第七回  ピボットテーブル 02         2012/04/09
データがないときに 0と表示する
[オプション]タブから、ピボットテーブル名で目的のテーブルを選択して、[オプション]をクリック  [空白セルに表示する値]に「0」と指定
データのないアイテムを   表示する
ラベルに該当するセルを選択して、右クリック  [フィールドの設定] > [レイアウトと印刷]で[データのないアイテムを表示する]をチェックする
複数のデータソースからピボットテーブルを作成する
Excelをアクティブにした状態で、以下の順でキーを押す            Alt+D > P ピボットテーブル/ピボットグラフウィザードが表示されるそこで[複数のワークシート範囲]を選択して、あとはダイアログ        に沿って複数指...
条件付き書式
[ホーム]タブ > [条件付き書式]   セルの強調表示ルール
[ホーム]タブ > [条件付き書式]    上位/下位ルール
ここまでは読んだとおりなので、特に説明不要かと思います。ちなみに、上ショットは「平均より上」を当てはめた様子
[ホーム]タブ > [条件付き書式]      データバー
このように、大きさを横軸のバーにして表現する
[ホーム]タブ > [条件付き書式]    カラースケール
こういった感じで、グラデーションで大きさの順に濃く/薄くして順番を表現する
[ホーム]タブ > [条件付き書式]    アイコンセット
このようにマークを使って、下位、中位、上位に分けた場合に、       どこに属するのかを表示する   (グループ分けの方法は右のウインドウで設定可)
ピボットグラフ
ピボットテーブルのセルをどこか選択して、         ピボットテーブルツールの[オプション] > [ピボットグラフ] > グラフの挿入ウィンドウ    から、データに適したグラフを選択して作成する
ピボットグラフツールの [デザイン]/[レイアウト]タブで表示設定を変更するタブに表示される項目は、選択したグラフによって変化する(上図: 最初ふたつが棒グラフ、あとふたつが円グラフ)
ピボットグラフと普通のグラフの違い ピボットグラフでは、散布図、株価チャート、バ ブルチャートは作成できない ピボットグラフでは、グラフ内のフィルターで要 素を絞ったりすると即座にテーブルにもそれが反 映される。逆(テーブル=>グラフ)も同様。...
ピボットグラフで散布図などを選択すると、 上記のエラーメッセージが表示される
グラフ左下の[商品名]で、カレーだけにフィルタした様子グラフに表示される項目だけでなく、裏のテーブルの項目も対応       して変化しているのが確認できる
主なグラフの説明
棒グラフ/円柱グラフ積み上げ型でなければ、シンプルに大きさの比較 積み上げ型の場合は、構成比も把握できる
円グラフ        円にした時の各項目の割合横軸比較(例えば月毎)をひとつのグラフ内で表現するのは難しい
円グラフ ピボットグラフツールの[デザイン]タブ >[グラフのレイアウト]/[グラフのデザイン]で上のように%を表示させたりすることができる
円グラフ  または、ピボットグラフツールの[レイアウト]タブ > [データラベル]> [その他のデータラベルオプション]で[パーセンテージ]にチェックしてもよい
積み上げ面グラフ横軸+割合の変化を視覚化するのに適している 各項目の具体的な数値はつかみにくい
レーダーグラフ指定項目による構成バランスを比較する
複合グラフの作成
フィールドリストの[値]に同じフィールドを重ねる   その状態でピボットグラフを作成する
そのうち片方のグラフを選択して、右クリック[系列グラフの種類の変更]をクリックして、   違う種類のグラフを選択する
すると、2つのグラフを複合することができる必要に応じで[データラベルの書式設定]で表示したいデータの         形式と項目を調整する
単位が異なる2つのデータをキレイに  ひとつのグラフにまとめる
[レイアウト]タブの[現在の選択範囲]から対象の要素を選択して    [データ系列の書式設定]で[第2軸]を選択するすると、ふたつめのデータが、ひとつめの上に重なる形になる
その後、重ねた部分のグラフの種類の変更をすると、 上図のように、レイアウトを損なうことなく、ふたつの種類のグラフを重ねることが可能になる
スライサー(Excel2010の機能)
上図で右に表示されているのがスライサー各項目を選択すれば、それでフィルタされる  [レポートフィルター]に似た機能
スライサーの利点:複数のピボットテーブルに関連付け可能スライサーのオプションタブの[ピボットテーブルの接続]  をクリックして、テーブルを選択すればよい。すると、関連付けたものすべてが同時にフィルタされる
GETPIVOTDATA関数
ピボットテーブル内のデータをピボット  テーブル外から取得する関数使用の際にはフィールドリストをどう設定しているか把握している必要がある
データフィールド: 条件を絞った上で最終的にとりたいデータピボットテーブル: 対象ピボットテーブルの左上のセル位置 フィールド1: 行ラベル/列ラベルで設定したフィールド アイテム1:そのフィールド1の中でとりたいアイテム  以下、フィールド2...
