Fks Lib(20071108)

618 views
558 views

Published on

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
618
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Fks Lib(20071108)

  1. 1. 「インターネットの動向―図書館の視点から考える図書館への影響 」 図書館地区別(北日本)研修 日時: 2007 年 11 月 8 日 ( 木 ) 会場: 福島県立図書館 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) を創刊 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年、 TRC ライブラリー・アカデミー講師を担当 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. 本日の目的 <ul><li>なにを </li></ul><ul><ul><li>インターネットの動向 </li></ul></ul><ul><ul><li>図書館への影響 </li></ul></ul><ul><li>どのように </li></ul><ul><ul><li>図書館の役割・機能への立脚 </li></ul></ul><ul><ul><li>その視点からのインターネットの動向分析 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  4. 4. 図書館の役割・機能 <ul><li>資料 </li></ul><ul><ul><li>収集(選択=選書) </li></ul></ul><ul><ul><li>整理(分類) </li></ul></ul><ul><ul><li>保存(廃棄) </li></ul></ul><ul><ul><li>提供(貸出) </li></ul></ul><ul><li>レファレンス </li></ul><ul><ul><li>調査 </li></ul></ul><ul><ul><li>相談 </li></ul></ul><ul><ul><li>推薦 </li></ul></ul><ul><li>プロモーション </li></ul><ul><ul><li>教育 </li></ul></ul><ul><ul><li>広報 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  5. 5. 検索エンジンの登場-大規模な「収集」と「整理」の時代 <ul><li>検索エンジンという仕組み </li></ul><ul><ul><li>「インターネットに存在する情報(ウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、ネットニュースなど)を検索する機能を提供するサーバーやシステムの総称」。 ( Wikipedia 、 2007-09-30 )。 </li></ul></ul><ul><li>代表的検索エンジン </li></ul><ul><ul><li>Yahoo!/Google </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  6. 6. インターネットにおける「収集」- Crawling <ul><li> 収集の方法 </li></ul><ul><li>Crawling の流れ </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  7. 7. インターネットにおける「整理」- Indexing と Ranking <ul><li>インデックスとランキング </li></ul><ul><li>アルゴリズムによる集合知化 </li></ul><ul><li>独立した大衆知の収集 </li></ul><ul><ul><li>Crawling </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>リンクとリンクテキスト </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Indexing </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>データの紐付け </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Ranking </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Citation Index の応用 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>プラス α </li></ul></ul></ul><ul><li>事例検討 </li></ul><ul><ul><li>ヤマト運輸と佐川急便 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  8. 8. インターネットにおける「保存」- Archiving <ul><li>短期的保存:キャッシュ </li></ul><ul><li>検索エンジンの機能 </li></ul><ul><li>Crawling のデータを活用 </li></ul><ul><li>中長期的保存:アーカイブ </li></ul><ul><li>時間軸の輪切り </li></ul><ul><li>Internet Archive </li></ul><ul><ul><li>Wayback Machine </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  9. 9. インターネットにおける「提供」- Every   Time & Everywhere <ul><li>物質と所有からの自由 </li></ul><ul><li>物質からの自由 </li></ul><ul><ul><li>既存媒体との差 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>資料の現物性 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>電子情報への集約 </li></ul></ul><ul><li>所有からの自由 </li></ul><ul><ul><li>所有による提供 </li></ul></ul><ul><ul><li>誘導による提供 </li></ul></ul><ul><li>「いつでも、どこでも」の追求 </li></ul><ul><li>「いつでも」の追求 </li></ul><ul><ul><li>365 日 24 時間無停止 </li></ul></ul><ul><ul><li>参考: </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>24 時間開館 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>大学図書館 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>公共図書館 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>川上村図書館 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>萩市須佐図書館 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>OPAC の定期メンテナンス </li></ul></ul></ul><ul><li>「どこでも」の追求 </li></ul><ul><ul><li>モバイル、カーナビなど </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  10. 10. インターネットにおける「調査」- Community Power <ul><li>コミュニティーによる問題解決 </li></ul><ul><ul><li>知識検索( Q&A サイト) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>質問者と回答者の位置付けの転換 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  11. 11. インターネットにおける「調査」 (推薦) - Wisdom of Crowds <ul><li>集合知による Recommend </li></ul><ul><ul><li>個人の非自覚的な行動 </li></ul></ul><ul><ul><li>大規模データ処理による知識発見 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>知識所有観の転換 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>特定少数と不特定多数 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  12. 12. インターネットにおける「教育」- Usability <ul><li>利用者教育との距離感 </li></ul><ul><li>前提としての限界 </li></ul><ul><ul><li>遠隔利用の仕組み </li></ul></ul><ul><ul><li>テキスト主体の歴史 </li></ul></ul><ul><ul><li>利用指導の困難さ </li></ul></ul><ul><li>限界からの可能性 </li></ul><ul><ul><li>直感的な操作性 </li></ul></ul><ul><ul><li>習熟による獲得 </li></ul></ul><ul><li>ユーザビリティの追求 </li></ul><ul><li>UED/UCD </li></ul><ul><ul><li>User Experience Design </li></ul></ul><ul><ul><li>User Centered Design </li></ul></ul><ul><li>アイトラッキング調査 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  13. 13. 拡大するインターネット-記録のデジタル化とウェブ化 <ul><li>収集対象の拡大 </li></ul><ul><ul><li>Scanning </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>新聞 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>雑誌 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>書籍 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>テレビ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ラジオ </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  14. 14. 拡大するインターネット-記憶のデジタル化とウェブ化 <ul><li>収集対象の拡大 </li></ul><ul><ul><li>CGM/UGC </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Consumer Generated Media </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>User Generated Content </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>Blog, Q&A, Wikipedia </li></ul></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  15. 15. 記録と記憶のデジタル化とウェブ化-その意味 <ul><li>従来のインターネット </li></ul><ul><li>現在・未来のインターネット </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 収集対象の拡大 ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  16. 16. 記録と記憶のデジタル化とウェブ化-その到達点 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE All Human Knowledge
  17. 17. 問題提起としてのまとめ <ul><li>だれか </li></ul><ul><ul><li>役割・機能の担い手 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>インターネット </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>図書館 </li></ul></ul></ul><ul><li>論点 </li></ul><ul><ul><li>専門家観 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>少数の専門家と多数の非専門家 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>利用者観 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>個別的な大衆知の担い手と、横断的な集合知の担い手 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>情報・知識観 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Data, Information, Knowledge and Wisdom </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  18. 18. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×