Aws update jawstokyo-public

1,147 views
1,023 views

Published on

AWSサービスアップデート2014年年初から4月10日まで

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,147
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
107
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Aws update jawstokyo-public

  1. 1. AWSサービスアップデート 2014年ここまでの抜粋版 と AWSサミットSFO 2014年4月11日 荒木靖宏 ( @ar1 ) プリンシパルソリューションアーキテクト
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 •  名前 –  荒⽊木  靖宏(twitter:  ar1) •  肩書 –  JAWS-‐‑‒UG→AWSへ –  プリンシパルソリューション アーキテクト •  好きなAWSサービス –  Amazon  Virtual  Private   Cloud –  AWS  Direct  Connect
  3. 3. 新世代のメモリ最適化インスタンスタイプ(R3)が利用可能に •  利用可能リージョン –  米国東部(バージニア北部)、米国西部(北カリフォルニア)、米国西部(オレゴン州)、 EU(アイルランド)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシフィック(シドニー)、アジアパ シフィック(シンガポール) •  スペック –  Intel Xeon E5-2670 v2 "Ivy Bridge" プロセッサ –  Hardware Virtualization (HVM) のみ –  SSD-backed インスタンスストレージ (TRIMサポート) –  低レイテンシー、低ジッタ、高い秒間あたりのパケット性能を持つ拡張されたネットワーク 2014/04/10 http://bit.ly/1kvdG2V
  4. 4. 新世代のメモリ最適化インスタンスタイプ(R3)が利用可能に •  価格(東京リージョン) –  GiBあたり$0.0138 (largeのみ$0.0140) –  m2(GiBあたり$0.0168)の約8割の料金で利用可能 2014/04/10 http://bit.ly/1kvdG2V
  5. 5. S3が66%安くなりました! 1月に6%下げ 4月に65%下げ
  6. 6. 2014年のサービスアップデートまとめ •  1月:15個 •  2月:13個 •  3月:20個 •  4月:6個
  7. 7. Amazon AppStreamを全てのデベロッパーが利用可能に •  サービス開始に合わせて下記の重要な機能を追加 –  自動化されたバージョン検出 - AppStreamはクライアント作成に使用したSDK のバージョンを検出し、互換性のあるバックエンドのサービスを自動で起動する ように。これにより、クライアントのアップグレードを必要としないで、AppStream とSDKを進化させることが可能に。 –  Macクライアントのサポート - Mac上で実行するクライアントの開発が可能とな る、OSX SDK を用意。 –  クライアントSDKの改良 - クライアントSDKを改良し、ゲームコントローラーをサ ポート。 また、キーボードやタッチイベント用の拡張された入力マッピングモデル も提供。 –  スタートガイドの単純化 - ドキュメントとパッケージングモデルを改善し、最初の アプリケーションをすぐに実行できるように 2014/03/12 http://bit.ly/1ieALmj
  8. 8. Amazon WorkSpaces が誰でもご利用可能に! •  米国東部(北バージニア)と米国西部(オレゴン)リージョンで提供開始 •  クライアントがWorkSpaceに接続するのに必要なもの –  インターネット接続 (TCPポート433とUDPポート4172) •  既存のActive Directoryドメインを使ったユーザー管理が可能 •  公開に合わせてAmazon Workspaces Syncも同時に公開 –  継続的に、自動的に、かつ安全に、WorkSpaceで作成したり編集したドキュメ ントをAmazon S3にバックアップ –  ローカルコンピュータのデータをWorkSpaceと同期することも可能 2014/03/26 http://bit.ly/1ePndxi
  9. 9. RedShiftにSSD登場 " Amazon Redshiftに新しい高密度コンピュートノードを追加 •  http://bit.ly/19Txf06 " Dense  Compute  Large  (dw2.large)  DW  Node: •  CPU:  2  virtual  cores •  ECU:  7 •  Memory:  15  GiB •  Storage:  0.16  TB  SSD •  Disk  I/O:  0.2  GB/s •  Price:  $0.33  /  hour  /  node  (Tokyo/オンデマンド) " Dense  Compute  Eight  Extra  Large  (dw2.8xlarge)  DW  Node: •  CPU:  32  virtual  cores •  ECU:  104 •  Memory:  244  GiB •  Storage:  2.56  TB  SSD •  Disk  I/O:  3.7  GB/s •  Price:  $6.400  /  hour  /  node  (Tokyo/オンデマンド)
