Your SlideShare is downloading. ×
デブサミ2014 13-E-7 No.5 『奥様、Chefをやとう。』
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

デブサミ2014 13-E-7 No.5 『奥様、Chefをやとう。』

1,986
views

Published on

Developers Summit 2014 / 13-E-7 Enterprise TEDで、最後の枠でお話させていただいた内容です。諸事情により「奥様、Chefをやとう。」改め、「奥様、デブサミに立つ。」となっております。

Developers Summit 2014 / 13-E-7 Enterprise TEDで、最後の枠でお話させていただいた内容です。諸事情により「奥様、Chefをやとう。」改め、「奥様、デブサミに立つ。」となっております。

Published in: Technology

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,986
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
12
Actions
Shares
0
Downloads
17
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Developers Summit 2014 EnterpriseTED 13-E-7 #devsumiE 奥様、 Chefをやとう。 転をきっかけに - 社内サーバ移 Akiko Takano /Twitter: @akiko_pusu
  • 2. Developers Summit 2014 EnterpriseTED #devsumiE 奥様、 Chefをやとう。 転をきっかけに - 社内サーバ移 Akiko Takano /Twitter: @akiko_pusu
  • 3. Developers Summit 2014 EnterpriseTED #devsumiE 奥様、 デブサミに立つ。 、Actionの記録 雅叙園に通った奥様の Akiko Takano /Twitter: @akiko_pusu
  • 4. Enterpriseと 言えば。
  • 5. これですよね?
  • 6. 『 』 中
  • 7. このお話は? デブサミに憧れ、 足しげく通い、 元気をもらい続けた 奥様の、 Actionの記録です。
  • 8. たくさんの 出会いと、 前進の場と なることを 願っています。 デブサミが 初めての みなさんへ。
  • 9. デブサミを 何度も 経験している みなさんへ。 皆さんの デブサミへの 想いは なんでしょう?
  • 10. 名も無い奥様の、 ちっぽけなお話 ですが、 みなさんの心に、 何かの種を まくことが できたら幸いです。
  • 11. おはなしの流れ 1.奥様が、デブサミに通う理由 2.2011年、#4tateに乗って 3.あの日から、特別に 4.奥様、デブサミに立つ
  • 12. 1. 奥様が、 デブサミに通う理由
  • 13. 奥様について 夫1人子 ど も2人 IIJという会社にいます。 OSS大好き。 技術部門の秘書から技術に転向。 いったんは、社内業務システムの コードを書く身になったものの.. 結婚後、開発から離れ、 今は情シス部門で働いている。
  • 14. ヨメが 子どもと 旦那さんを置いて 勉強会って、 どうよ?
  • 15. 奥様が、デブサミに通う理由 属人化の 無料 無料のイベント!   イベント! 叙園! 雅 日常! 非 平日の 昼間に 開催! 開発の 空気に 触れられる!
  • 16. RIA! UX! アジャイル TDD! CI! ンサー スポ からの 土産! お チケット システム ! DevOps! エバン ジェリスト! コミュニティ! お持ち帰りも、 たくさん。
  • 17. いつも前向きな 気持ちになり、 尖った技術にワクワク させて貰える場所。 それが、デブサミ。
  • 18. でも、『面白い!』 と思っても、 現場にはまだ 導入されていないし、 インフラの会社。 どちらかと言うと まして情シス 。
  • 19. 必要性も感じられない。 なかなか受け入れて もらえない…。 ※画像は イ メージで す。
  • 20. 奥様も定時退社。 疲れて子どもと一緒 に寝てしまう生活…。
  • 21. 気 持 面白そ う … いい あ… な
  • 22. Just do it! つくりました。 超朝型に り替えて 切 ツールを OSSの いじる 自 分 ちょっとだけ カスタマイズ して 使ってみる 分からない ことは コミュニティに 相談
  • 23. 時には『ふーん』という 反応をもらいながらも、 少しずつ 現場に取り込み、 少しずつ 職場が変わって いきました。
