ソーシャルメディア活用の集客計画(企画書)

1,808
-1

Published on

Published in: Business
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,808
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ソーシャルメディア活用の集客計画(企画書)

  1. 1. A先生のソーシャルメディアプロジェクト案 講演実績5000回以上、講演受講者36万人以上。50万部のベストセラー件 作家(著作20冊以上)であるA先生からさらなる講演活動の普及促進の事例 依頼を受け、ソーシャルメディアを通じて集客を図る企画提案書。 ●訴求対象:講演、研修、セミナーの企画立案者 (B2B) ソーシャルメディア活用による 集客プロモーション企画書 2013年 25日 2013年3月25日 広告工房株式会社
  2. 2. A先生のソーシャルメディアプロジェクト 01 与件の整理 A先生のリソース 先生の ビジネスの▼ ビジネスの目標 「プラス思考の成功学」をテーマにした講演案件の獲得 プラス思考 成功学」 テーマにした講演案件の 思考の にした講演案件 ビジネスの▼ ビジネスのオーバービュー ● 豊富な講演実績 :通算5000件を上回る講演実績 上回る 受講者数36万人 既存顧客、講演参加者、読者など 多数のシンパが存在 ● 多数の著作 : 約20冊に及ぶ書籍の執筆 信憑性・安心感・ 信憑性・安心感・期待感 50万部を上回るベストセラー 万 ● 卓越したキャリア :新聞記者の経歴および上記の活動 受注先(ターゲット ターゲット)▼ 受注先 ターゲット 企業、団体、学校などの講演、研修、セミナーの企画立案者 (B2B) これまで積 これまで積み上げてきた実績をベースに げてきた実績をベースに 実績 ビジネス向 ソーシャルメディアのプラットフォーム化 ビジネス向けソーシャルメディアのプラットフォーム化 A先生のパーソナルブランディングの再構築 先生のパーソナルブランディングの
  3. 3. A先生のソーシャルメディアプロジェクト 02A先生の場合 先生の これまでの実績から ここが、 とはちがう ここが、他とはちがう!● 「プラス思考」というコーチング(商材)がある。 コンテンツがある コンテンツがある● 企画実施する部署および人間がわかる。 ネットワークがある ネットワークがある コンテクストがある コンテクストがある● 構築してきた 事例(ブランド)がある。 ▼これまでのビジネスの実績を基盤にプロモーションを展開「プラス思考」(商材)を多角的かつ顧客視点で見直し、共有されやすいコンンテンツに再構築を図る。そして、そのコンテクストは、既存客、関係者および読者に伝達。 S M 伝 へ ( の ●メルアド掌握 → メール 播 参 ●FBアドレス掌握 → 招待 ・拡 拡 加 ●web検索 → 案内 A先生 依 頼 ( ●SNS → 次ページ参照 散 ▼ B2CからB2Bへ コミュニケーションデザインのシフト! B2CからB2Bへ。コミュニケーションデザインのシフト! からB2B ▼ビジネスに特化したSMビジネスに特化した した をハブとしたプラットフォームの構築 ハブとしたプラットフォームの としたプラットフォーム 3
  4. 4. A先生のソーシャルメディアプロジェクト 03ソーシャルメディアの活用とソーシャルメディアの活用と流れ メディアビジネス専用SNSのLinkedinを基軸に他のメディアと組み合わせB2B仕様のプラットフォームを構築 ビジネスパーソン ページ 企業広告の ● 企業広告の出稿 ● グループの結成 グループの Push ● Inmailの活用 の (ターゲッティング可能) ターゲッティング可能 ターゲッティング可能 動画素材 埋込み 個人ページ 個人ページ + 企業ページ 企業ページ 複数の 複数のソーシャル ▼ メディアと連結さ メディアと連結さ Pull URL 拡散力のある せ拡散力のある ランディングメディア B2B仕様に! 仕様に 仕様
  5. 5. A先生のソーシャルメディアプロジェクト 04 ソーシャルメディアの位置づけと生成コンテンツ ソーシャルメディアの位置づけと生成コンテンツ づけと生成 メディア 役割 コンテンツ 投稿・更新 「プラス思考通信」 「プラス思考」について判りやすいアプローチと書き文字の親 A先生 独自の切り口。 しみやすさ。FBページやLinkedinの企業ページと親和性の高 書き文字の親しみやすさ。 い素材を連結させ、コンテンツの多彩さを演出。現状月刊で発 行でされているが、できれば間隔を狭め隔週としたい。 現状ブログ 継続。 ブログの 現状ブログの継続。 伝播性、拡散性、瞬発性が高い 「プラス思考」をいろんな角度からとらえ、カジュアル感覚な情 A先生 特性を活用。発信頻度を高め 報を発信。#タグをつけ関係者全員で情報を発信。露出頻度 ・フォロアー 他のSMのサポートメディアとし が決め手となる。 スタッフ4名 て活用。フォロワーの増員を図 Twitterは個人用もあるが、当プロジェクトはB2Bのミッションな 企業ページ ので企業アカウントを取得しての活用も要検討。 る。 このメディアの特徴であるタイ 「プラス思考」における日々のきずき、活動、交流などを発信。 A先生 ムラインに。