Tidd velocityと在庫管理

4,451 views
4,501 views

Published on

イテレーションの考え方は締め処理と同じ: プログラマの思索 http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-db86.html

TiDD初心者が陥りやすい罠~バージョンをCloseしないRedmineはVelocityが分からない: プログラマの思索 http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/tiddcloseredmin.html

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
4,451
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Tidd velocityと在庫管理

  1. 1. 【【【【例例例例】】】】チケットの流れとチケットの流れとチケットの流れとチケットの流れとVelocityの関係の関係の関係の関係 Velocity=イテレーションの平均終了チケット数=イテレーションの平均終了チケット数=イテレーションの平均終了チケット数=イテレーションの平均終了チケット数 (開発したシステム規模開発したシステム規模開発したシステム規模開発したシステム規模) イテレーション1開始 イテレーション1終了 イテレーション2開始 イテレーション2終了 期首 (WBS取込) 20枚 終了25枚 期末残 5枚 期首 計30枚 期末残 0枚 終了35枚 チケット(Sprint1開始) 期首 20 当期 発生 10 当期発生10枚 (割込、仕様変更) 期首(WBS補 給) 25枚追加 当期発生5枚 (割込、仕様変更) チケット(Sprint1終了) 期首 20 当期 発生 10 終了 25 期末残 5 チケット(Sprint2終了) 期首 30 当期発生5 終了 35 (期末残 0) チケット(Sprint2開始) 期首 30 当期発生5 5枚は次期繰越 5枚は次期繰越 棚卸しでイテレーションを棚卸しでイテレーションを棚卸しでイテレーションを棚卸しでイテレーションをCloseさせてさせてさせてさせてVelocity(チームの開発能力チームの開発能力チームの開発能力チームの開発能力)が初めて確定するが初めて確定するが初めて確定するが初めて確定する

×