  • 24. 『 行 』 固自ま 興 め分ず 味 てのは他 い下 こ地 人 うを 行 。 『 『 』 ー よい 仕 うつ 事 にで しも 行 て使 おえ こる う 。 』
  • 25. 理 職 解 場 雰参社奥 囲加外様 気 部 署
  • 26. 2.2011年、 #4tateに乗って
  • 27. #4tateという ハッシュタグを通し 開発者の皆さんから、 たくさん 刺激を受けた回。
  • 28. 『行動』や『対話』といった 人と向き合う内容に シフトしていった回。 運用系の奥様にとっても、 たくさんの気付きがあった回。
  • 29. 職場への報告も、 思わずLT仕立てにして しまいました。
  • 30. ぼくらは、  未来のために  帆を立てる。 この言葉を希望に、 『これから頑張ろう』と 思っていました。
  • 31. そんな折の、 3月11日。
  • 32. 3.あの日から、 特別に。
  • 33. 奥様は、 人生で最初の ともだちと いっしょに、
  • 34. 休会 故子家 考 絶 望 社 郷 族 近
  • 35. 桜の季節になり、 復興に向けて歩みだす 地域がある一方で、 取り残されてしまっている 故郷の事を思うと 沈んだままだった。
  • 36. 私たちは大丈夫だからね。 奥様は、 それより、子どもたちのことも、 自分の仕事もあるでしょ。 頑張りなさい。 故郷にいる、 人生で最初の ともだちは、 そう言いました。
  • 37. しばらくして 出社し、 立ち直るため、 春先のデブサミで 貰った言葉、 1枚のカードを、 机の上に置きました。
  • 38. それが、 『ぼくらは、  未来のために  帆を立てる。』 でした。
  • 39. その日を境に デブサミが、 『特別』に なりました。
  • 40. 震災後に行われた、 『縦サミット』。 スピーカーの皆さんの、 それぞれの3.11.後の想いや 決意が語られていた。
  • 41. Blogに書きました。
  • 42. 2012年のデブサミ。 あの日を機に変わっていく エンジニア個人の生き方が 語られていた。
  • 43. お話を伝えたくて、 つぶやきました。
  • 44. 一方で、 エバンジェリストの プレゼンや 生き方に触れ、 想いや魅力を 『伝える技術』が 必要なことも知りました。
  • 45. 2013年のデブサミ。 その年は、 Actionがキーワード。 奥様は、レポーターに 応募してみた。
  • 46. 不覚にも、  Yaooの村上さん、 HONDAの今井さんの お話に、 涙してしまった。
  • 47. ただ、違ったのは、 前に進み 行動していく エンジニアの姿に 打たれた、 希望のための 涙だったこと。
  • 48. 奥様自身も、 今まで以上に、 やってみることへの価値と、 そこから得られた気付きを 広げたいと思うようになりました。
  • 49. 結婚10年目の奥様は、 雅叙園で ランチを楽しむ セレブには なれませんでした。 ですが、
  • 50. 結婚10年目の奥様は、 家計簿は付けないけれど、 Redmineのプラグインを 書いたり、
  • 51. 結婚10年目の奥様は、 執事を招き、 ついには Chefも雇うように なりました。
  • 52. 開発の手法から、 奥様の現場につながる、 新しい楽しさを みつけました。
  • 53. 4.奥様、 デブサミに立つ
  • 54. 2013年 Action! 2014年 Story! 季 節
  • 55. 奥様は、昨年、 Actionとして こうつぶやきました。
  • 56. そして、奥様は 自分への約束を 果たすために、 この、 TEDの公募に チャレンジしました。
  • 57. とても、 個人的な理由ですが、 奥様は、 こうして この場に立ちました。
  • 58. 応募のボタンを押した その時から、 何もかも新鮮で、 かけがえのない 経験をさせていただく ことができました。 ※実は、最終セッション 在籍自体初めて。
  • 59. 今回のTEDのチームの一員として、 この時間を共有できたことを、 とても幸せに思います。
  • 60. おはなしのふりかえり 1.奥様が、デブサミに通う理由 2.2011年、#4tateに乗って 3.あの日から、特別に 4.奥様、デブサミに立つ
  • 61. おわりに
  • 62. これが 奥様の、 Actionの 記録です。
  • 63. もう間もなく、 奥様の チャレンジの時間は、 幕を閉じます。
  • 64. たくさんの 出会いと、 前進の場と なることを 願っています。 デブサミが 初めての みなさんへ。
  • 65. デブサミを 何度も 経験している 皆さんの みなさんへ。 デブサミへの 想いは なんでしょう?
  • 66. 名も無い奥様の、 ちっぽけなお話 ですが、 みなさんの心に、 何かの種を まくことが できたら幸いです。
  • 67. Developers Summit 2014 EnterpriseTED 13-E-7 #devsumiE 以上、 ご清聴ありがとう ございました。 このスライドを作ったひと:たかの あきこ