0
System Center User Group Japan                       金井 崇
   名前:金井 崇   所属:株式会社IDCフロンティア   仕事:2008年からHyper-V 1.0/SCVMM2008ベースの    クラウド立ち上げに技術面で携わる。その後もクラウドイン    フラの設計、構築、運用を担当。20...
はじめに第1章:プライベートクラウド 1. なぜプライベートクラウドを作るの? 2. App Controllerって何者? 3. App ControllerとVMMでセルフサービスポータル作成第2章:SPFを使ったパブリッククラウド 1. ...
Service Management                                           App Controller 2012 SP1   Portal and API   Service Provider F...
   本資料はSystem Center 2012 SP1 rollup1をベースに    検証したものです。   詳細な構築手順は後日私のブログで順次公開予定です。   一部、Microsoftの公開ドキュメントのどこにも載っていな  ...
AD          VMM         SCOH                    Portal              MgrDB1(AD DS)   (VMMサーバー)   (SPFサーバー)               (A...
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   6
   クラウドを使う目的:様々な効率化    1. ITリソースの集約    2. Deploy、Operationの標準化、自動化    3. 利用者によるセルフサービス     IT管理者の仕事を減らすことができる            ...
   セルフサービスを実現するためのWebポータル   SCVMMセルフサービスポータルは廃止に・・・                                       「VMM セルフサービス ポータル」            ...
手順概要1. SC2012 VMM 2012 SP1とrollup1のインストール2. VMMでクラウド、各種リソース、ロールの作成3. App Controllerのインストール4. App ControllerとVMMの接続        ...
   エンドユーザーに「セルフサービス」を提供するために以下    のテンプレートを事前定義する必要あり。    ◦   仮想マシンイメージ(VHD, VHDX)    ◦   ハードウェアプロファイル(VMのサイズを定義)    ◦   ゲ...
   最低1つのテナント管理者ロールを作成                   Copyright © 2013 System Center                User Group Japan. All Rights Reserv...
   VMMでのテンプレート定義状況の確認   プライベートクラウド用の「クラウド」設定確認   ユーザーロールの確認                    Copyright © 2013 System Center          ...
App Controllerインストール手順1. DBサーバーでのWindows Firewallルール変更2. VMMコンソールのインストール3. App Controllerのインストール4. App Controller Language...
   SQL Server用のTCP/1433以外にWMI通信も許可                       Copyright © 2013 System Center                    User Group Jap...
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   15
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   16
AD CSを構成済みなら、あらかじめIISでAD CSの  署名済みSSL証明書を作成したほうがいい                  Copyright © 2013 System Center               User Grou...
DBサーバー名を入力後、自動で補完されるはず。補完されない場合はDBと接続がうまくいっておらず、     インストールに失敗します。                Copyright © 2013 System Center          ...
(インストールメディア):SC2012SP1SCAC¥LangPackにあるインストーラーを実行。                           Copyright © 2013 System Center                ...
1. VMMの管理者権限を                       持つユーザーでログイン2. ここをクリック                Copyright © 2013 System Center             User G...
必要事項を記入して  OKをクリック               Copyright © 2013 System Center            User Group Japan. All Rights Reserved.   21
   Private Cloudというクラウド上にVMを作成します。   画面はプロバイダークラウドも見えてしまっていますが気    にしないでください。                     Copyright © 2013 Syste...
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   23
   複数のVMMを束ねて一括管理するソフトウェア   Dynamic Datacenter Toolkit for Hostersの後継   Odata形式のREST APIでVMMの操作などが可能   現状標準対応している管理対象は...
テナント管理者                            Web                           Portal                         Web API                   ...
テナント 1          テナント 2                     テナント 3                 ・・・・・・       利              利                           ...
手順概要 SPFのWeb APIエンドポイント用SSL証明書作成 前提条件ソフトウェアのインストール SPFインストーラーの実行 Windows Updateによるrollup1のインストール VMMの登録とスタンプの作成 SPFか...
ドメイン証明書か自己署名証                                 明書の作成をクリック。   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Res...
   ASP.NET MVC 4    http://www.microsoft.com/en-    us/download/details.aspx?id=30683   WCF Data Services 5.0 for OData ...
OrchestratorのインストールCD内の¥SPF¥setup.exeを実行                     Copyright © 2013 System Center                  User Group Ja...
