勉強会コミュニティがぼくの エンジニア人生にもたらした事。 あと、NoSQLとの付き合い方。

5,229 views
5,101 views

Published on

0 Comments
18 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,229
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
660
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
18
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

勉強会コミュニティがぼくの エンジニア人生にもたらした事。 あと、NoSQLとの付き合い方。

  1. 1. 勉強会コミュニティがぼくの エンジニア人生にもたらした事。 あと、NoSQLとの付き合い方。 Develove Conference 2012 桑野 章弘12年12月24日月曜日
  2. 2. 自己紹介 • 桑野 章弘 • 渋谷の緑のサーバサイドエンジニア • Twitter: @kuwa_tw • Blog: http://d.hatena.ne.jp/ akuwano/ • あだな:銀河さん12年12月24日月曜日
  3. 3. 「What s 銀河?」12年12月24日月曜日
  4. 4. Twitterこわい12年12月24日月曜日
  5. 5. 自己紹介 • 勉強会 • #qpstudy(運営メンバー) • 自作サーバカンファレンス • DevOpsカンファレンス12年12月24日月曜日
  6. 6. ピグやってます12年12月24日月曜日
  7. 7. ピグやってます12年12月24日月曜日
  8. 8. ピグやってます12年12月24日月曜日
  9. 9. ピグやってます12年12月24日月曜日
  10. 10. 今日の話 • 仕事(プライベート)に大事な勉強会 コミュニティ • NoSQLとうまく付き合っていくために は • 勉強会の今後12年12月24日月曜日
  11. 11. 勉強会 • 勉強会に出たことがある方?12年12月24日月曜日
  12. 12. 勉強会 • 勉強会で何かの発表をした事がある 方?12年12月24日月曜日
  13. 13. 勉強会 • 勉強会のスタッフとして運営したこと がある方?12年12月24日月曜日
  14. 14. 勉強会 • 勉強会と関わっての、エンジニア人生 の変化 • 勉強会とのつきあいかた12年12月24日月曜日
  15. 15. 勉強会 • まず、いままで必要だった物について12年12月24日月曜日
  16. 16. 勉強会に必要な勇気 • 勉強会に参加する • 勉強会で発表する • 勉強会を運営する12年12月24日月曜日
  17. 17. 勉強会外で必要な勇気 • いろんな人と議論する • 情報を発信する12年12月24日月曜日
  18. 18. 勉強会の時代 • 勉強会なにそれ時代 • 勉強会お客さん時代 • 勉強会参加者時代 • 勉強会発表者時代 • 勉強会運営時代12年12月24日月曜日
  19. 19. 勉強会なにそれ時代 • 新入社員時代 • 派遣先に行ってた • 勉強会とか行かせてもらえない • そもそも勉強会がない12年12月24日月曜日
  20. 20. 勉強会なにそれ時代 • 「mod_rewrite? なんかわからんけど ドキュメントと、Webサイト見るとコ レが正しいんじゃね?」12年12月24日月曜日
  21. 21. 実際そんなもん12年12月24日月曜日
  22. 22. 勉強会なにそれ時代 • 「エンジニアってやっぱ自分でなんと かするもんだよね」とか言ってる俺 カッコイイ12年12月24日月曜日
  23. 23. ある意味正しい12年12月24日月曜日
  24. 24. 勉強会行かなくて も全然問題ない12年12月24日月曜日
  25. 25. 勉強会お客さん時代 • 勉強会黎明期 • まだそんなに勉強会ない • 興味のあった勉強会に出てみたりする12年12月24日月曜日
  26. 26. 勉強会お客さん時代 • 勉強会で会う人達 • Blogで見る人達 • 自分の一般ピーポー感パない12年12月24日月曜日
  27. 27. 「いやー○○さん にあっちゃった わー」で満足12年12月24日月曜日
  28. 28. 勉強会参加者時代 • ちょっとずつ勉強会が増えてきた • 「仮想化友の会」や、「OSC」などで エンジニアの知り合いもできたり12年12月24日月曜日
  29. 29. 勉強会発表者時代 • たまたま誘われた「自作サーバカン ファレンス」 • それまでうちの会社もユーザ主導のイ ベントへの参加は余りなかった12年12月24日月曜日
  30. 30. 12年12月24日月曜日
  31. 31. 勉強会発表者時代 • 誰か最初にやんないとやりづらい • 面白そうだしやってみるかー。12年12月24日月曜日
  32. 32. めちゃくちゃ面白 かった12年12月24日月曜日
  33. 33. 勉強会発表者時代 • 各社いろんな自作サーバの話が一番聞 ける • 自分たちの自作サーバにも色々な意見 をくれる12年12月24日月曜日
  34. 34. 「良いことしかな いじゃん!」12年12月24日月曜日
  35. 35. 勉強会にハマる12年12月24日月曜日
  36. 36. 勉強会発表者時代 • 徐々に周りでも勉強会が活発に行われ るように12年12月24日月曜日
  37. 37. 勉強会運営時代 • そして発表者をやっていくうちに、自 分たちでも勉強会やりたいよね、とい う話を色々頂けるように12年12月24日月曜日
  38. 38. 勉強会運営時代 • 気づけば「#qpstudy」 「#devlove」「DevOpsカンファレ ンス」「自作サーバ座談会」「ミニブ ログ座談会」「MongoDB Casual」 などなど大小様々な勉強会へ関わるこ とができました12年12月24日月曜日
