Your SlideShare is downloading. ×
専門知と公共知
-万人の、そして万人のための

       第十回Wikiばな
       - 知の越境、そして、すばらしきムダ知識へ

       日時:2010年6月12日(金)
       会場:IIJ


        岡本真...
「知」を巡る2つの経験から


1. ACADEMIC RESOURCE GUIDE
   (ARG)
2. Yahoo!知恵袋



                                                     2...
1. ACADEMIC RESOURCE GUIDE
   (ARG)
 1998年7月創刊、週刊、5000部、無料
 「インターネットの学術利用」がテーマ
 約150人の執筆者、約400回の発行




                ...
ARGの経験から
 専門性の発見
  「インターネットの学術利用」というテーマ設定
  共通する一点からのアプローチ
 職業的専門家の限界
  受動的な気づき
   個々の分野の作法を説かれる
  能動的な気づき
   社会問題...
2. Yahoo!知恵袋




                                                     5

           Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Righ...
Yahoo!知恵袋の経験から
 設計者としての基本哲学≠ヤフー公式見解
  誰もが何かの専門家
 Yahoo!知恵袋における一定の成功
  教え/教えられる柔軟な関係の実現
 Yahoo!知恵袋における課題と反省
  複数IDの使い...
「知」を巡る2つの経験から
 基本的な立場:
  人は「誰もが何かの専門家」である(専門知)
 懸念する事柄:
  横たわる「差」
    「専門性」の社会での位置づけ
    「公の研究」と「私の趣味」の差
     専門知の二...
ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に




         岡本真
   アカデミック・リソース・ガイド株式会社
     代表取締役/プロデューサー
                                               ...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

10th wiki bana(20100612)

1,587

Published on

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,587
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "10th wiki bana(20100612)"

  1. 1. 専門知と公共知 -万人の、そして万人のための 第十回Wikiばな - 知の越境、そして、すばらしきムダ知識へ 日時:2010年6月12日(金) 会場:IIJ 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  2. 2. 「知」を巡る2つの経験から 1. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 2. Yahoo!知恵袋 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  3. 3. 1. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)  1998年7月創刊、週刊、5000部、無料  「インターネットの学術利用」がテーマ  約150人の執筆者、約400回の発行 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  4. 4. ARGの経験から  専門性の発見  「インターネットの学術利用」というテーマ設定  共通する一点からのアプローチ  職業的専門家の限界  受動的な気づき  個々の分野の作法を説かれる  能動的な気づき  社会問題に対する発言の危うさ  在家信徒の課題  欠落したトレーニングをリカバリーする難しさ  権威づけ以外の自尊感情を喚起する難しさ 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  5. 5. 2. Yahoo!知恵袋 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  6. 6. Yahoo!知恵袋の経験から  設計者としての基本哲学≠ヤフー公式見解  誰もが何かの専門家  Yahoo!知恵袋における一定の成功  教え/教えられる柔軟な関係の実現  Yahoo!知恵袋における課題と反省  複数IDの使い分け現象  Wiki的なブラッシュアップの欠如 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  7. 7. 「知」を巡る2つの経験から  基本的な立場:  人は「誰もが何かの専門家」である(専門知)  懸念する事柄:  横たわる「差」  「専門性」の社会での位置づけ  「公の研究」と「私の趣味」の差  専門知の二分化:公共知と趣味知  解決への対策:  学問の作法との距離感  Respectを生む仕掛け 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  8. 8. ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.

×