現状対応しているサービスはVMMのみ                 Copyright © 2013 System Center              User Group Japan. All Rights Reserved.   31
全部「使用可能」なことを確認   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.       32
先ほど作った証明書を選択   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   33
   Windows Updateをやった後、以下のPowerShellコマン    ドを実行。(SPF操作用PowerShellモジュールのインポート)> Import-Module spfadmin(VMMサーバーをSPFに登録)> $s...
   VMM管理者コンソールで新規にクラウドを作成   機能プロファイルにHyper-Vを必ず入れておくこと          PrivateCloud1:AppControllerから直接操作するプライベートクラウド          P...
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   36
手順概要 App Controllerのクライアント証明書作成 SPFでのテナント作成 VMMでテナントに対応したユーザーロールの作成 App ControllerからSPFへ接続注:Technetなど公式情報としては載っていない手順が...
   App Controllerインストール時に作成したSSL証明書を2    回Export    ◦ 1つは秘密鍵を含むPFX。もう一つはBASE64 X509形式CER。                         Copyrig...
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   39
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   40
保存したCERファイルをSPFサーバーに転送しておく   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   41
以下のPowerShellコマンドを実行。(2章の続き)(公開鍵オブジェクトの作成)> $path = "PATH_TO_CER¥tenant.cer"> $cert = New-ObjectSystem.Security.Cryptograp...
   SPSサーバーにて先ほどの続きで以下のコマンドを実行(テナント管理者ロールの作成)> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned> Import-Module virtualmachinemanager> $TAR...
   デフォルトではSPFサーバーの証明書のCNとSPFのURLに    あるFQDNが一致しないといけない。しかし、下記ファイル    に1行追加することでチェックを無効化できる。ファイル:(Install_Folder)¥api¥bin¥...
   SPFでテナントIDを取得> $tenant.idGuid----F33cb7d0-c9c5-4c0a-a6ef-35e9f2c00c1b   AppControllerに(ドメイン)¥Administrator「以外」の管    理...
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   46
   セルフサービス用ユーザーでApp Controllerにログイン   プライベートクラウドでVMを作成   パブリッククラウドでVMを作成   両方のVMが作成されたことをVMMから確認                      ...
   App ControllerはVMMセルフサービスポータルの後継   SPFはService Provider向けにSC2012を使ったパブリッ    ククラウドを提供する基盤ソフトウェア   App Controller、VMMの...
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   49
   Web Platform Installer 4.0からAzureライクな管理    ポータルがインストールできる。                          Copyright © 2013 System Center    ...
   https://localhost:30101/を開くと初期設定開始                        Copyright © 2013 System Center                     User Grou...
   DB接続情報入力                  Copyright © 2013 System Center               User Group Japan. All Rights Reserved.   52
   API、管理サイトなどのセットアップが行われる。                    Copyright © 2013 System Center                 User Group Japan. All Right...
クリックしてSPF API                                  エンドポイントの登録を開始   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights ...
SPFのFQDN:PORT番号                        だけを設定   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   55
クリックしてVMMと                                         管理対象クラウドを作成   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Right...
VMM上に作成するクラウド名   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.          57
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   58
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   59
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   60
仮想マシンのクラウドを                 チェックして次へ   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   61
クリックして、プランの構成を開始   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   62
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   63
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   64
設定が完了したら「公開」をクリック   Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   65
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   66
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   67
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   68
   ユーザーポータルからサインアップ   サインアップした後、ユーザーがVMを作成                   Copyright © 2013 System Center                User Group Ja...
Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved.   70
   TechNet “Service Provider Foundation”    ◦ http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj642895.aspx   TechNet “App Co...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

App controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウド

1,957

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,957
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "App controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウド"

  1. 1. System Center User Group Japan 金井 崇
  2. 2.  名前:金井 崇 所属:株式会社IDCフロンティア 仕事:2008年からHyper-V 1.0/SCVMM2008ベースの クラウド立ち上げに技術面で携わる。その後もクラウドイン フラの設計、構築、運用を担当。2011年からは RightScaleとの連携、CloudStack API実行ツールの作 成なども行っている。 連絡先など:  Facebook: https://www.facebook.com/anikundesu  Twitter: @anikundesu  LinkedIn: http://jp.linkedin.com/in/takashikanai/ja  Blog: http://www.takanyan.net/ Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 1
  3. 3. はじめに第1章:プライベートクラウド 1. なぜプライベートクラウドを作るの? 2. App Controllerって何者? 3. App ControllerとVMMでセルフサービスポータル作成第2章:SPFを使ったパブリッククラウド 1. Service Provider Foundation 2. SPFの導入とVMMの接続第3章:ハイブリッドクラウドの構築 1. App ControllerとSPFの接続 2. デモ:App ControllerからVMの作成おまけ:Service Management Portal and API 1. パブリッククラウドポータルの作成 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 2
  4. 4. Service Management App Controller 2012 SP1 Portal and API Service Provider Foundation (SPF) VMM 2012 SP1 テナント VMM 2012 SP1 ・・・・・・ (5VMMまで) クラウド ロール クラウド ロール Server Storage Network Server Storage Network パブリッククラウド プライベートクラウド Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 3
  5. 5.  本資料はSystem Center 2012 SP1 rollup1をベースに 検証したものです。 詳細な構築手順は後日私のブログで順次公開予定です。 一部、Microsoftの公開ドキュメントのどこにも載っていな い手順を記載しています。誰から聞いたかは内緒で・・・ 仕事柄、Service Provider目線な内容になっており、ボ リュームも盛りだくさんです。大規模インフラでなければ第 1章までで十分だと思います。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 4
  6. 6. AD VMM SCOH Portal MgrDB1(AD DS) (VMMサーバー) (SPFサーバー) (App Controller, (DBサーバー) Portal) hvhost01 (Hyper-Vホスト) Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 5
  7. 7. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 6
  8. 8.  クラウドを使う目的:様々な効率化 1. ITリソースの集約 2. Deploy、Operationの標準化、自動化 3. 利用者によるセルフサービス IT管理者の仕事を減らすことができる (うまくいけば・・・) Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 7
  9. 9.  セルフサービスを実現するためのWebポータル SCVMMセルフサービスポータルは廃止に・・・ 「VMM セルフサービス ポータル」 がなくなっている! (色々勉強したのになぁ・・・) Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 8
  10. 10. 手順概要1. SC2012 VMM 2012 SP1とrollup1のインストール2. VMMでクラウド、各種リソース、ロールの作成3. App Controllerのインストール4. App ControllerとVMMの接続 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 9
  11. 11.  エンドユーザーに「セルフサービス」を提供するために以下 のテンプレートを事前定義する必要あり。 ◦ 仮想マシンイメージ(VHD, VHDX) ◦ ハードウェアプロファイル(VMのサイズを定義) ◦ ゲストOSプロファイル(ゲストOSカスタマイズ) ◦ ネットワーク ◦ クラウド(ファブリックとユーザーロールの紐づけ) Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 10
  12. 12.  最低1つのテナント管理者ロールを作成 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 11
  13. 13.  VMMでのテンプレート定義状況の確認 プライベートクラウド用の「クラウド」設定確認 ユーザーロールの確認 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 12
  14. 14. App Controllerインストール手順1. DBサーバーでのWindows Firewallルール変更2. VMMコンソールのインストール3. App Controllerのインストール4. App Controller Language Packのインストール Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 13
  15. 15.  SQL Server用のTCP/1433以外にWMI通信も許可 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 14
  16. 16. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 15
  17. 17. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 16
  18. 18. AD CSを構成済みなら、あらかじめIISでAD CSの 署名済みSSL証明書を作成したほうがいい Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 17
  19. 19. DBサーバー名を入力後、自動で補完されるはず。補完されない場合はDBと接続がうまくいっておらず、 インストールに失敗します。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 18
  20. 20. (インストールメディア):SC2012SP1SCAC¥LangPackにあるインストーラーを実行。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 19
  21. 21. 1. VMMの管理者権限を 持つユーザーでログイン2. ここをクリック Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 20
  22. 22. 必要事項を記入して OKをクリック Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 21
