レファレンス協同データベースに期待すること - Web 標準、 API 公開、レファレンス再定義 第 4 回レファレンス協同データベース事業 参加館フォーラム 日時: 2008 年 2 月 22 日 ( 金 ) 会場: 国立国会図書館関西館 岡...
自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul...
本日の構成( 3 段階の課題) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
本日の構成( 3 段階の提案) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
もっと見つけられるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG Web 標準による SEO
SEO の普及-企業サイト調査から http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:日本アドバタイザーズ協会 Web 広告研究会調査委員会 「第 3 回企業ホームページ運営状況調査結果報告書」( 2007...
Web 標準による SEO とは http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 論理的な(当たり前の)サイト構築技法 S earch  E ngine  O ptimization (検索エンジン最適化) 検...
有用性を増す検索エンジン http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 検索結果経由の サイトアクセスが伸長 出典:ネットレイティングス株式会社プレスリリース、 2006 年 3 月 29 日 ACADEMI...
検索エンジンでのレファレンス事例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
当該のレファレンス事例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
Web 標準の欠如 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
Web 標準の準拠による SEO http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
人も機械も見つけやすいサイトへ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
もっと使われるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG API 公開と データ設計
API と主な公開企業 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 岡本真「「 Web2.0 」時代に対応する学術情報発信へ-真のユーザー参加拡大のためのデータ開放の提案」(『情報管理』 49-11 、科学...
農林水産研究情報センターの API http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 農林水産関係試験研究機関 総合目録 から書誌情報を抽出 ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
API 公開と API 利用の実例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
レファ協 API が秘める能力 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 専門家集団による集合知 ガイドラインに基づく体系性 ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG データベース名 デー...
レファ協 API が拓く可能性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 個人がサイトを公開する際の注意点をまとめた本はないか。 『これからホームページをつくる研究者のために』がある。 この本の著者の専門...
レファ協 API が叶える現実(例) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
レファ協 API が招く意外性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
API を前提としたデータ設計の重要性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 致命的なデータの欠落 ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
Intermission http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG ここまでのおさらい
もっと見つけられ、もっと使われるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 接触・利用の機会が増えれば、内容が問われる機会も増える。 ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
もっと評価されるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG レファレンス再定義
情報爆発時代の到来 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:経済産業省商務情報政策局「「情報大航海時代」に向けて」 ( IT による「情報大航海時代」の情報利用を考える研究会(第 3 回)配付資料...
検索志向の変化 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
次世代検索への潮流 <ul><li>Q&A サイト(問題解決志向)の台頭 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:ネットレイティングス株式会社プレスリリース、 2007 年 2...
レファレンスに求められる役割 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 人は断片的な情報ではなく、答えそのもの、あるいは問題解決を望んでいる。 ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
レファレンス事例の現状( 1 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
レファレンス事例の現状( 2 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
レファレンス事例の現状( 3 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
レファ協におけるレファレンス定義 <ul><li>あらゆる形式の記録された情報(知識)又は資料そのものにアクセスしようとする利用者に支援、助言及び指導を行う図書館サービス。支援、助言及び指導は、利用者に対する直接サービス及び間接サービスとして展...
New Definition of Reference <ul><li>Reference Transactions are information consultations in which library staff recommend,...
レファレンス再定義 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 価値中立 からの脱却 ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
そして、もっと評価されるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG
そして、もっと評価されるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE  ARG レファレンス再定義
ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUI...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

4th Crd Forum(20080222)

1,382

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,382
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "4th Crd Forum(20080222)"