GETPIVOTDATA関数の特長 ピボットテーブルのレイアウトが変わっても、そのまま値を取得できる セル番地指定で値をとっていた場合は、レイアウトが変わると取得する値も変わってしまう GETPIVOTDATA関数の引数「データフィールド」には...
以上。終了です。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ピボットテーブル02

1,744 views
1,629 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,744
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ピボットテーブル02

    1. 1.    第七回 ピボットテーブル 02 2012/04/09
    2. 2. データがないときに 0と表示する
    3. 3. [オプション]タブから、ピボットテーブル名で目的のテーブルを選択して、[オプション]をクリック [空白セルに表示する値]に「0」と指定
    4. 4. データのないアイテムを 表示する
    5. 5. ラベルに該当するセルを選択して、右クリック [フィールドの設定] > [レイアウトと印刷]で[データのないアイテムを表示する]をチェックする
    6. 6. 複数のデータソースからピボットテーブルを作成する
    7. 7. Excelをアクティブにした状態で、以下の順でキーを押す Alt+D > P ピボットテーブル/ピボットグラフウィザードが表示されるそこで[複数のワークシート範囲]を選択して、あとはダイアログ に沿って複数指定すればOK
    8. 8. 条件付き書式
    9. 9. [ホーム]タブ > [条件付き書式] セルの強調表示ルール
    10. 10. [ホーム]タブ > [条件付き書式] 上位/下位ルール
    11. 11. ここまでは読んだとおりなので、特に説明不要かと思います。ちなみに、上ショットは「平均より上」を当てはめた様子
    12. 12. [ホーム]タブ > [条件付き書式] データバー
    13. 13. このように、大きさを横軸のバーにして表現する
    14. 14. [ホーム]タブ > [条件付き書式] カラースケール
    15. 15. こういった感じで、グラデーションで大きさの順に濃く/薄くして順番を表現する
    16. 16. [ホーム]タブ > [条件付き書式] アイコンセット
    17. 17. このようにマークを使って、下位、中位、上位に分けた場合に、 どこに属するのかを表示する (グループ分けの方法は右のウインドウで設定可)
    18. 18. ピボットグラフ
    19. 19. ピボットテーブルのセルをどこか選択して、 ピボットテーブルツールの[オプション] > [ピボットグラフ] > グラフの挿入ウィンドウ から、データに適したグラフを選択して作成する
    20. 20. ピボットグラフツールの [デザイン]/[レイアウト]タブで表示設定を変更するタブに表示される項目は、選択したグラフによって変化する(上図: 最初ふたつが棒グラフ、あとふたつが円グラフ)
    21. 21. ピボットグラフと普通のグラフの違い ピボットグラフでは、散布図、株価チャート、バ ブルチャートは作成できない ピボットグラフでは、グラフ内のフィルターで要 素を絞ったりすると即座にテーブルにもそれが反 映される。逆(テーブル=>グラフ)も同様。 しかし、普通のグラフでは、そういったデータの リアルタイムでの同時変化はない。
    22. 22. ピボットグラフで散布図などを選択すると、 上記のエラーメッセージが表示される
    23. 23. グラフ左下の[商品名]で、カレーだけにフィルタした様子グラフに表示される項目だけでなく、裏のテーブルの項目も対応 して変化しているのが確認できる
    24. 24. 主なグラフの説明
    25. 25. 棒グラフ/円柱グラフ積み上げ型でなければ、シンプルに大きさの比較 積み上げ型の場合は、構成比も把握できる