  23. 23.  Private Cloudというクラウド上にVMを作成します。 画面はプロバイダークラウドも見えてしまっていますが気 にしないでください。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 22
  24. 24. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 23
  25. 25.  複数のVMMを束ねて一括管理するソフトウェア Dynamic Datacenter Toolkit for Hostersの後継 Odata形式のREST APIでVMMの操作などが可能 現状標準対応している管理対象はVMMのみ OrchestratorのRunbookの実行も可能 GUIは存在せず、PowerShellでのみ操作 スタンプ、テナントなどの概念(後述) Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 24
  26. 26. テナント管理者 Web Portal Web API Endpoint セルフサービス ユーザー スタンプ IaaS利用企業 IaaSプロバイダーSPFはWeb APIエンドポイントの提供、スタンプの定義、SCOによるIaaSプロバイダーの社内システムとの連携機能などを提供 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 25
  27. 27. テナント 1 テナント 2 テナント 3 ・・・・・・ 利 利 利 用 用 用 スタンプ スタンプ 管 管 管 理 理 理 VMM Server 1 VMM Server 2 VMM Server 3 ・・・・・・スタンプとは、複数のVMM(インフラ)を束ねた管理単位。テナントは複数のスタンプを利用可能。注:1つのVMMは1つのスタンプにしか属すことはできない。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 26
  28. 28. 手順概要 SPFのWeb APIエンドポイント用SSL証明書作成 前提条件ソフトウェアのインストール SPFインストーラーの実行 Windows Updateによるrollup1のインストール VMMの登録とスタンプの作成 SPFから操作する対象となるクラウドを作成 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 27
  29. 29. ドメイン証明書か自己署名証 明書の作成をクリック。 Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 28
  30. 30.  ASP.NET MVC 4 http://www.microsoft.com/en- us/download/details.aspx?id=30683 WCF Data Services 5.0 for OData v3 http://www.microsoft.com/ja- jp/download/details.aspx?id=2930 SC2012 VMM SP1管理コンソール IISとIIS Odata管理サービスの役割・機能のインストール ◦ 付録のXMLを使って以下のPowerShellコマンドレットで一括導入 Install-WindowsFeature -ConfigurationFilePath “PATH_TO_XML¥SPF_prereq_roles.xml" Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 29
  31. 31. OrchestratorのインストールCD内の¥SPF¥setup.exeを実行 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 30
  32. 32. 現状対応しているサービスはVMMのみ Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 31
  33. 33. 全部「使用可能」なことを確認 Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 32
  34. 34. 先ほど作った証明書を選択 Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 33
  35. 35.  Windows Updateをやった後、以下のPowerShellコマン ドを実行。(SPF操作用PowerShellモジュールのインポート)> Import-Module spfadmin(VMMサーバーをSPFに登録)> $server = New-SCSPFServer -Name "VMMのFQDN" -ServerType 0(スタンプを新規作成し、先ほど登録したVMMサーバーを関連付け)> $stamp = New-SCSPFStamp –Name “スタンプ名” –Servers $server※上記コマンドを実行したPowerShellプロンプトは引き続き使うので、閉じないでおく。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 34
  36. 36.  VMM管理者コンソールで新規にクラウドを作成 機能プロファイルにHyper-Vを必ず入れておくこと PrivateCloud1:AppControllerから直接操作するプライベートクラウド ProviderCloud:SPF経由で操作するパブリッククラウド Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 35
  37. 37. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 36
  38. 38. 手順概要 App Controllerのクライアント証明書作成 SPFでのテナント作成 VMMでテナントに対応したユーザーロールの作成 App ControllerからSPFへ接続注:Technetなど公式情報としては載っていない手順が一部含まれます。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 37
  39. 39.  App Controllerインストール時に作成したSSL証明書を2 回Export ◦ 1つは秘密鍵を含むPFX。もう一つはBASE64 X509形式CER。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 38
  40. 40. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 39
  41. 41. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 40
  42. 42. 保存したCERファイルをSPFサーバーに転送しておく Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 41
  43. 43. 以下のPowerShellコマンドを実行。(2章の続き)(公開鍵オブジェクトの作成)> $path = "PATH_TO_CER¥tenant.cer"> $cert = New-ObjectSystem.Security.Cryptography.X509Certificates.X509Certificate2($path)> $key = [Convert]::ToBase64String($cert.RawData)(テナントを新規作成し、認証用公開鍵を関連付け)> $tenant = New-SCSPFTenant –Name “CN=(App ControllerのFQDN)” –IssuerName “CN=(App ControllerのFQDN)” -Key $key(テナントとスタンプを関連付け)> Set-SCSPFStamp –Stamp $stamp –Tenants $tenant注:テナント名とIssuerNameは証明書のCommonNameと一致させる必要がある。(大文字、小文字の区別有り) Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 42
