EVENT FESTIVAL TOKYO 20132013年5月26日(日)スタジアムプレイス青山岡本真/Makoto Okamoto @argアカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサーニコニコ学会β実行委員会事務局長
ニコニコ学会βに参加するのは、プロ・アマの違いはあれど「研究者」。本来、マジメで難しいイメージの「研究発表」を、見ていて楽しいエンターテイメントに仕上げる手腕や、関係者を「その気にさせる」方法など、参加型プロジェクト成功の秘訣について、考えてい...
 江渡浩一郎との出会い◦ 2009年: サイエンスアゴラ2009 シンポジウム「"ツタエルコト"はどこにある!? 科学コミュニケーションと学術コミュニケーション」 野家啓一×長尾真×李明喜×折田明子×江渡浩一郎×長神風二×内田麻理香×岡本...
 2011年6月:◦ 江渡浩一郎からの突然の電話 ニコニコ学会βへの自分としての第一歩 2011年夏:◦ 企画書を改訂し続ける日々 2011年12月:◦ 第1回ニコニコ学会βシンポジウム気がつけば、事務局のなかのひとに……
 ARG社の仕事を中心に1. ウェブ学会 - ウェブ研究の推進2. 図書館総合展運営委員会 - 図書館ビジネスショーの開催3. Code4Lib JAPAN事務局 - 図書館ICTトレーニングの推進4. マイニング探検会 - マイニング技術の...
 自分自身の仕事論◦ 「プロデューサー」という立ち位置 Yahoo! JAPAN時代の経験(Yahoo!知恵袋など)◦ 映画制作における「プロデューサー」 タレント(才能)を活かすのが一番の仕事 タレントを助けるヒト、モノ、カネの調達と...
岡本作:第1回シンポジウム進行表
高井作:第4回シンポジウム香盤表
 紹介からの受入◦ コアメンバーからの紹介 大岡寛典さん(アートディレクション、舞台監督) 高井浩司さん(統括ディレクション) 登壇者からの開拓◦ ありらいおんさん、アミッドPさん、なヲタさんほか多数 導線としての「合宿/キャンプ」の...
1. 「なんでもやる」から「なにもやらない」へ(誤解を恐れつつですが)、◦ 極力、パスすることで、自分をベンチへ2. トップとの意思疎通(できていないことも自覚しつつですが)、◦ 状況と懸念、その理由を伝える3. トップ以外との回路の確保(これ...
 運営へのさらなるユーザー参加を!◦ EVENT FESTIVALTOKYO 2013◦ ニコニコ学会βサマーキャンプ2013 – 8/17(土)~8/18(日) 事務局体制の確立◦ 運営委員長と事務局長の分化・分立創り上げる苦楽を共に味わ...
 最初に声をかけてくれた江渡浩一郎さん 裏方3社の相方代表・大岡寛典さん、高井浩司さん 苦楽を共にするニコニコ学会β実行委員会の皆さん いつもご視聴いただいているニコ生の皆さん 機会をくれたEVENT FESTIVAL TOKYO 2...
EVENT FESTIVAL TOKYO 20132013年5月26日(日)スタジアムプレイス青山岡本真/Makoto Okamoto @argアカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサーニコニコ学会β実行委員会事務局長
Event_Festival_Tokyo_2013(20130526)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Event_Festival_Tokyo_2013(20130526)

327
-1

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
327
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Event_Festival_Tokyo_2013(20130526)

