Daitoken Kanagawa(20080228)

633 views

Published on

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
633
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Daitoken Kanagawa(20080228)

  1. 1. 図書館の魅力を考える -なぜ、図書館に関わるのか 大学図書館問題研究会神奈川支部 2008 年 2 月例会 日時: 2008 年 2 月 28 日 ( 木 ) 会場:鶴見大学図書館 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) を創刊 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年、 TRC ライブラリー・アカデミーや文部科学省図書館地区別研修の講師を担当 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. なぜ、図書館に関わるのか http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 出発点 の 確認
  4. 4. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) <ul><li>インターネットの学術利用をテーマにした </li></ul><ul><ul><li>メールマガジン </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1998 年 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ウェブサイト </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1998 年 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ブログ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>2004 年 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  5. 5. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の展開 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  6. 6. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の展開-図書館 <ul><li>「利用者の目からみた図書館の目録( 2003 年) </li></ul><ul><li>「国立国会図書館への評価と期待」( 2005 年) </li></ul><ul><li>「大学図書館のホームページを「再」設計しよう」( 2005 年) </li></ul><ul><li>「総論「価値観の交差点」」( 2006 年) </li></ul><ul><li>「 Web2.0 時代の図書館- Blog, RSS, SNS, CGM 」( 2006 年) </li></ul><ul><li>「図書館サイトの現状」( 2007 年) </li></ul><ul><li>「病院ライブラリアンにとっての Web2.0 」( 2007 年) </li></ul><ul><li>「 Web2.0 と図書館」( 2007 年) </li></ul><ul><li>「試論:理想の OPAC を求めて」( 2007 年) </li></ul><ul><li>「 5 年の歳月が育んだもの」( 2007 年) </li></ul><ul><li>「 Web2.0 時代の図書館」( 2007 年) </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  7. 7. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の展開-図書館以外 <ul><li>「社会科学系ホームページの現状と課題」( 2000 年) </li></ul><ul><li>「インターネットにおける経済学サイト」( 2001 ~ 2002 年) </li></ul><ul><li>「ネット・コンテンツとしての法情報の有益性と有害性」( 2001 年) </li></ul><ul><li>「学術系リソースの可能性」( 2005 年) </li></ul><ul><li>「これからの学術情報流通におけるインターネットの役割」( 2001 年) </li></ul><ul><li>「いまなぜ研究者の個人ホームページなのか」( 2006 年) </li></ul><ul><li>『これからホームページを作る研究者のために』( 2006 年) </li></ul><ul><li>「インターネットが研究を変えるために」( 2006 年) </li></ul><ul><li>「学術研究プラットフォームとしてのネットサービスを夢見る」( 2007 年) </li></ul><ul><li>「「 Web2.0 」時代に対応する学術情報発信へ」( 2007 年) </li></ul><ul><li>「内容の向上の追求とトップランナーへの試行錯誤を」( 2008 年) </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  8. 8. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の現状 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  9. 9. それでも、 なぜ、図書館に関わるのか http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 図書館との接点と視点
  10. 10. インターネットでの図書館との出会い http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  11. 11. ネットで図書館が輝いていた時代 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  12. 12. 色あせる図書館の存在 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  13. 13. 図書館の凋落の背景 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  14. 14. 図書館の姿勢-守勢と回避 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  15. 15. 図書館への再びの期待と希望 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  16. 16. あらためて、 なぜ、図書館に関わるのか http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 図書館 への問い
  17. 17. 図書館に問う前の自問 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  18. 18. 図書館への本音 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  19. 19. 明日の図書館への問い http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  20. 20. 明日の図書館への条件 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  21. 21. 参考:国立国会図書館の変化 <ul><li>国立国会図書館の変化 </li></ul><ul><ul><li>PORTA への道 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>参考:丸善ライブラリーニュース号外 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>外部の積極的な取り込み </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  22. 22. 変革への兆しと希望 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  23. 23. いま始めること http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  24. 24. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×