• Save
yui-frameworks study
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

yui-frameworks study

on

  • 3,053 views

This is for studying about yui-frameworks.

This is for studying about yui-frameworks.

Statistics

Views

Total Views
3,053
Views on SlideShare
1,308
Embed Views
1,745

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

4 Embeds 1,745

http://dev.classmethod.jp 1462
http://yfs.mx 278
http://webcache.googleusercontent.com 4
http://news.google.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    yui-frameworks study yui-frameworks study Presentation Transcript

    • Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • アプリケーション開発Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • アプリケーション と で開発Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • アプリケーション開発 開発の要素  デザインとロジックCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • アプリケーション開発 開発の問題点  つの にデザインとロジックを定義  修正の衝突  変更が困難  デバックが困難  可読性の低下  開発した人しか修正できないCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 開発の問題点 解決方法  デザインとロジックを分離して開発  実行時にデザインとロジックを結合  デザイン    ロジック Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 開発の問題点 の利用  開発の問題を解決可能  デザインとロジックの分離  実行時にデザインとロジックを結合Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  特徴  国産フレームワーク  軽量  アーキテクチャ  デザインとロジックの分離  3つの作業役割  4つのクラス役割  実行時にデザインとロジックを結合Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  3つの作業役割  デザイナー  コーディネーター  デベロッパーCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  4つのクラス役割    Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  デザインは のみCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  ロジックは のみCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  View  MXMLで開発, CSSでスタイルやスキン適用  コンポーネントレイアウト、サイズ、ステート、エフェクト  Viewに配置されるコンポーネントに名前の割り当てCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  Helper  ActionScriptで開発  ステート、コンポーネントプロパティへのアクセスCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  Action  ActionScriptで開発  Viewとそのコンポーネントに対するイベントハンドラを命 名規則にそって定義  サービス呼び出しCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  Behavior  ActionScriptで開発  Actionと同等の役割  Viewに対して複数定義可能Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    •  クラス役割Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 機能Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 機能 イベントハンドリングの自動化  自動イベントハンドリングの対象  自身  にレイアウトされているコンポーネント  に定義されている を実装しているク ラスの変数  に定義されている を実装している クラスの変数Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 機能 イベントハンドリングの自動化Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 機能 クラス役割ごとの参照の自動解決Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 機能 クラス役割ごとの参照の自動解決  :参照するクラス役割はありません。  : と のコンポーネント  : と  :Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 開発ルールCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 開発ルール 対象パッケージ指定  の対象となるパッケージを指定します。  ファイルで指定  サービス指定   から始まる は の と判別  から始まる はパッケージ名と判別Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 開発ルール クラス役割の命名規則   対象パッケージ 画面名   対象パッケージ 画面名   対象パッケージ 画面名   対象パッケージ 画面名 操作名Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 開発ルール イベントハンドラ名の命名規則  コンポーネント イベント名Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 開発ルール イベントハンドラ名の命名規則  変数名 イベント名 変数は、 を実装しているものとします。Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 開発ルール サービスレスポンダーメソッド名の命名規則  成功時  サービス変数名 メソッド名  失敗時  サービス変数名 メソッド名Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 理解を深めるためにCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • 参考 記事  の必要性とアーキテクチャについて ドキュメント  技術トレーニング Copyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved.
    • ご清聴 ありがとうございましたCopyright © AKABANA 2007-2010, all rights reserved. 32