  1. 1. EVENT FESTIVAL TOKYO 20132013年5月26日(日)スタジアムプレイス青山岡本真/Makoto Okamoto @argアカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサーニコニコ学会β実行委員会事務局長
  2. 2. ニコニコ学会βに参加するのは、プロ・アマの違いはあれど「研究者」。本来、マジメで難しいイメージの「研究発表」を、見ていて楽しいエンターテイメントに仕上げる手腕や、関係者を「その気にさせる」方法など、参加型プロジェクト成功の秘訣について、考えていきます。
  3. 3.  江渡浩一郎との出会い◦ 2009年: サイエンスアゴラ2009 シンポジウム「"ツタエルコト"はどこにある!? 科学コミュニケーションと学術コミュニケーション」 野家啓一×長尾真×李明喜×折田明子×江渡浩一郎×長神風二×内田麻理香×岡本真 第1回 ウェブ学会シンポジウム「ウェブとコラボレーション」 大向一輝×橋本大也×江渡浩一郎×中山浩太郎 岡本(≒ARG社)は事務局を担当◦ 2010年: 第十回Wikiばな - 知の越境、そして、すばらしきムダ知識へ セッション「知の越境」 江渡浩一郎×長神風二×内田麻理香×岡本真
  4. 4.  2011年6月:◦ 江渡浩一郎からの突然の電話 ニコニコ学会βへの自分としての第一歩 2011年夏:◦ 企画書を改訂し続ける日々 2011年12月:◦ 第1回ニコニコ学会βシンポジウム気がつけば、事務局のなかのひとに……
  5. 5.  ARG社の仕事を中心に1. ウェブ学会 - ウェブ研究の推進2. 図書館総合展運営委員会 - 図書館ビジネスショーの開催3. Code4Lib JAPAN事務局 - 図書館ICTトレーニングの推進4. マイニング探検会 - マイニング技術の勉強会開催5. ニコニコ学会β - 運営事務全般6. ARGWI2研究会 - 研究会のホスティングと運営事務
  6. 6.  自分自身の仕事論◦ 「プロデューサー」という立ち位置 Yahoo! JAPAN時代の経験(Yahoo!知恵袋など)◦ 映画制作における「プロデューサー」 タレント(才能)を活かすのが一番の仕事 タレントを助けるヒト、モノ、カネの調達と調整 「プロデューサー」としての事務局の仕事1. 定型的なことをこなす2. 適切な担当者がいない仕事をこなす(未知ゾーンに入る)3. 新登場の適切な担当者を受け入れる(未知ゾーンを渡す)
  7. 7. 岡本作:第1回シンポジウム進行表
  8. 8. 高井作:第4回シンポジウム香盤表
  9. 9.  紹介からの受入◦ コアメンバーからの紹介 大岡寛典さん(アートディレクション、舞台監督) 高井浩司さん(統括ディレクション) 登壇者からの開拓◦ ありらいおんさん、アミッドPさん、なヲタさんほか多数 導線としての「合宿/キャンプ」の重要性◦ 2012年7月開催@筑波◦ 2013年8月開催予定@横浜参加表明募集中!※詳細はFbページで
  10. 10. 1. 「なんでもやる」から「なにもやらない」へ(誤解を恐れつつですが)、◦ 極力、パスすることで、自分をベンチへ2. トップとの意思疎通(できていないことも自覚しつつですが)、◦ 状況と懸念、その理由を伝える3. トップ以外との回路の確保(これも誤解を恐れつつですが)、◦ 未知の衝突を事前に防ぐ
  11. 11.  運営へのさらなるユーザー参加を!◦ EVENT FESTIVALTOKYO 2013◦ ニコニコ学会βサマーキャンプ2013 – 8/17(土)~8/18(日) 事務局体制の確立◦ 運営委員長と事務局長の分化・分立創り上げる苦楽を共に味わいませんかぜひ、サマーキャンプへ
  12. 12.  最初に声をかけてくれた江渡浩一郎さん 裏方3社の相方代表・大岡寛典さん、高井浩司さん 苦楽を共にするニコニコ学会β実行委員会の皆さん いつもご視聴いただいているニコ生の皆さん 機会をくれたEVENT FESTIVAL TOKYO 2013の皆さん そして、皆さん
  13. 13. EVENT FESTIVAL TOKYO 20132013年5月26日(日)スタジアムプレイス青山岡本真/Makoto Okamoto @argアカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサーニコニコ学会β実行委員会事務局長
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×