用した臨時開館の実現(5月) 生  2011年7月: か  名取市図書館、代替施設の建設を模索 す  saveMLAKより東海大学チャレンジセンターに打診し好感触 社  資金提供元の探索へ 会 へ  2011年11月:  日本ユニセフ協会からの資金提供、東海大学チャレンジセンター からの技術提供による「どんぐり子ども図書室」の建設が確定  2012年1月: 27  正月休みを利用して開館準備を行い、開館 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  28. 28. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -SAVEMLAKの経験・見聞から •宮城県図書館 •石狩市民図書館 図書館 •北広島市図書館 学 •岩見沢市立図書館 問 を 生 か 図書館 • 日本図書館協会 す 団体 • 図書館振興財団 社 会 へ 図書館 • キハラ株式会社 企業 28 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  29. 29. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -SAVEMLAKの経験・見聞から 支援 • saveMLAK 学 団体 問 を 生 • 東海大学 か す 大学 チャレンジ 社 センター 会 へ • 登米森林組合 建築系 • どんぐりハウス 企業 技術保持企業 29 • 市内事業者 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  30. 30. 1. 非常時にみる図書館のリレーションマネジメント -SAVEMLAKの経験・見聞から •訪問経験があった北海道の公共図書館 •電話での問い合わせから発展 学 3~4月 問 を 生 •図書館支援を旨とする宮城県図書館 か •宮城県図書館との協業による状況整理 す 5~7月 社 会 へ •中間支援を掲げるsaveMLAK8~12月 •御用聞きとコーディネートによる進捗 30 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  31. 31. 学 問 を 生 か 2. いま求められる図書館 す 社 会 のリレーションマネジメント へ31 -様々な危機管理への対応を想定して Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  32. 32. 2. いま求められる図書館のリレーションマネジメント -様々な危機管理への対応を想定して 名取市図書館が 学 問 を 伝える 生 か す 社 「教訓」(Lesson) 会 へ は何か? 32 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  33. 33. 2. いま求められる図書館のリレーションマネジメント -様々な危機管理への対応を想定して 名取市図書館のポテンシャル 学 日常の関係 開かれた胸襟 問 を 生 か 官官連携 す 社 石狩・北広島の図書館 宮城県図書館 会 へ 官民連携 33 キハラ saveMLAK Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  34. 34. 2. いま求められる図書館のリレーションマネジメント -様々な危機管理への対応を想定して 官: 名取市図書館 学 問 を 生 か す 社 会 へ 官: 民: 宮城県図書館 saveMLAK 34 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  35. 35. 2. いま求められる図書館のリレーションマネジメント -様々な危機管理への対応を想定して 官: 名取市図書館 学 問 を 民: 学: 生 かユニセフ協会 東海大学 す 社 会 へ 官: 民: 宮城県図書館 saveMLAK 35 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  36. 36. 2. いま求められる図書館のリレーションマネジメント -様々な危機管理への対応を想定して 名取市図書館 学 問 を 生 か す •官官連携 社 会 へ •官民連携 36 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  37. 37. 2. いま求められる図書館のリレーションマネジメント -様々な危機管理への対応を想定して日常からの関係 開かれた胸襟 名取市図書館 学 問 を 生 か す •官官連携 社 会 へ •官民連携 37 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  38. 38. 2. いま求められる図書館のリレーションマネジメント -様々な危機管理への対応を想定して日常からの関係 開かれた胸襟 名取市図書館 学 問 を 生 館内での連携:行政職と専門職の互恵関係 か す •官官連携 社 会 へ •官民連携 38 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  39. 39. 学 問 を 生 か 3. さらなる連携の形を す 社 会 目指して へ39 -日常からできること Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  40. 40. 3. さらなる連携の形を目指して -日常からできること官官連携の推進 学 問 を•都道府県立図書館との関係 生 か•近隣自治体との関係 す 社 会•交流自治体との関係 へ (姉妹都市ほか)•災害協定締結自治体との関係 40 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  41. 41. 3. さらなる連携の形を目指して -日常からできること官民連携の推進 学 問 を•友の会等との関係 生 か•自治体内・民間団体・企業との す 社 関係 会 へ•自治体外・民間団体・企業との 関係•不意の来訪者との関係 41 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  42. 42. 3. さらなる連携の形を目指して -日常からできること 官官連携 学 問 を 生 か す 官民連携 社 会 へ 民民連携 42 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  43. 43. 3. さらなる連携の形を目指して -日常からできること民民連携としてのsaveMLAK 学 問 を 生 か す 官民問わずの個の集積 社 会 へ 非常時の大きな力へ 43 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  44. 44. 3. さらなる連携の形を目指して -日常からできること いま、できること#1 学 問 を 生 か す 社 会 へ 今野順夫・女川町出身、福島大学元学長 元木幸市・女川町教育委員会生涯学習課 熊谷慎一郎・宮城県図書館企画協力班 44 米良はるか・オーマ株式会社取締役、READYFOR?プロダクトマネージャー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  45. 45. 3. さらなる連携の形を目指して -日常からできること いま、できること#2 学 問 を 生 か す 社 会 へ 菅井美枝子・名取市図書館長 柴崎悦子・名取市図書館司書 45 谷合佳代子・財団法人大阪社会運動協会エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)館長 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  46. 46. 3. さらなる連携の形を目指して -日常からできること いま、できること#3 学 問 を 生 か す 社 会 へ 北海道からの参加者の重要さ・大切さ 46 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  47. 47. 3. さらなる連携の形を目指して -日常からできること いま、できること#4 学 問 を 生 か す 社 会 へ 明日、いや今日、カウンターでできること 47 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  48. 48. 学 問 を 生 か す 社 会 質疑・討論 へ48 -図書館のリレーションマネジメント Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  49. 49. 質疑・討論 学積極的な発言を期待します。 問 を 生 か す聴衆と講師の一対一のやり取 社 会りではなく、全員一体となった へ議論を楽しみましょう。 49 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  50. 50. 学問を生かす社 図書館のリレーションマネジメント会 -様々な危機管理への対応を想定してへ 第54回北海道図書館大会 日時:2012年9月7日(金) 会場:北海学園大学 岡本真 50 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー saveMLAK プロジェクトリーダー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp

×