• Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,650
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
7
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 図書館のための弁明 パネル討論会 「岡崎市中央図書館ウェブサーバ事件」から 情報化社会を考える 日時:2010年10月2 日(土) 会場:中京大学 八事キャンパス 岡本真(@arg) アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 2. 自己紹介-岡本真(おかもと・まこと)  アカデミック・リソース・ガイド株式会社  代表取締役、プロデューサー  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長  兼任  京都大学 情報学研究科 非常勤研究員  国立情報学研究所 産学連携研究員  東京大学 工学系研究科 総合研究機構 研究員  早稲田大学 ITバイオマイニング研究所 客員研究員  大妻女子大学 社会情報学部 非常勤講師  関西学院大学 文学部 非常勤講師  NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ理事  Code4Lib JAPAN事務局長  第24期東京都立図書館協議会委員  経歴  国際基督教大学卒業(1997年)  編集者等を経て、  1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍  Yahoo!知恵袋、Yahoo!検索ランキング等の企画・設計・運用 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 3. [参考] ACADEMIC RESOURCE GUIDE  1998年7月創刊、週刊、5000部、無料  「インターネットの学術利用」がテーマ  約150人の執筆者、約450回の発行 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 4. 図書館との関わり  ウェブ活用を起点とした批評と提案  メールマガジンでの言及・批評・提案  学術情報の拠点としての図書館  図書館業界からのお声掛かり  2003年、『現代の図書館』(日本図書館協会)への寄稿  2004年、国立国会図書館での講演  2006年、貸出履歴の活用提唱  2008年、日本図書館協会中堅職員研修での講師開始  2010年、第24期東京都立図書館協議会の委員就任、 Code4Lib JAPAN設立 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 5. 図書館事情・考  日本における図書館の現状観  私見としての日本の図書館の実情  サービスの分化意識  来館と遠隔(非来館)、オフラインとオンライン  参考:000番台の棚  ヒト・モノ・カネ  最終的に帰着する「人員・人材」の問題  「システムズライブラリアン」という解決策?  エクスキューズとしての苦しさ  来るべき知識インフラ時代への懸念  担い手たりえない図書館という認識の広がり  ≠既存の「図書館」「ライブラリアン」の肯定 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 6. 図書館に、公共サービスに、望むこと  国立国会図書館との縁  課題指摘→意見聴取→講演依頼→委員就任とい うサイクル  適度な緊張関係(他者感覚)  Government 2.0 / Open Government という解  「市民」観の転換、あるいは「市民」の復権  専門家としての市民/利用者としての市民 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 7. 岡崎市への提案、公共サービスへの提案  図書館協議会の本質的な活用  図書館法  (図書館協議会) 第十四条 公立図書館に図書館協議会を置くことができる。 2 図書館協議会は、図書館の運営に関し館長の諮問に応ず るとともに、図書館の行う図書館奉仕につき、館長に対して意 見を述べる機関とする。  岡崎市立図書館条例  第9条 図書館法第14条第1項の規定により、図書館に図書 館協議会を置く。 2 図書館協議会は、10人以内の委員で組織する。 3 前項の委員(以下「委員」という。)の任期は、2年とする。 ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。 4 委員は、再任されることができる。 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 8. [PR] Code4Lib JAPAN  ミッション  「日本の図書館をヤバくする」  具体的には、  ウェブ技術活用の経験とスキルの飛躍的向上を図り、  Workshopの定期開催(ビギナー向け)  Campの開催と海外派遣(エキスパート向け)  各種提言のとりまとめ  グッドプラクティスの認定  そして、組織そのものの持続的運営  そのために、  Workshopの誘致(参加費以外の開催費用はすべて当方負 担)  サポーター(個人)/スポンサー(法人)制度への加入 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 9. [PR] Code4Lib JAPAN Workshop  第2回Code4Lib JAPANワークショップ 「Webのログファイルを読む・解析する」 (サービス構築コース)  日時:2010年10月24日(日)  会場:筑波大学 春日キャンパス  会費:2万円  講師(予定、あいうえお順):  江草由佳(国立教育政策研究所)  小野永貴(筑波大学、株式会社しずくラボ)  阪口哲男(筑波大学)  高久雅生(物質・材料研究機構)  林 賢紀 (農林水産研究情報総合センター)  定員:30名(先着順) 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 10. [PR] Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010  Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010  日時:2010年11月24日(水)  会場:パシフィコ横浜  会費:無料  講師(予定、あいうえお順):  丸山高弘(山中湖情報創造館)  常川真央(筑波大学、株式会社しずくラボ)  米田渉(成田市立図書館)  高久雅生(物質・材料研究機構)  小野亘(一橋大学附属図書館)  他、Code4Lib JAPANメンバー  定員:150名(先着順) 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 11. [PR] U40 – Future Librarian U40 若い ライブラリアン に期待と希望を 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 12. [PR]国立情報学研究所(NII) 第2回CiNiiウェブAPIコンテスト 10月15日(金)〆切 http://ci.nii.ac.jp/info/ja/web_api_contest_2010.html 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 13. [PR]国立国会図書館 レファレンス協同データベースAPI腕自慢 12月末まで募集中 http://crd.ndl.go.jp/jp/library/api_2010.html 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  • 14. ご清聴に感謝、続きは討論で 岡本真(@arg) アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.