  39. 39. 勉強会よかった12年12月24日月曜日
  40. 40. 勉強会よかった • 景色が広がった • 技術的な事を忌憚なく言い合える人が 増えた • 普通に遊ぶ友達が増えた • ベンダーさんとの打ち合わせで「はじ めまして。いつもお世話になっており ます。」の回数が増えた12年12月24日月曜日
  41. 41. プライベートにも 仕事にも役立つ12年12月24日月曜日
  42. 42. 色んな人と繋がった 世界が広がった12年12月24日月曜日
  43. 43. あ、NoSQLの話 は?12年12月24日月曜日
  44. 44. すいません12年12月24日月曜日
  45. 45. NoSQLの話12年12月24日月曜日
  46. 46. NoSQL • やってるサービス柄比較的多くの NoSQLに触れる機会が多い • Cassandra • MongoDB12年12月24日月曜日
  47. 47. NoSQL • そこでNoSQLを大規模で使っている 側からのNoSQLと付き合う際の12年12月24日月曜日
  48. 48. 覚悟12年12月24日月曜日
  49. 49. NoSQL • についてまとめてみました12年12月24日月曜日
  50. 50. NoSQL • 目的 • 集中化 • 規模感 • 抽象化12年12月24日月曜日
  51. 51. 目的 • ユースケース • データ重要度 • データ種別 • 可能性の話ができるかどうか12年12月24日月曜日
  52. 52. 集中化 • NoSQLの運用は労力がかかる • ドキュメントが…ソースが… • ある程度使うものは絞る • シナジー • ナレッヂ共有12年12月24日月曜日
  53. 53. 規模感 • 規模が小さければどのNoSQLも動くよ • ノード数が100,1000台になった時 にどうなる? • データ量が1000,10000倍になった 時どうなる?12年12月24日月曜日
  54. 54. 覚悟12年12月24日月曜日
  55. 55. 抽象化 • ドップリシステム→死亡 • 何かあった時の事を考えて抽象化12年12月24日月曜日
  56. 56. やめる12年12月24日月曜日
  57. 57. 覚悟12年12月24日月曜日
  58. 58. 覚悟で対応の仕方 が変わる12年12月24日月曜日
  59. 59. 勉強会の話に 戻ります12年12月24日月曜日
  60. 60. シナジー • 同じような所でハマっている人たちは いる • NoSQLを例にしましたが、プロダクト を使っていると言うことをみんなが 知ってくれれば情報が入ってくるメリッ トもある。12年12月24日月曜日
  61. 61. 12年12月24日月曜日
  62. 62. いいことづくめ12年12月24日月曜日
  63. 63. 勉強会に必要な勇気 • 勉強会に参加する • 勉強会で発表する • 勉強会を運営する12年12月24日月曜日
  64. 64. 勉強会外で必要な勇気 • いろんな人と議論する • 情報を発信する12年12月24日月曜日
  65. 65. これからの勉強会12年12月24日月曜日
  66. 66. 勉強会の成熟 • 大分成熟し、そしてそれと同時に発散 してきた(興味の多様化、勉強会の増 加など) • これからの勉強会とは12年12月24日月曜日
  67. 67. やりたいと 思った時に勉強会12年12月24日月曜日
  68. 68. これからの勉強会 • カジュアルに開催する • いつでもどこでも開催する • だれでも開催する12年12月24日月曜日
  69. 69. これからの勉強会 • 何か知りたい→勉強会やろう→Blog等 で公開→見た人からのフィードバック →次の勉強会などへ→永久機関12年12月24日月曜日
  70. 70. これからの勉強会 • 「この勉強会やってるから見に行こ う」から「○○(に興味があるから|を 試してみたから|ガッツリ使ったから) 勉強会やろっかな」へ。12年12月24日月曜日
  71. 71. これからの勉強会 • 最初は社内勉強会でもいい • 出せるものをPublicに出す事で次に繋 げて行く動き • 全て出すことに意味がある/先に行け る12年12月24日月曜日
  72. 72. 課題 • 手段が目的にならないこと • 勉強会の運営には労力がかかるので簡 単に運営できる枠組みの共有が必要12年12月24日月曜日
  73. 73. まとめ • お客さんにならない事。みんなが参加 者であるという勉強会。 • ディスカッションから始まる事も多 い。12年12月24日月曜日
  74. 74. まとめ • どんな小さいことでも、やっている事 をオープンにすればするほど味方が増 える • 最初はTwitterやBlogでもいい。 • 勉強会での発表とか、自分で勉強会を ひらいてもいい。12年12月24日月曜日
  75. 75. まとめ • おなじことに興味がある人達で横のシ ナジーを生かして、エンジニアとして の世界を広げて見ませんか?12年12月24日月曜日
  76. 76. まとめ • 誰もが参加者で、誰もが主催者になっ ていくことが、これからの勉強会だと 考えています。12年12月24日月曜日
  77. 77. 次のフェイズに 進んで見ませんか?12年12月24日月曜日
  78. 78. ご清聴 ありがとう ございました!12年12月24日月曜日
  79. 79. 最後にCM12年12月24日月曜日
  80. 80. #qpstudy • #qpstudyは「初心者にも優しいイン フラ勉強会」という事でやっておりま す。 • 派生の勉強会が多い12年12月24日月曜日
  81. 81. テキスト hbstudy (2009/07) このへん派生12年12月24日月曜日
  82. 82. #qpstudy • 次回は1月26日の予定ですので、まだ いらっしゃったことのない方はぜひど うぞ!12年12月24日月曜日

×