  1. 1. レファレンス協同データベースに期待すること - Web 標準、 API 公開、レファレンス再定義 第 4 回レファレンス協同データベース事業 参加館フォーラム 日時: 2008 年 2 月 22 日 ( 金 ) 会場: 国立国会図書館関西館 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) を創刊 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年、 TRC ライブラリー・アカデミーや文部科学省図書館地区別研修の講師を担当 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. 本日の構成( 3 段階の課題) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  4. 4. 本日の構成( 3 段階の提案) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  5. 5. もっと見つけられるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG Web 標準による SEO
  6. 6. SEO の普及-企業サイト調査から http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:日本アドバタイザーズ協会 Web 広告研究会調査委員会 「第 3 回企業ホームページ運営状況調査結果報告書」( 2007-06 ) ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  7. 7. Web 標準による SEO とは http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 論理的な(当たり前の)サイト構築技法 S earch E ngine O ptimization (検索エンジン最適化) 検索エンジン SPAM とは異なる ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  8. 8. 有用性を増す検索エンジン http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 検索結果経由の サイトアクセスが伸長 出典:ネットレイティングス株式会社プレスリリース、 2006 年 3 月 29 日 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  9. 9. 検索エンジンでのレファレンス事例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  10. 10. 当該のレファレンス事例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  11. 11. Web 標準の欠如 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  12. 12. Web 標準の準拠による SEO http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  13. 13. 人も機械も見つけやすいサイトへ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  14. 14. もっと使われるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG API 公開と データ設計
  15. 15. API と主な公開企業 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 岡本真「「 Web2.0 」時代に対応する学術情報発信へ-真のユーザー参加拡大のためのデータ開放の提案」(『情報管理』 49-11 、科学技術振興機構、 2007-02-01 ) ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  16. 16. 農林水産研究情報センターの API http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 農林水産関係試験研究機関 総合目録 から書誌情報を抽出 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  17. 17. API 公開と API 利用の実例 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  18. 18. レファ協 API が秘める能力 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 専門家集団による集合知 ガイドラインに基づく体系性 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG データベース名 データ件数 レファレンス事例 14,897 調べ方マニュアル 383 特別コレクション 161 参加館プロファイル 445
  19. 19. レファ協 API が拓く可能性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 個人がサイトを公開する際の注意点をまとめた本はないか。 『これからホームページをつくる研究者のために』がある。 この本の著者の専門を知りたい。 学生時代は日本政治思想史とある。現在はウェブの学術利用である。 この本とテーマが近い本を探している。 著者は『これから論文を書く若者のために』を挙げている。 Q Q Q A A A ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  20. 20. レファ協 API が叶える現実(例) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  21. 21. レファ協 API が招く意外性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  22. 22. API を前提としたデータ設計の重要性 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 致命的なデータの欠落 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  23. 23. Intermission http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG ここまでのおさらい
  24. 24. もっと見つけられ、もっと使われるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 接触・利用の機会が増えれば、内容が問われる機会も増える。 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  25. 25. もっと評価されるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG レファレンス再定義
  26. 26. 情報爆発時代の到来 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:経済産業省商務情報政策局「「情報大航海時代」に向けて」 ( IT による「情報大航海時代」の情報利用を考える研究会(第 3 回)配付資料) ( 2006-06-12 ) ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  27. 27. 検索志向の変化 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  28. 28. 次世代検索への潮流 <ul><li>Q&A サイト(問題解決志向)の台頭 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 出典:ネットレイティングス株式会社プレスリリース、 2007 年 2 月 22 日 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  29. 29. レファレンスに求められる役割 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 人は断片的な情報ではなく、答えそのもの、あるいは問題解決を望んでいる。 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  30. 30. レファレンス事例の現状( 1 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  31. 31. レファレンス事例の現状( 2 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  32. 32. レファレンス事例の現状( 3 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  33. 33. レファ協におけるレファレンス定義 <ul><li>あらゆる形式の記録された情報(知識)又は資料そのものにアクセスしようとする利用者に支援、助言及び指導を行う図書館サービス。支援、助言及び指導は、利用者に対する直接サービス及び間接サービスとして展開する。 </li></ul><ul><ul><li>レファレンス協同データベース事業データ作成・公開に関するガイドライン( 2005 ) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  34. 34. New Definition of Reference <ul><li>Reference Transactions are information consultations in which library staff recommend, interpret, evaluate, and/or use information resources to help others to meet particular information needs. Reference transactions do not include formal instruction or exchanges that provide assistance with locations, schedules, equipment, supplies, or policy statements. </li></ul><ul><li>Reference Work includes reference transactions and other activities that involve the creation, management, and assessment of information or research resources, tools, and services. </li></ul><ul><ul><li>Reference and User Services Association (2008) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  35. 35. レファレンス再定義 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 価値中立 からの脱却 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  36. 36. そして、もっと評価されるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  37. 37. そして、もっと評価されるために http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG レファレンス再定義
  38. 38. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×