  44. 44.  SPSサーバーにて先ほどの続きで以下のコマンドを実行(テナント管理者ロールの作成)> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned> Import-Module virtualmachinemanager> $TARole = New-SCUserRole -Name "CN=(App ControllerのFQDN)" -ID$tenant.Id -UserRoleProfile TenantAdmin(テナントのセルフサービスユーザーをSPF、VMMで作成)> $TenantSSU = New-SCSPFTenantUserRole -Name (任意の名前) -Tenant$tenant> $vmmSSU = New-SCUserRole -Name (任意の名前) -UserRoleProfileSelfServiceUser -ParentUserRole $TARole -ID $TenantSSU.ID VMM管理者コンソールで、作成した2つのロールで操作可能な スコープ(クラウド)、リソース(テンプレート)、操作を設定。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 43
  45. 45.  デフォルトではSPFサーバーの証明書のCNとSPFのURLに あるFQDNが一致しないといけない。しかし、下記ファイル に1行追加することでチェックを無効化できる。ファイル:(Install_Folder)¥api¥bin¥Microsoft.SystemCenter.CloudManager.Providers.SpfVmm.exe.config設定内容:下記4行目を追記。<system.net> <settings> <httpListener unescapeRequestUrl="false"/> <servicePointManager checkCertificateName="false" checkCertificateRevocationList="false" /> </settings></system.net> Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 44
  46. 46.  SPFでテナントIDを取得> $tenant.idGuid----F33cb7d0-c9c5-4c0a-a6ef-35e9f2c00c1b AppControllerに(ドメイン)¥Administrator「以外」の管 理者ユーザーでログイン ホステッドクラウドの接続をクリック 「サーバーの場所」に以下のURLを設定 https://(SPFサーバーのFQDN):8090/SC2012/vmm/Microsoft.Management.Odata.svc/(テナントID) 「証明書ファイル」に1-1でExportしたPFXファイルを指定 「パスワード」にPFXファイルに設定したパスワードを入力 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 45
  47. 47. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 46
  48. 48.  セルフサービス用ユーザーでApp Controllerにログイン プライベートクラウドでVMを作成 パブリッククラウドでVMを作成 両方のVMが作成されたことをVMMから確認 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 47
  49. 49.  App ControllerはVMMセルフサービスポータルの後継 SPFはService Provider向けにSC2012を使ったパブリッ ククラウドを提供する基盤ソフトウェア App Controller、VMMの組み合わせでプライベートクラ ウドを構築できる。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 48
  50. 50. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 49
  51. 51.  Web Platform Installer 4.0からAzureライクな管理 ポータルがインストールできる。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 50
  52. 52.  https://localhost:30101/を開くと初期設定開始 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 51
  53. 53.  DB接続情報入力 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 52
  54. 54.  API、管理サイトなどのセットアップが行われる。 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 53
  55. 55. クリックしてSPF API エンドポイントの登録を開始 Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 54
  56. 56. SPFのFQDN:PORT番号 だけを設定 Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 55
  57. 57. クリックしてVMMと 管理対象クラウドを作成 Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 56
  58. 58. VMM上に作成するクラウド名 Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 57
  59. 59. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 58
  60. 60. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 59
  61. 61. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 60
  62. 62. 仮想マシンのクラウドを チェックして次へ Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 61
  63. 63. クリックして、プランの構成を開始 Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 62
  64. 64. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 63
  65. 65. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 64
  66. 66. 設定が完了したら「公開」をクリック Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 65
  67. 67. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 66
  68. 68. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 67
  69. 69. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 68
  70. 70.  ユーザーポータルからサインアップ サインアップした後、ユーザーがVMを作成 Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 69
  71. 71. Copyright © 2013 System CenterUser Group Japan. All Rights Reserved. 70
  72. 72.  TechNet “Service Provider Foundation” ◦ http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj642895.aspx TechNet “App Controller” ◦ http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh546834.aspx Cloud Resource Management with System Center 2012 Service Pack 1 (SP1) – Orchestrator and Service Provider Foundation ◦ http://social.technet.microsoft.com/wiki/contents/articles/13 310.cloud-resource-management-with-system-center- 2012-service-pack-1-sp1-orchestrator-and-service- provider-foundation.aspx クラウド時代のシステム管理 ◦ http://www.takanyan.net/ Copyright © 2013 System Center User Group Japan. All Rights Reserved. 71
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×