devlove2014management
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

devlove2014management

on

  • 1,650 views

「マネジメントのキャリアってどうなの」

「マネジメントのキャリアってどうなの」
DevLOVE甲子園 心チーム 2回の表
2014/08/23
#devlove #devlove心

Statistics

Views

Total Views
1,650
Views on SlideShare
1,414
Embed Views
236

Actions

Likes
19
Downloads
13
Comments
0

4 Embeds 236

http://eventdots.jp 215
https://twitter.com 12
http://s.deeeki.com 8
http://www.slideee.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

devlove2014management Presentation Transcript

  • 1. マネジメントへの キャリアってどうなの? 2014/08/23 株式会社ヴァル研究所 新井 剛 DevLOVE甲子園 心チーム 2回の表 1
  • 2. 誰? 2
  • 3. 3
  • 4. •前職 •Java関連雑誌執筆/登壇 •オーストラリアの大学院で武者修行 •(株)ヴァル研究所 とある部署の部長 •緊急地震速報、ミドルエンジン開発 •コミュニティ •アジャイルサムライBaseCamp、schoo 学級委員、DevLOVEのお手伝い、 JAWS-UG中央線雑務 4
  • 5. 本日の概要 5
  • 6. これから管理職になる君に エモーションの話です 6
  • 7. アジェンダ 1.  きっかけ 2.  成果物 3.  仲間がいない時はどうするか 4.  自分 5.  失敗はまだ失敗ではない 7
  • 8. 1.きっかけ 8
  • 9. 9 期待マネジメント ! • 期待をちょっとでも良いから越える • 覚悟を決め、肚をくくる • とにかく熱意を持っていた • 一生懸命さは、心を動かせるかも • HaveToからWantToに自ら変えた
  • 10. でもまったくわからない 10 • だから勉強する • そして実践する • 技術習得の方法論と同じ • 技術・経営・マネジメント・リーダー シップも同じ • 知的好奇心フルスロットル
  • 11. • IT技術より深い歴史があ る人類が家族を越えて • 共同生活を始めた時から 存在 11 管理・マネジメント
  • 12. 12 いろいろ書物で勉強していくと • XP、Scrum、Leanで学んだこ とが次ぎから次ぎへとでてくる • 知の巨人達が学んだマネジメントが これらのフレームワークやパターン や開発手法に織り込まれている • 知識労働者、組織論、育成、人間力
  • 13. 2. 成果物 13
  • 14. エンジニアの成果物 14 サービス・システム・プロダクト・プ ロジェクト・インフラ・ソースコード・ 自動化
  • 15. マネジメントの成果物 15 業績のUP・組織ミッションの 達成・財務的成功・育成
  • 16. 創造するものはチームワークや組織文化 16 • こっちが重要 • 文化は定量的に測ることができな いからこそ、マネジメントが着手 しなくてはいけない領域
  • 17. こんな会社で働きたい こんな会社を目指したい を強く信じる 17 どうやって?
  • 18. 18 自分が働きたかった 環境をめざす  
  • 19. 19 • いかに口だけでなく、行 動に移せるかが非常に重 要 • 「これやっといた」「私 やります」「俺やっとき ます」が言える環境
  • 20. 20 でも、なかなか実現できない
  • 21. 21 ジレンマやしがらみ 破る方法は
  • 22. ハッカー・マインド 22 許可を求めるな謝罪せよ
  • 23. try100 23 • 奉仕・見える化・カイゼン・学 習 • 例えば • 貼れるホワイトボード勝手 に設置 • 夕方10分散歩の実験
  • 24. 言われたことをヤルのではなく、率 先して行動するような文化を形成 24 • 成果を出すための率 先した行動 • 仕事を楽しくするた めの工夫