  10. 10. リザーブドインスタンスの使用状況が確認可能に " Amazon EC2 インスタンスの利用状況とリザーブドインスタンスの 使用状況レポートが利用可能に •  http://bit.ly/1dRiXIt •  レポートを有効にするにはAWSアカウントの”Detailed Billing Reports With Resources and Tags”を有効にするだけでOK •  Billing ConsoleのReportsタブから閲覧可能
  11. 11. Cost Explorer が利用可能に •  AWSの料金をレポート、分析、視覚化できる新しいツール •  時間の範囲をカスタマイズでき、月次と日次のデータを切り替え可能 •  Linked Account、サービス、タグを組み合わせた、データのフィルタリングおよびドリルダウンするこ とも可能 •  データをサービス毎、Linked Account毎にグルーピングすることも可能 •  データをCSVファイルとしてダウンロード可能 •  IAMポリシーを使ったアクセス制御も可能 2014/04/08 http://bit.ly/1oKtb9a
  12. 12. Elastic Load Balancerのアクセスログを保存可能に •  以下を設定可能 –  Amazon S3のバケット名 –  ログファイルに使用されるプレフィックス –  ログをS3に送信する間隔(5分か60分を指定可能) •  ログは設定したIntervalを過ぎるか、ログの量が一定量を超えた場合にS3に送信される。 •  ログは1リクエスト1行の形式で12のフィールドを含む •  Request Processing Time、Backend Processing Time、Response Processing Timeの フィールドを使って、どこで時間がかかっているのか確認可能 2014/03/06 http://bit.ly/1qmcDCB
  13. 13. ELBにConnection Draining機能が追加 •  インスタンスをサービスから注意深く取り除くことが出来るように •  ロードバランサからインスタンスを外す際、設定したタイムアウトの間 は、処理中のリクエストがある場合、待ってくれるように 2014/03/20 http://bit.ly/1gE1QLw
  14. 14. Amazon CloudSearch 大幅アップデート •  新機能 –  フィールドタイプ - オリジナルのフィールドタイプに加えて、単一または複数(配列)のdate、 double、integer、text、literalをインデックス化および検索することが出来るように。位置情 報(latlon)もインデックス化および検索可能。 –  他言語対応 - CloudSearchは日本語を含む33の異なる言語を語幹解釈とテキスト分析も 含めて、処理できるように。 –  強化された検索 - CloudSearchに次の新しい検索機能を追加 •  近接検索 (Proximity Search) •  項目ブースト (Term Boosting) •  全てのフィールドタイプでの範囲検索(Range Searching) •  全一致のクエリ (Match-All Queries) •  複数の設定可能なクエリパーサー (シンプルで構造かされたLuceneおよびDisMax) •  部分検索結果 (Partial Search Results) 2014/03/24 http://bit.ly/1puPIBS
  15. 15. Amazon VPCでVPCピアリング(VPC間接続)が可能に •  同じAWSリージョン内のVPCの間にVPCピアリング接続を作成可能 •  同リージョンであれば別のアカウントともピアリング接続可能 •  VPCは最大50までの1対1のピアリング接続を同じリージョン内の他のVPC と持つことが可能 •  将来的にはリージョンをまたいだピアリング接続も計画中 2014/03/26 http://bit.ly/1e7nkAM
  16. 16. どうですか?ひとにすすめたくなりませんか?
  17. 17. 無料でAWSを30分で試せるようになりました " 新しいビデオとLabでAWSについて無料で勉強! •  http://bit.ly/1fWUARd •  新しいAWSの導入ビデオ "Introduction to AWS” を公開 •  Introduction to Amazon Simple Storage Service (S3) •  Introduction to Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) •  Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM) •  Introduction to Amazon Relational Database Service (RDS) •  Introduction to Amazon Elastic Block Store (EBS) •  Introduction to Elastic Load Balancing •  ビデオに対応したlabを用意。 •  30分程度で完了するボリューム •  現在は英語版のみ。日本語対応中

×