Your SlideShare is downloading. ×
第11回RxTStudy勉強会パネルディスカッション~ポジションペーパー
第11回RxTStudy勉強会パネルディスカッション~ポジションペーパー
第11回RxTStudy勉強会パネルディスカッション~ポジションペーパー
第11回RxTStudy勉強会パネルディスカッション~ポジションペーパー
第11回RxTStudy勉強会パネルディスカッション~ポジションペーパー
第11回RxTStudy勉強会パネルディスカッション~ポジションペーパー
第11回RxTStudy勉強会パネルディスカッション~ポジションペーパー
第11回RxTStudy勉強会パネルディスカッション~ポジションペーパー
第11回RxTStudy勉強会パネルディスカッション~ポジションペーパー
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

第11回RxTStudy勉強会 パネルディスカッション~ポジションペーパー

2,996

Published on

第11回RxTstudy「Redmine Plugin 活用最前線」 : ATND http://atnd.org/events/51786 …

第11回RxTstudy「Redmine Plugin 活用最前線」 : ATND http://atnd.org/events/51786
第11回RxTstudy勉強会「Redmine Plugin 活用最前線」の感想~今後の課題はRedmineのエコシステムの創造 #RxTStudy: プログラマの思索 http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/11rxtstudyredmi.html

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,996
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 1 第11回RxTStudy勉強会 パネルディスカッション 〜ポジションペーパー 2014/07/12 あきぴー@XPJUG関⻄
  • 2. お題 【1】開発基盤としてのRedmine 【2】プロマネから⾒たRedmine 【3】Redmine2.5.2のプラグインアップデートチェック copyright2014 akipii@XPJUG関西 2
  • 3. 【1】①開発基盤としてのRedmine Redmineを開発基盤(プラットフォーム)と⾒なしてカスタマイズする場合、 4種類の手法がある。 アプリケーション層アプリケーション層アプリケーション層アプリケーション層 (カスタマイズ箇所カスタマイズ箇所カスタマイズ箇所カスタマイズ箇所) プラットフォーム層プラットフォーム層プラットフォーム層プラットフォーム層 (Redmine) フレームワーク層フレームワーク層フレームワーク層フレームワーク層 (Rails) ③③③③プラグインプラグインプラグインプラグイン (アドオンアドオンアドオンアドオン) ④④④④モディフィケーションモディフィケーションモディフィケーションモディフィケーション ②②②②パラメータ設定パラメータ設定パラメータ設定パラメータ設定 ソースを直接修正ソースを直接修正ソースを直接修正ソースを直接修正 標準機能のソースを標準機能のソースを標準機能のソースを標準機能のソースを 修正する事無く修正する事無く修正する事無く修正する事無く追加開追加開追加開追加開 発で機能拡張する発で機能拡張する発で機能拡張する発で機能拡張する 標準機能のソースを標準機能のソースを標準機能のソースを標準機能のソースを 直接修正して直接修正して直接修正して直接修正して 機能拡張する機能拡張する機能拡張する機能拡張する (EPM-X, Lychee etc.) パラメータの設定だけパラメータの設定だけパラメータの設定だけパラメータの設定だけ で機能拡張するで機能拡張するで機能拡張するで機能拡張する (プロジェクト、ワークフ ロー、権限など) 外部接続外部接続外部接続外部接続I/Fを通じてを通じてを通じてを通じて データ操作だけを行うデータ操作だけを行うデータ操作だけを行うデータ操作だけを行う (REST, Webサービス, rake etc.) ①①①①外部接続外部接続外部接続外部接続I/F copyright2014 akipii@XPJUG関西 3
  • 4. 【1】②Redmineカスタマイズ手法比較 No カスタマイズ手法 ⻑所 短所 1 外部接続I/F APIを用いて、Redmineから ⾃由にデータの取得・更新が できる (例:REST、JSONP、 rake) ・外部接続用プログラムの開発工数が 発生する ・通信要件や性能要件でボトルネック が発生する場合がある 2 パラメータ設定 フィットギャップ分析結果を Redmineの設定に反映す れば、十分に運用可能 ・機能拡張できる範囲が小さい 3 プラグイン追加 Redmine本体に手を加えず、 容易に機能追加できる ・プラグイン開発のコストが発生する ・RedmineのVerUpに追随するため に回帰テスト工数が発生する 4 モディフィケーション Redmine本体の機能を⾃ 由に修正・追加できる ・4種類のカスタマイズ手法のうち、最 も開発工数がかかる ・RedmineのVerUpに追随するコス トが大きい copyright2014 akipii@XPJUG関西 4
  • 5. 【2】①プロマネから⾒たRedmine • Agile開発の利点を活かせる • 軽量プロセス+規律を併せ持つプロセス • プロセスのテーラリングが柔軟 • WBS駆動のガチガチのWF型開発 • アダプタブルWF [WBSから漏れたタスク管理] (@sakaba37) • ITILによるシステム運用保守 • 顧客問合せのヘルプデスク管理 (@g_maeda) • 要件からソースコードまでのトレーサビリティを実現 • チケットに構成管理の情報を付与できる • 納品物件のチェックに使える • WBSのレビュー、要件漏れや仕様漏れのチェックに使える copyright2014 akipii@XPJUG関西 5
  • 6. 【2】②MSProjectの代わりに使いたい プロジェクトマネージャの標準ツールはMSProjectなので、Redmineにも同等な機能が欲しい 【MSProjectの弱点】 (1)計画作業は強いが、実績管理に不向き (2)ライセンス料が⾼い!! copyright2014 akipii@XPJUG関西 6 ガントチャート EVM PERT図 リソースヒストグラム
  • 7. 【2】③(参考)Lychee Enterpriseシリーズ Lychee Enterprise シリーズは、マネージャの観点で ソフトウェア開発のプロジェクト管理のQCDを支援している copyright2014 akipii@XPJUG関西 7 スケジュール(D) コスト(C)品質(Q) Lychee Gantt Chart (& Lychee Actual Date) Lychee EVM Lychee Association Chart Lychee Enterprise : アジャイルウェア(株) http://lychee-redmine.jp/ 【要望】 「リソースヒストグラム」 「PERT図」が欲しい!
  • 8. 【3】Redmine2.5.2のプラグインアップデートチェック 【特徴】Redmine.orgに登録されたプラグインのバージョンを比較 表示してくれる (Ver2.5.2以降) 【課題】プラグインの⾃動更新機能はない 【今後の動向】Redmine.orgにプラグイン情報が集約されるだろう (基本的には良い傾向) copyright2014 akipii@XPJUG関西 8 【参考】Redmineのプラグインアップデートチェックを試す – Qiita http://qiita.com/akiko-pusu/items/c2806ec432a8eef452d2
  • 9. copyright2014 akipii@XPJUG関西 9 パネルディスカッション で議論しましょう

×