  • 25. マネジメントって 25 • 山が異なる。上とか下ではな い。種類が異なる • 経験しないと分からない • 違う視点、今いる自分の立場 とは異なる視点で物事を見る
  • 26. 自分にもきちんとみかえりがある 26 「高い志を抱いて山を登りはじめる 人には、その人にしか歩めない登頂 ルートがある。そして、その登頂ルー トでしか見ることのできない景色が ある」 元スターバックスジャパンCEO 岩田 松雄 氏
  • 27. マネジメント職は 業績だけではなく、文化の形成 に尽力する役目がある。 そしてハッカーマインドが大事 27 ここまでのまとめ
  • 28. 3.仲間がいない時 はどうするか 28
  • 29. 29 まず信頼関係構築しよう • 勉強しよう • 価値観を共有しよう • 信じよう • 弱みをみせよう • 感謝を伝えよう • 夢を語ろう • 飯を食いにいこう • 酒飲みにいこう
  • 30. 共感 30 • 全員と共感を得ることを最初から目指さな い • でも1人でも共感してくれれば、十 分な成果じゃないか!  • 自分自身が信じて一生懸命ガムシャ ラに行動する
  • 31. カヤック 柳澤 大輔氏 31 • やりたいことがあれば良いけど、なくても一 生懸命やる • どっちが先でも良い。すると、メカニズムが できてくる • 今を楽しむ。先のことを考えずに全力でやる
  • 32. プランドハップンスタンス理論 32 • 天職というものはない • キャリアとは偶発の積み重ね • 都度チャンスだと思い最善を 尽くし全力で向かう過程
  • 33. それでもNGならコミュニティに行こう 33 • 同じ境遇の人がたくさんいる • 上司をつれてくるってのもあり • 頑張っている人がコミュニティにはい て、生身の人間として存在している
  • 34. 脳内バリア・コンフォートゾーンをぶち破る 34 • 人間は現状が楽しいか辛いかに関係なく、辛 くても現状を変える労力を惜しむ。変化を嫌 う • それほど人間は現状維持にこだわり、保守的 になってしまう • コミュニティの人達と共有・共感することで、 バリアを破ることができる
  • 35. 仲間づくりには、 信頼・共感・一生懸命 そしてコミュニティ 35 ここまでのまとめ
  • 36. 4.自分 36
  • 37. 責任と意思決定の重さは増加 する ! 環境・他人のせいに してても始まらない 37
  • 38. 他人と過去は変えられない 変えられるのは自分と未来だけ 38
  • 39. あなたが変われば、何かがおきる 心が変われば、 態度が変わる。 態度が変われば、行動が変わる。 行動が変われば、習慣が変わる。 習慣が変われば、人格が変わる。 人格が変われば、運命が変わる。 運命が変われば、人生が変わる。 39
  • 40. 自分を磨く ! 自分の知的好奇心を くすぐろう 40
  • 41. 41 自分と向き合うこと ! コツコツと努力する能力 仕事で自分自身を磨く
  • 42. 真 であれ 誠実であれ 自分を律しろ ! to do good より to be good 42
  • 43. リーダーやマネジメン トでも、結局、自分自 身と向き合うことが要 43 ここまでのまとめ
  • 44. 5. あなたの失敗は まだ失敗ではない 44
  • 45. 困り方が足りない 45 大野耐一
  • 46. どうモガいても、 ダメなときがある。 手を合わせるしか方法がな いときがある。 本当の目が開くのは、 その時である。 46 相田みつを
  • 47. 便利で快適で安全な社会で暮ら していると、その遺伝子にスイッ チが入らないんです。 ! ところがどん底に行った時に、 ポーンとスイッチが入るんですよ。 47 岡田武史
  • 48. チャレンジして失敗を恐れる よりも 何もしないことを恐れろ 48 本田宗一郎
  • 49. 私の最大の光栄は、 一度も失敗しないことではなく 倒れるごとに 起き上がることにある 49 オリバー・ゴールドスミス
  • 50. 6. 最後に 50
  • 51. 高い志をもって 大きなうねりを メンバーと創る 51
  • 52. • ITの時計の針を進める ! • IT業界のDNAの螺旋 に一撃を刻み込もう 52
  • 53. 仲間と共に! 53
  • 54. そうそうメリット 企業間人材交流の話 54
  • 55. ご清聴 ありがとう ございました 55