Your SlideShare is downloading. ×
0
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Source monitorと複雑度のはなし
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Source monitorと複雑度のはなし

3,506

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,506
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. aomoriringo
  • 2.  フリーソフトウェア コードの静的メトリクス計測ツール C, C++, C#, VB.NET, Java, Delphi, VB6, HTML
  • 3.  sourceMonitorはコード解析をして、 こんなものを表示してくれます ◦ コメントの割合 ◦ ドキュメントの割合 ◦ メソッド数/1クラス ◦ 構文数/1メソッド ◦ 一番複雑なメソッドの名前/行数 ◦ Avg/Max Complexity ◦ Avg/Max Block Depth
  • 4.  ソースコード内の線形独立な経路の数 条件複雑度(Conditional Complexity)とも 呼ばれる 完全な分岐網羅ができるテストケースの数 ≦ 循環的複雑度 ≦ 完全な経路網羅ができるテストケースの数
  • 5.  Start with 1 for a straight path through the routine. Add 1 for each of the following keywords or their equivalent: ◦ if, while, repeat, for, and, or Add 1 for each case in a switch statement.
  • 6. Public void ProcessPages(){ while( nextPage != true ) { if( ( lineCount <= linePerPage ) && (status != Status.Cancelled) && (morePages == true ) ) { //… } }}
  • 7. Public int getValue( int param1 ){ int value = 0; if ( param1 == 0 ) { value = 4; } else { value = 0; } return value;}
  • 8. Complexity Risk Evaluation<=10 よい構造。 ほとんどリスクなし11 to 20 少し複雑。 わずかな(moderate)リスク>30 複雑。 構造に疑問>50 テストが不可能>75 いかなる変更も誤修正を生む原因を 作る
  • 9. Complexity Risk Evaluation<=10 よい構造。 ほとんどリスクなし11 to 20 少し複雑。 わずかな(moderate)リスク>30 複雑。 構造に疑問>50 テストが不可能>75 いかなる変更も誤修正を生む原因を 作る
  • 10.  経路数が多く、テストケースもたくさん必要 意味を理解するのに多くの経路を 追わなければいけない 凝集度が低い傾向にある
  • 11.  あるコードがどれだけそのクラスの 責任分担に集中しているかを示す尺度 凝集度が高い ◦ コードが読みやすい ◦ 再利用しやすい 凝集度が低い ◦ クラスのメソッド群に共通性がない ◦ 各メソッドが全く関係のないデータを扱う
  • 12.  sourceMonitorは複雑度を解析してくれる 複雑度はテストや保守に関わる重要な指標 (しかも定量的) たまには複雑度のこと、思い出してあげてください

×