NGNとセンサネットが挑戦するコンテキストアウェアサービス

2,202 views
2,119 views

Published on

NGN, IMS, sensor networkを道具につかったコンテキストアウェアサービス

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,202
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
32
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

NGNとセンサネットが挑戦するコンテキストアウェアサービス

  1. 1. NGN とセンサネットが挑戦するコン テキストアウェアサービス 森川研究室 博士課程 荒木靖宏
  2. 2. NGN とセンサネットが挑戦するコンテキス トアウェアサービス • センサ使用アプリケーション • コンテキストアウェアサービス • NGN/IMS のサービスモデル • センサネットワークと NGN • 森川研究室における取り組み Mlab ネットワークリサーチフォ 2 ーラム 2008
  3. 3. センサ使用アプリケーションの 分類 • モニタリング型サービス – センサデータは記録された後で利用される – 記録技術が重要 – ほぼ完成している • イベントドリブン型サービス – センサデータはトリガとして使われる – イベント検知および通知技術が必要不可欠 • 異種センサネットを接続する場合はそれらの透過性が 重要 – これから期待されるサービス • 広範囲かつ柔軟なセンサ連携 Mlab ネットワークリサーチフォ ーラム 2008 3
  4. 4. コンテキストアウェアサービス とは? • 環境が自分の行動を支援する • 動作概念 – センサから情報を取得 – 人や環境のコンテキストを推定 – 情報をネットワークから取得、加工 – 人や環境に情報を提示したり、アク チュエータを動作 • 現状では限定的な利用にとどまる – 特別なデバイス、特別な通信環境が 前提となっている – 既に使用しているデバイスやサービ ス以上のサービスが期待される Mlab ネットワークリサーチフォ 4 ーラム 2008
  5. 5. NGN/IMS でのサービスモデル Services Services Services Services Content and Services Servers .. . PSTN / ISDN Data / IP CATV PLMN IP Core Access Access Access Broadcast UMTS GSM/EDGE PSTN / xDSL ISDN WiFi/WiMax Mlab ネットワークリサーチフォ 5 Dedicated technologies – duplicated functions ーラム 2008
  6. 6. NGN によるユビキタスコンテキ ストアウェアサービスの可能性 • NGN/IMS コンポーネントはコンテキストの 元になる情報を持っている – In HSS, XDMS, AS, AAA 基盤 • サービスデリバリに必要な要素を持つ セ – 複数レイヤでのモビリティサポート ン サ • By Radio link, SGSN, GGSN, SIP ネ ッ – 広大なカバーエリアとアクセス ト の • Fix line, GSM, Wi-Fi 領 分 • しかし不十分 – きめの細かい情報が決定的に足りない – 通信サービスの形でしかサービスを実現できない Mlab ネットワークリサーチフォ ーラム 2008 6
  7. 7. センサネットワークデザインと NGN コンテキストに基づいた • NGN/IMS は水平統合 サービスの提供 モデル AS SCIM • センサーネットワー クは垂直統合モデル コンテキスト セ ン 作成、保持、推測 – センサシングデー サ タの共有をしない ー ネ ッ HSS XDMS – アドホックなアプ ト リケーション構築 ワ ー ができない ク コンテキストソースの獲得 – サービスエリアが 限定されている センサーネットワーク wireless Fix line モビリティ ユーザ Mlab ネットワークリサーチフォ 7 ーラム 2008
  8. 8. センサネットの課題 • 構築が大変 – 全て作りこむのはハイコスト – IP を利用してもコストは高い • 双方向通信の保証が困難 • NAT やファイヤーウォール越えの問題 • 安全に運用するのが大変 – サービス提供者がデータを収集しなければならない – 規模拡大に伴うセキュリティ保護コストの増加 – 双方向認証,及びデータの暗号・復号のためのデジ タル証明書・デジタル鍵を発行・配布するコスト • 相互接続が大変 Mlab ネットワークリサーチフォ ーラム 2008 8
  9. 9. IMS によるセンサネットワーク 拡張 • 利点 – IMS のサービスによって構築コストが軽減 • シングルサインオン,セキュリティ,ユーザ情報 – IMS による異種センサネットワークの相互接続 – これらによるカバーエリアの拡大 • 接続方法 – IMS の UE としてセンサノード接続 • センサネット – IMS ゲートウェイの使用も可能 – センサに十分なリソースがない,既存のセンサ活用,デー タアグリゲーション等様々なメリットがある Mlab ネットワークリサーチフォ ーラム 2008 9
  10. 10. IMS におけるセンサノード • IMS の UE としてセンサノードは接続される • センサネット – IMS ゲートウェイ – センサに十分なリソースがない,既存のセンサ活用 ,データアグリゲーション等様々なメリットがある • データの送信先は XDMS が適当 – 現状で XML が広範に適用されている – XDMS 以外でもいいが XDMS のみ標準化されている • データ形式は XML で,離散的に扱う – XDMS には XCAP もしくは SIP PUBLISH で送信 • SIP Event package によるイベント制御が可能 Mlab ネットワークリサーチフォ ーラム 2008 10
  11. 11. センサネット ,IP と NGN/IMS の 比較 Sensor Network IP IMS プロトコル 様々 ← SIP によるセッション管 モビリティ 物理レイヤ IP 理 統合して提供 カバーエリア 限定的 Internet 広範囲 サービス連携 UPnP, Jini, EchoNet 様々 SCIM, SDP 識別子 アプリケーション依存 URI SIP URI 基本情報と管 多様なセンシング結果 ← HSS によって接続情報と 理者 が分散 AAA 管理 認証 アプリケーション依存 ← 統一サービス 付加情報 アプリケーション依存 ← XDMS 内の XML サービス アプリケーション依存 ← XDMS 11
  12. 12. NGN/IMS + Sensor network • チャレンジ 非技術者でも – センサーネットワークを サービスを構 使ったアプリケーション 築できる を IMS 基盤で簡単につく SCIM れるようにする – サービスやコンポーネン ト、デバイスを再利用し HSS XDMS 、コンテキストアウェア 化するフレームワークを sensor 作る sensor sensor sensor sensor sensor 既存デバイス& 人間の行動範囲すべてをカバー サービスの Mlab ネットワークリサーチフォ 再利用と連携 12 ーラム 2008
  13. 13. 森川研における取り組み • サービス合成・連携プラットフォーム • DLNA による連携  • ヘルスケア • 電力制御 Mlab ネットワークリサーチフォ 13 ーラム 2008
  14. 14. Thanks! Mlab ネットワークリサーチフォ 14 ーラム 2008
  15. 15. IMS でのイベントドリブンサー ビス • IMS での SIP Event Package は任意のノード で処理可能 – 対応ノードであれば処理可能 • 特定イベント手続について XDMS に SIP SUBSCRIBE を 送信して, XDMS からの SIP NOTIFY を受信する – 多くは XDMS で処理される • XCAP と SIP インタフェースを持つ AS XDMS Sensor XDMS Sensor AS は XDMS SIP SUBSCRIBE SIP SUBSCRIBE 上の XML 情 イベント XDMS は Sensor 200 OK 200 OK 報の変化通 XCAP にイベント発生時 知を要求 に通知を要求 イベント 200 OK SIP NOTIFY SIP NOTIFY 200 OK 200 OK 15 Mlab ネットワークリサーチフォ ーラム 2008

×