ブログ、ツイッター、 カスタマイズページには、 プラス思考コラム、オーバービュー、 スタッフ4名 リンクトインを連結。書き下ろし 講演実績、著作の一覧。プラス思考の相談コーナー、講演の 定着:デザイナー ファンページ としては日々の「プラス思考」の 問い合わせ欄を設置。これまでのFBファンおよび顧客、読者 きずき情報を発信。カスタマイ へ案内して「いいね」ファンの増員を図る。 ズページにはサマリーを掲載。 充実したサマリーを掲載。見込 個人向けページの掲載情報はフォーマット化されている。 A先生 み顧客へアタックツール。さまざ 企業向けページはFBページと同様だが見せ方を変えた誌面 スタッフ4名 個人ページ/企業ページ まな機能を利用して営業攻勢を とする。「プラス思考」ビジネスグループの結成、また、他のグ 定着:デザイナー かける。 ループに参画して顧客を掘り起こし、メールサービスを活用し てアタックをかける。適時、バナー広告での呼びかけも行う。※「You Tube」は、単独として機能することはなく、FBページ、リンクトインの埋込み素材として活用する。 5
  6. 6. A先生のソーシャルメディアプロジェクト 05仮想ターゲットの仮想ターゲットの設定 (コンテンツのつくり方) ターゲット コンテンツのつくり方 のつくり 東京都中央区にあるセミナー・イベント企画会社に勤務する35歳の男性ビジネスマン。役職は課長。 中小企業の経営者向けに経営改善、社員育成、顧客開拓などのセミナーの企画実施を職務としている。 経営コンサルタント的な役割も果たし、100社以上の顧客企業をもち各経営者から厚い信頼を得ている。 中小企業経営診断士の資格も有す。 有名私立大学卒業。年収700万円。2歳年下の妻と3歳の男子がいる。 川崎市郊外の3LDKのマンションを2年前に購入。クルマはRVに乗り、週末は家族でアウトドアライフを 楽しんでいる。趣味、スキューバダイビング。読書。ITスキルは高い。 FBの友達は500人。日本語版の登場とともに1昨年秋Linkedinに登録し、現在200名のコネクションをもつ。 名前、渡部 孝夫(仮称) 渡部 中小企業の経営者の悩みや考えている ことを、この渡部さんに向けて発信する 全国の”ワタナベさん へ拡散 全国の ワタナベさん”へ ワタナベさん ●経営者のクセ●経営者のつきあい方 ●経営者のモチベーション●経営者の琴線 ●経営者の泣きどころ●経営者の悩み など 渡部さんの仕事に役立つ情報の生成 すべてのコンテンツは、 この渡部さんを意識して発信する A先生の 熱い想いを多角的かつ高頻度に発信続けていく! いを多角的かつ高頻度に発信続けていく! 多角的かつ高頻度 けていく
  7. 7. A先生のソーシャルメディアプロジェクト 06メディアの運営とメディアの運営と役割分担A先生&事務所社員 先生& + 広告工房3 広告工房3名 全スタッフ参加 スタッフ参加 ▼ ネット ▼ リアル 阿奈先生 A先生の講演には 広告工房が同行し取材・撮影を担当 全スタッフ (全員登録) 企業ページ 広告工房 ネットにおける情報活動を受け 情報の更新状況 監修:A先生 広告工房が営業代行を担当 は全スタッフが (全員登録) ●アタック企業 ページ 把握していること 日経新聞社、日経産業新聞、日刊工業新聞、 日本工業新聞、日経BP社、東洋経済社、 ダイヤモンド社などビジネス系メディアの A先生 セミナー企画担当者 個人ページ 中小企業振興社、東京商工会議所および 広告工房 各支部、日本青年会議所および各支部、 監修:A先生 中小企業コンサルファーム、都市銀行、地方銀行、 (全員登録) 証券会社、監査法人 など 企業ページ A先生の ソーシャルコミュニケーションは全員野球の ソーシャルコミュニケーションは全員野球の情報活動
  8. 8. A先生のソーシャルメディアプロジェクト 07 行動スケジュール 行動スケジュール 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 ▼ネット 週1の割合で更新 制 キ 作 ッ 企業版に登録し、毎日、誰かが投稿 ・ ク フ 情 週 500 ● 1000 ● ファン招待 ァ 2 連 ン 報 回 いいね いいね ページ オ サークル立上げ 招 の 結 フ 待 更 割 適時、改善を図りブラッシュアップを図る ● グループ立上げ 活 合 個人ページ 動 新 で 300 ● 500 メンバー募集 広告掲載 コンタクト コンタクト ● 企業ページ 準備 2ヶ月前から告知開始 ファンを対象に @5,000円×60~70名 ANA主催 顧客へ一斉 セミナー開催 ▼リアル メール配信 第1信 第2信 第3信 反響次第で定例化E メール S M 経 由 で (HTML形式) 案件5件獲得 立上げ6か月後から 当該企業の SMに掲載した素 随時営業活動営業 月間平均5件 リストアップ 材を企画書に編成 ローカルの企業には郵送 案 件 獲 得 して当該企業へ営 業アタック※「You Tube」は、単独として機能することはなく、FBページ、リンクトインの埋込み素材として活用する。
  1. Gostou de algum slide específico?

    Recortar slides é uma maneira fácil de colecionar informações para acessar mais tarde.

×