• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Flex Mobile Application Performance Tuning
 

Flex Mobile Application Performance Tuning

on

  • 1,279 views

20111019 153th FxUG

20111019 153th FxUG
Flex Mobile Application Performance Tuning

Statistics

Views

Total Views
1,279
Views on SlideShare
1,273
Embed Views
6

Actions

Likes
2
Downloads
0
Comments
0

2 Embeds 6

http://paper.li 5
http://a0.twimg.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Flex Mobile Application Performance Tuning Flex Mobile Application Performance Tuning Presentation Transcript

    • © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •             © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    • © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •         © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •           © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •           © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •           © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    • © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •         © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  コンテナのネストは最低限に  背景は描画しない  は、モバイル向けに最適化されてい ない  代わりに、 と で頑張る  や をネストするのであれば と を使う© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  スキンパーツは、ファクトリー  インタラクションが開始されたらバーを生成する  の参照するなら を使う    スクロールスキンをカスタムする© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  スクロールするコンテンツは、二つのプロパティが 設定できないか検討する    を使うときは注意  親に が設定されているときは設定しない  変更が頻繁に行われる表示オブジェクトに対して は極力さける  は常時使う。  特に を設定する場合© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  外部コンテンツは、キャッシュとキューを  キャッシュ  頻繁に使うデータは再利用  キュー  外部コンテンツの取得はキューにためて同時にリクエストしない  クラスを使う  デフォルトでキャッシュする  デフォルトでキューしない  クラス変数にする © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •   軽量の    読み込み中ステート  読み込みエラーステート  をつかう  頻繁に再描画しないグラフィックであれば設定する  小さなアイコンに大きな画像を使わない  の代わりに を使う© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •   動的な描画可能  線や塗りを変更できる  軽量な非ビジュアルコンポーネントを利用する    静的な描画にある  コンパイル時に最適化されたグラフィックになる  ファイルフォーマットは、 © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  は、軽量  静的なテキストコンポーネントとして使うこと  は、ちょっと重い  モバイル向けに最適化されていない  スタイルが複雑  は、かなり重い  モバイル向けに最適化されていない  選択や修正可能  や のスキンパーツとして使われている© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •   モバイルでも使える軽量コンポーネント  選択や編集できる  必要なければ機能をオフにしておく  で使われて いる  では使えない© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •    ネイティブ のテキストコントロールを利用  レスポンスが速い  スクロールが速い  や のスキンパーツとして使われ ている  では使えない© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  を で作るなら  重い にならないようにする  重いコンポーネントは使わない  外部コンテンツにはキャッシュとキュー  を検討する  背景が必要なければ、  フィルターやドロップシャドーは使わない  バインディングは極力使わない© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  モバイル向けに最適化された や を利用する  モバイル向け最適化  のネストは気を付ける  テキストは で表示  軽量なレイアウト  コンテンツのキャッシュ管理  は再利用する  は、 毎に1つ作る © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  モバイル最適化された を継承して作る  出来る限り で作る  出来る限りシンプルにする。  グラフィックには、 毎に を利用  テキストには、 を利用© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  を でつくるなら  できる限り重いコンポーネントは使わない  生成遅延する  の代わりに を使う  外部コンテンツはキャッシュとキュー  の代わりに を使う  コンテナは重ねない  モバイル向けに最適化されたスキンを使う© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  必要になるまで生成しない  や を利用  トランジションに割り込まない  に非同期や 系を呼びださない。  代わりに イベントを使う。  呼び出しから 発生まで起きるイベント    © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  ビットマップのフィルターは使わない  代わりに を使う  を設定して を破棄しな いように  を意識して開発する© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  起動はできるかぎりの処理ですませる  起動時に外部コンテンツ取得しない  スプラッシュスクリーンを早く表示させるために  最初の は軽量で済ませる  を使う場合  スプラッシュスクリーンは、 標準のやりかたで© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    • © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •   ネイティブライブラリを使って を拡張できる仕組み  対応プラットフォーム(デスクトップ)    対応プラットフォーム(モバイル)  © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •  の処理が重い  で非同期処理にする  ネイティブスレッドを利用する  ネットワーク処理  高いレイテンシが必要な場合  物理演算  処理時間が長い場合  画像エンコード  生成© 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •        © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    •          © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    • © 2011 AKABANA. All Rights Reserved.
    • © 2011 AKABANA.Systems Incorporated. AKABANA All Rights Reserved.