RAW-Fiというメディアを作った話。

7,695 views

Published on

"クリエイターのためのメディアをめぐる、ウラからオモテまで"
2014年7月30日に渋谷ヒカリエで行われたライトニングトークイベント「Immersive Creative Conversation」で発表を再編集したものです。

RAW-Fi はこちら。 http://raw-fi.com/

Published in: Internet

RAW-Fiというメディアを作った話。

  1. 1. RAW-Fiという メディアを作った話。 akirafukuoka www.akirafukuoka.com / FICC inc. / RAW-Fi / 2014.07.30 クリエイターのためのメディアをめぐる、ウラからオモテまで Immersive Creative Conversation@DeNA Lightning Talk
  2. 2. RAW-Fiについて
  3. 3. RAW-Fi http://raw-fi.com/
  4. 4. RAW-Fiは クリエイターに向けた ニュースメディアです。 テクノロジーやキャンペーン、映像、ガジェットなど クリエイティブにまつわるあらゆるものを対象に クリエイターに伝えるニュースメディアです。
  5. 5. 企画、制作、運営、 全部やってます。 全部一人でやってますとたまに驚かれます。 (この界隈であればむしろ当然みたいな感じありますけどね)
  6. 6. 動機
  7. 7. RAW-Fiとは FICC内で結成されたクラブイベントサークル。 企画・制作:akirafukuoka。 2009年を皮切りにイベントを過去3回開催。 同時に集客・運営資金獲得のためのブログを併設。 イベントであり、メディアである。
  8. 8. 過去に開催したイベント Raw-Fi 2 http://www.akirafukuoka.com/raw-fi/archives/2/ Raw-Fi 3D http://www.akirafukuoka.com/raw-fi/
  9. 9. 過去に開催したイベント
  10. 10. 2014年、何がやりたいか。 本業でもない、音楽を中心としたイベントの難しさ。 「自分が今何ができて、何が作りたいのか」を確認する必要がある。 クラブイベントを軸にしたカルチャーメディアから 制作者を対象にしたクリエイティブメディアへ転換。 ! イベントファーストから、 メディアファーストへ。
  11. 11. だからこそ、テーマは 「作りたい」欲望を 刺激するメディア。
  12. 12. を作る中で同時に、 コンテンツマーケティングに 対応できる制作力を身につける。
  13. 13. サイト構築:バックエンド
  14. 14. Rails3→Rails4 商品紹介など複雑なリレーションが発生するため WordPressではなくRailsによる構築を選択。 初期はRails3で構築していたが7月からRails4に乗り換え、 nginx+unicornによる運用にチェンジ。 slim、sass、compass、paperclip、atcs-as-taggable-on、 ransnack、koala、twitterなど。7月からcapistrano、unicornも。 使用しているgem
  15. 15. PaaSの選択 Heroku ⬇ おなじみの安心感。ただPostgreSQLなんだよね… Sqale 国内サービスのPaaS。何度か使用歴あり。 AWS Elastic Beanstalk 基礎部分を自動で設定、PaaS感覚で利用できる。 インフラの知識が弱い私はどこでRailsを走らせればいいのか? 2014年1月からAWS Elastic Beanstalkを利用
  16. 16. AWS Elastic Beanstalkという 選択は間違いだったのか!? ec2:microのスペック 価格に対しておもちゃのようなスペック… なんか妙に時間がかかるデプロイ git aws.pushでのデプロイ。簡単ではあるが時間が妙にかかるし不安感大。 (Capistrano使えばよかったんじゃね説はあります) (あくまで個人の感想です)
  17. 17. 7月末から へ。 RAW-Fiは 1時間1円(月額$5!!)から始められるSSD VPS。 スペックは最下位プランでもec2:microの10倍以上。 Vagrantに対応しており「vagrant up」だけで立ち上げ可能。 インスタンスのリサイズ(スケールアップ・ダウン)も可能。 AWS S3、CloudFront、Route53などは継続利用 https://www.digitalocean.com SSD Cloud Server, VPS Server, Simple Cloud Hosting ¦ DigitalOcean
  18. 18. コスト感、重要。 何にせよ、 お金も時間も大事。 Elastic Beanstalk はあくまで「PaaS風」。 AWSを活かすにはそれなりの知識がないと難しいのですね。 ただEBは4月からdockerに対応したりして、 今後どんどん使いやすくなっていくのかな?
  19. 19. サイト構築:フロントエンド
  20. 20. 「iPadで見てちょうどいい」 を目指したサイト コンテンツ幅を768pxに収めた1カラムサイト。 だらだらスクロール&オートロードで延々見てられる情報サイトが理想。 今後のスマートフォンの画面サイズ拡大に伴い、 レスポンシブデザインを廃止する予定。 レスポンシブデザインについて
  21. 21. 「2度目の訪問」時に 覚えるデザイン これだけ情報サイトが反映した現在、 「どこでこの情報を得たか」はユーザーが気にすることほとんどない。 サイトへの好意度が上がるのは2度目の訪問以降。 もう一度偶然アクセスしたときに覚えてもらえるような インパクトのあるデザインを採用した。
  22. 22. 「読みづらくてもいい、攻撃的であれ」
  23. 23. それはデザインとして許されるのか? 「私のサイト」ですから大丈夫。
  24. 24. コンテンツ
  25. 25. RAW-Fiは 「バイラルメディア」 ではありません。 目指したのはニュースメディアとバイラルメディアの中間層。 コンテンツの質としてはニュースメディアを指標とする。 配信の手法としてバイラルメディアも参考にできる点がある。
  26. 26. 「バイラルメディア」は ゴミ?ゴミじゃない? 知りません。 バイラルメディアはゴミじゃねぇんだよ http://masaki0720.tumblr.com/post/91549121081 「バイラルメディアはゴミですか?」「はい、ゴミです」CuRAZY伊藤氏談 http://thestartup.jp/?p=11577
  27. 27. 「バイラルメディア」は 目指さない。 バイラルメディアの利点はコンテンツの更新スピード、拡散性の高さ。 ・タイトルで ってコンテンツは動画張り付けのみ ・コンテンツへのアクセスのしやすさ、拡散のしやすさ バイラルメディアが「悪」であるかどうかは知らないが、 私がそれを目指す必要はない。
  28. 28. 「感動」なんて不用。 「感動系」動画は死んでもコンテンツとして取り扱わない。 制作者として身になる要素が含まれている と思ったものだけを扱う。 何が学びになるかを要点として記事内で必ず伝える。 スタンスを明確にすることが、 メディアとしての信頼感を育てるのでは?
  29. 29. ソースは鮮度重視。 バイラルメディアの悪いところとして取り上げられる 「数年前のネタ使い回し問題」は回避する。 極力新しい情報をRSS、SNSで探し、必ずソースの日付を確認!! 読んでいる人が恥ずかしくならない記事を作る。
  30. 30. ただし学べるところは 学ぶべき。 タイトルで「 る筋力」を身につける。 「できないからやらない」と「できるけどやらない」は違う。 コンテンツ制作者としての必要な能力を鍛える。
  31. 31. これから
  32. 32. サイトの改善 ・イメージを守りながらユーザビリティの改善 ・広告・メールマガジンのテスト ・コンテンツの最適化 ・運営作業の軽量化 そしてリアルイベントの開催へ。
  33. 33. 勉強しない勉強会 フラットなクラブイベント 2014年内開催予定 イベントテーマ[2] イベントテーマ[1]
  34. 34. ご清聴ありがとうございました

×