    26. 26. 円グラフ 円にした時の各項目の割合横軸比較(例えば月毎)をひとつのグラフ内で表現するのは難しい
    27. 27. 円グラフ ピボットグラフツールの[デザイン]タブ >[グラフのレイアウト]/[グラフのデザイン]で上のように%を表示させたりすることができる
    28. 28. 円グラフ または、ピボットグラフツールの[レイアウト]タブ > [データラベル]> [その他のデータラベルオプション]で[パーセンテージ]にチェックしてもよい
    29. 29. 積み上げ面グラフ横軸+割合の変化を視覚化するのに適している 各項目の具体的な数値はつかみにくい
    30. 30. レーダーグラフ指定項目による構成バランスを比較する
    31. 31. 複合グラフの作成
    32. 32. フィールドリストの[値]に同じフィールドを重ねる その状態でピボットグラフを作成する
    33. 33. そのうち片方のグラフを選択して、右クリック[系列グラフの種類の変更]をクリックして、 違う種類のグラフを選択する
    34. 34. すると、2つのグラフを複合することができる必要に応じで[データラベルの書式設定]で表示したいデータの 形式と項目を調整する
    35. 35. 単位が異なる2つのデータをキレイに ひとつのグラフにまとめる
    36. 36. [レイアウト]タブの[現在の選択範囲]から対象の要素を選択して [データ系列の書式設定]で[第2軸]を選択するすると、ふたつめのデータが、ひとつめの上に重なる形になる
    37. 37. その後、重ねた部分のグラフの種類の変更をすると、 上図のように、レイアウトを損なうことなく、ふたつの種類のグラフを重ねることが可能になる
    38. 38. スライサー(Excel2010の機能)
    39. 39. 上図で右に表示されているのがスライサー各項目を選択すれば、それでフィルタされる [レポートフィルター]に似た機能
    40. 40. スライサーの利点:複数のピボットテーブルに関連付け可能スライサーのオプションタブの[ピボットテーブルの接続] をクリックして、テーブルを選択すればよい。すると、関連付けたものすべてが同時にフィルタされる
    41. 41. GETPIVOTDATA関数
    42. 42. ピボットテーブル内のデータをピボット テーブル外から取得する関数使用の際にはフィールドリストをどう設定しているか把握している必要がある
    43. 43. データフィールド: 条件を絞った上で最終的にとりたいデータピボットテーブル: 対象ピボットテーブルの左上のセル位置 フィールド1: 行ラベル/列ラベルで設定したフィールド アイテム1:そのフィールド1の中でとりたいアイテム 以下、フィールド2、3...と条件を重ねることが可能
    44. 44. GETPIVOTDATA関数の特長 ピボットテーブルのレイアウトが変わっても、そのまま値を取得できる セル番地指定で値をとっていた場合は、レイアウトが変わると取得する値も変わってしまう GETPIVOTDATA関数の引数「データフィールド」には、データフィールドで集計してい る"フィールド名"を指定する。 GETPIVOTDATA関数は、指定したデータフィールドの集計結果を返す。 2番目の引数「ピボットテーブル」には、ピボットテーブル内の任意のセルを指定する。 通常の操作で作成されたピボットテーブルは、一般的にセルA3が左上になるので、特殊な ケースを除いて、ここには$A$3を指定すればよい。 3番目の「フィールド」と4番目の「アイテム」は、何フィールドの何というアイテムを計算す るかを指定する。たとえば「[名前]が"田中"である」とか「[地域]が"東京"である」という 具合です。この「フィールド」と「アイテム」のセットは、複数組を指定できますので「[名 前]が"田中"で、かつ[地域]が"東京"のデータ」などを、一発で間違いなく参照できます。 http://officetanaka.net/magazine/backnumber/2010-02-15.txt
    45. 45. 以上。終了です。

    ×